none
Windows 10 機能更新適用時に初期化される設定について RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • みなさま、こんにちは。日本マイクロソフトの Setup / Deployment サポート チームです。

    今回 Windows 10 の機能更新プログラムの適用に伴う事象について、ご紹介いたします。機能更新プログラムを適用前には、ご一読をいただけますと幸いです。

    ご存知の通り、Windows 10 では約半年に一度 Feature Update と呼ばれる機能更新プログラムがリリースされます。この機能更新プログラムの適用は (修正パッチの適用と異なり) OS のアップグレード処理に相当するものとなります。アップグレード処理の際、可能な限り、ご利用のアプリケーションを引き継ぐような動作となりますが、ご利用の製品ご利用環境によっては、一部の OS もしくはアプリケーションの設定が引き継がれないケースがあります。

    機能更新プログラムを適用した際、引き継がれない設定があったり、設定が初期化されてしまうケースがある場合には、機能更新プログラムを適用後、再設定いただくか、場合によっては、該当製品を再インストールをしていただく必要があります。適用をご計画いただいている場合は、十分にご検証ください。

    setup.exe コマンドで機能更新プログラムの適用を行う場合、/postoobe オプションをつけて、バッチファイル (setupcomplete.cmd)を指定することで、機能更新プログラム適用の最後に setupcomplete.cmd を自動的に実行させることができます。該当の値の再設定や製品のインストールがコマンドラインで実施できる場合は、こちらのオプションをご利用ください。

    例)
    setup.exe /auto upgrade /postoobe c:\Fabrikam\setupcomplete.cmd

    これまでお寄せいただきましたお問い合わせ事例のうち、再設定が必要になったケースについて、一部ご紹介させていただきます。

    事例1)
    一部の端末において、Windows もしくは Office 製品のライセンス認証が外れる。
    この場合、機能更新プログラムを適用後、ライセンスの再認証を行っていただく必要があります。

    事例2)
    一部の端末において C 以外のドライブにインストールした SQL サーバーのインストール パスが機能更新プログラムを適用後、C ドライブに書き換わるこの場合、SQL サーバーの再インストールが必要になるケースがあります。

    ※補足
    上記事象にて機能更新適用の観点と SQL サーバー製品動作観点で確認致しましたが、現時点で上記のような状態に至る状況は再現できず、そのような製品の問題も確認されておりません。そのため発生条件も不明です。

    <参考情報>
    https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications#upgrade
    ――抜粋――
    アップグレードと同時に多数のアプリケーション、ファイル、設定が移行されますが、一部のアプリケーションや設定が移行されない場合があります。
    ――――――

    2018年11月15日 8:32
    所有者