none
Windows Server 2012 のアクションセンターについて RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

    Windows Server 2012のアクションセンターについて、質問があります。

    Windows 8のアクションセンターでは、ウイルス対策ソフトをインストールしていない場合や無効にした場合、

    警告メッセージが表示されるかと思います。

    しかし、Windows Server 2012や2008R2のアクションセンターでは、ウイルス対策ソフトがインストール

    されていない場合でも、警告メッセージは表示されず、

    コントロールパネルの[アクションセンター]-[アクションセンターの設定を変更]の設定画面でも

    ウイルス対策の項目がグレーアウト表示され、設定を変更することができません。

    そこで仕様の確認なのですが、Windows Server 2012や2008R2などのサーバーOSでは、

    Windows 7や8とは異なり、ウイルス対策ソフトがインストールされていなくても警告メッセージは、

    表示されない仕様なのでしょうか?

    また、上記内容が仕様の場合、Windows 7や8と同じように、ウイルス対策ソフトがインストールされていない場合、

    警告メッセージを表示させることは可能ですか?

    お手数ですが、仕様をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

    よろしくお願いいたします。

    • 移動 星 睦美 2013年4月22日 1:17 Windowsクライアント開発フォーラムから移動
    2013年4月20日 11:10

すべての返信