none
管理用テンプレートでエラーが発生しました RRS feed

  • 質問

  • 発生日時は不明ですが、server2012 R2の管理用テンプレートにて、次のエラーが発生しました。

    リソース '$(string.SSLCurveOrder)' (属性 displayName で参照) が見つかりませんでした。 ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\CipherSuiteOrder.admx、行 26、列 249
    リソース '$(string.SUPPORTED_IE11WIN8)' (属性 displayName で参照) が見つかりませんでした。 ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\inetres.admx、行 184、列 87 


    似たような問題が起こっているのは分かったのですが、すこし表記に違いがあるため対応に苦慮しています。

    https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48257

    にて

    Windows10_Version_1511_ADMX.msi
    Windows10-ADMX.msi

    をダウンロードしてインストールすることで解決するのでしょうか。

    対応方法を教えてください。また、他のサイト等に質問、もしくは対処方法が載っているようであれば教えてください。



    2016年9月16日 5:32

回答

  • リソース '$(string.SSLCurveOrder)' (属性 displayName で参照) が見つかりませんでした。 ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\CipherSuiteOrder.admx、行 26、列 249
    リソース '$(string.SUPPORTED_IE11WIN8)' (属性 displayName で参照) が見つかりませんでした。 ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\inetres.admx、行 184、列 87 

    このエラーに関してであれば、Windows10-ADMX.msi でも Windows10_Version_1511_ADMX.msi でも問題なく解消できるはずです。

    そもそもこのエラーが出る経緯ですが、おそらく ADMX ファイルとそれに対応した ADML ファイルのバージョンが異なっているために起こっているのだと思います。ですので、現在利用している ADMX ファイルに対応する ADML ファイルを設置してやればエラーは出なくなるはずです。Windows 10-ADMX.msi にも Windows10_Version_1511_ADMX.msi にも、CipherSuiteOrder.admx と inetres.admx がありますので、環境に応じてどちらを適用しても良いでしょう。

    どちらを適用するとしても重要なのは、ADMX ファイルと ADML ファイルを同じバージョンで一致させることです。
    C:\Windows\PolicyDifinitions フォルダーに ADMX ファイルを、C:\Windows\PolicyDifinitions\ja-JP フォルダーに ADML ファイルを設置するようにしましょう。

    2016年9月19日 14:40

すべての返信

  • リソース '$(string.SSLCurveOrder)' (属性 displayName で参照) が見つかりませんでした。 ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\CipherSuiteOrder.admx、行 26、列 249
    リソース '$(string.SUPPORTED_IE11WIN8)' (属性 displayName で参照) が見つかりませんでした。 ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\inetres.admx、行 184、列 87 

    このエラーに関してであれば、Windows10-ADMX.msi でも Windows10_Version_1511_ADMX.msi でも問題なく解消できるはずです。

    そもそもこのエラーが出る経緯ですが、おそらく ADMX ファイルとそれに対応した ADML ファイルのバージョンが異なっているために起こっているのだと思います。ですので、現在利用している ADMX ファイルに対応する ADML ファイルを設置してやればエラーは出なくなるはずです。Windows 10-ADMX.msi にも Windows10_Version_1511_ADMX.msi にも、CipherSuiteOrder.admx と inetres.admx がありますので、環境に応じてどちらを適用しても良いでしょう。

    どちらを適用するとしても重要なのは、ADMX ファイルと ADML ファイルを同じバージョンで一致させることです。
    C:\Windows\PolicyDifinitions フォルダーに ADMX ファイルを、C:\Windows\PolicyDifinitions\ja-JP フォルダーに ADML ファイルを設置するようにしましょう。

    2016年9月19日 14:40
  • ありがとうございました。無事解決しました。
    2016年9月26日 7:10