none
Windows Server 2008 R2のVDIでのMSFCを組んだ場合の設定方法 RRS feed

  • 質問

  • いま、WS08 R2のVDIを試しに使用していて、(可用性や障害耐性を確保するための)冗長化として、
    MSFC(Failover Cluster)構成として、以下のような形にしました。
    ・1つのhyper-V+RD仮想化サーバー
    ・以下の3つを1つのサーバーにインストールし、それを2個分(ノード対応)用意。
      RD接続ブローカー
      RDセッションホスト
      RDWebアクセス
    ・ノード対応の2サーバーそれぞれにフェールオーバークラスリングをインストールし、
     これらの2サーバーからクラスターを構成し、
     クラスターに対応する仮想ネットワーク名とIPアドレスを付与。
    ・フェールオーバークラスターマネージャーの「サービスまたはアプリケーションの構成」から、
     リモートデスクトップ接続ブローカーを選択して、高可用性設定実施。

    この構成を行った時の疑問点について確認させてください。

    1)RD接続ブローカーに関する以下の設定は、
      a)RD仮想化ホスト(サーバー)の指定
      b)RDセッションホスト(サーバー)の指定
      c)RDWebアクセス(サーバー)の設定
      d)仮想デスクトッププールの作成
      e)個人用仮想デスクトップの設定
     の設定はどのように行うべきなのでしょうか?

     自分は二つのノードで同じ設定をする必要があると思ったので、そのようにしたのですが、以下の問題が発生しました。
     ・仮想化ホストの指定を済ませていると、もう一つのノードでの指定ができない(メッセージがでる)
     ・特定の仮想マシンを指定して仮想デスクトッププールの作成を済ませていると、
      もう一つのノードでの同じ作成(同一仮想マシン、同一仮想デスクトップ名)の作成はできるが、
      その作成を済ませると、先に作ったプールの仮想マシンの登録が解除されている。
     ・個別割当を行って、もう一つのノードで同じ設定をすると、既に割当済の旨のメッセージがでる。

     2つのノードで同じ設定を実施する必要がない(ノード間で共有されている)とした場合でも、
     1つのノードで設定をしても、もう1つのノードでは、同じ情報を参照する事ができませんでした。
     (少なくとも、1つのノードで設定をした後、他のノードに切り換えても、先の情報は引き継がれていない。)

    2)2つのノードで同じ設定を実施する必要がない(ノード間で共有されている)とした場合、
     なんからの方法で、1つのノードでの設定をした内容を、他のノードに反映また同期するか、
     2つのノードで共有できるような格納形態をとる必要があると思うのですが、
     そういうものはあるでしょうか?

    以上、情報お持ちのかた、ご回答をお願いいたします。

    2009年7月15日 5:47

すべての返信

  • RD接続ブローカーをMSFCで構成した場合、基本的にはすべての設定を同一にします。
    ですが、例外として、RD接続マネージャー上から、RD仮想化ホストを指定しません。
    ※RD接続ブローカーの「Session Computers Group」にRD仮想化ホストのコンピューターアカウントは追加します

    プールについては、両ノードでまったく同じプール設定(プール名、プールID、各種プロパティ)を用意しておきます。
    ※2台目以降のノードでは、プール内に仮想マシンを選択しない状態で構成します。
    詳しくは、
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff686148(v=ws.10)
    内のStep6 10.に記載があります。

    お役に立てば幸いです。

    2012年5月20日 11:04