none
ユーザごとにhyper-vのマネージャで管理できるゲストOSが違うようにしたい RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    WindowsServer2012R2上でHyper-Vをインストールしています。

    通常であればadministratorユーザでHyper-Vマネージャを起動して、
    すべてのゲストOSの管理を行います。
    ゲストXおよびゲストYを作れば、両方とも管理マネージャで見えます。

    これをユーザAというを作成して、このユーザAが2012R2にログインした時は
    管理マネージャ上ではゲストXしか表示されないということはできないでしょうか。

    別のユーザBが2012R2にログインした時は、ゲストYだけが表示される。

    ようはユーザごとに扱えるゲストが違うようにアクセス権等で制御することは
    可能でしょうか?

    よろしくお願いいたします。
    2016年12月13日 6:19

回答

  • こんにちは。

    Hyper-Vマネージャーでの実現はできないと思います。

    Windows Server 2012までは、承認マネージャー (AzMan.msc) を利用することで、ご希望に近い管理もできたようですが、2012R2では削除された機能のようです。

    Hyper-V に対しての "アクセス制御" について

    そのため、実現できるとしたら、SCVMMを利用してテナント管理者を利用する方法です。

    こちらを利用すれば、テナント管理者が管理できるリソース (仮想マシンやネットワークなど)などを指定できるようです。そのため、AユーザーがVMMコンソールにログインした場合は、そのAユーザーが管理できるリソースのみ表示されるという環境をつくれると思います。

    VMM のユーザー ロールの作成

     

    2016年12月13日 6:59

すべての返信

  • こんにちは。

    Hyper-Vマネージャーでの実現はできないと思います。

    Windows Server 2012までは、承認マネージャー (AzMan.msc) を利用することで、ご希望に近い管理もできたようですが、2012R2では削除された機能のようです。

    Hyper-V に対しての "アクセス制御" について

    そのため、実現できるとしたら、SCVMMを利用してテナント管理者を利用する方法です。

    こちらを利用すれば、テナント管理者が管理できるリソース (仮想マシンやネットワークなど)などを指定できるようです。そのため、AユーザーがVMMコンソールにログインした場合は、そのAユーザーが管理できるリソースのみ表示されるという環境をつくれると思います。

    VMM のユーザー ロールの作成

     

    2016年12月13日 6:59
  • mattu0119様

    回答ありがとうございます。

    SCVMMは一度も使ったことがないので、SCVMMがどんなものであるか確認してから

    実際に要件が満たすことができるかテストしたいと思います。

    2016年12月19日 0:49