none
手動で、更新データを消しで、同期できなくなってしまいました。 RRS feed

  • 質問

  • 更新プログラムが大きくなりすぎたので、削除コマンド(下記)を打ちました。
    <削除コマンド>
    WsusDebugTool /Tool:PurgeUnneededFiles
    Wsusutil deleteunneededrevisions
    が、大容量でうまくいかなかったので手動で「WSUS\WsusContent」のデータを削除してコマンドを実行しました。

    slim化自体は、うまくいったのですが、更新サーバと同期がとれなくなってしまいました。次のようなエラーメッセージが表示されます。
    「更新プログラムのメタデータが無効であるため、データベースで正しく処理されませんでした。」

    「WSUS\WsusContent」の場所とは、別の場所にメタデータが格納されている・・と訊いたので、手動で消しても大丈夫かと思ってしまいました。

    削除前にTapeバックアップを採っておいたので、「WSUS\WsusContent」以下のファイルは復元可能なのですが、これで同期とれるようになるのでしょうか?

    また、復元すると、容量が莫大になるため、削除のコマンド実行が出来なくなるので、Wsusutilコマンドを使ってみようかと思うのですが、どういう構文が最適か教えていただけないでしょうか?

    そもそも大容量の場合、Wsusutilは使えないのでしょうか?


    uedan
    2011年6月7日 7:35

すべての返信