none
Exchangeにおけるリソースメールボックス RRS feed

  • 質問

  • 会議室予約をユーザーによって

    ①他人の予定表機能から実施

    ②会議開催機能から実施

     

    と2つのパターンでの利用がある場合はダブルブッキングの事故を考慮して

     

    ●会議室でログオンして、会議室の予定表のアクセス権設定

     (自分のアカウントは無効になっていますので、別アカウントにてログオンします。)

    ●Set-MailboxCalendarSettingsコマンドで会議室のアクセス権限

     

    の2つを実施する必要があるのでしょうか。

     

    2008年12月16日 7:55

回答

  • SHAKE君 さん、こんにちは。フォーラムオペレーターの鈴木裕子です

     

    リソースメールボックスへの直接予約と会議出席依頼の両方からリソース予約をする場合に、予約の重複を発生させないためには、「リソースメールボックスのアクセス権設定」と「”Set-MailboxCalendarSettings”コマンドでのメールボックスに対する予約の処理の設定」の2つの設定を行う必要があるのか?ということですね。

     

    まわりに聞いてみたところ、リソースメールボックスの重複予約を避けるには、「Set-MailboxCalendarSettings」の「AllowConflicts」パラメータの値を$falseに設定することで重複予約ができなくなるようです。ぜひ一度試してみてください。

     

    Exchange 2007 リソース予約ポリシーを設定する方法
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb124987.aspx

     

    Exchange 2007 Set-MailboxCalendarSettings
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa996340.aspx


    アクセス権についてですが、リソースメールボックスにアクセス権がないユーザーでも、会議依頼によるリソース予約はできるようです。(ただ、アクセス権がないと予定表を開いて予約状況を見ることができませんので不便ですよね)
    また、もしリソースメールボックスに直接予定表アイテムを書き込む権限を持っていたユーザーが、カレンダー上で直接書き込みをしたとしても、上記の設定で重複が許可されていなければ重複したアイテム登録はできないようです。多分ですけど…

    追記:重複を許可していなくても、会議出席依頼ではなく、共有の予定表を開いて直接予定表アイテムを作成すれば重複したアイテムを登録出来るようです。
     

    ただもし、ご希望を外していたらごめんなさい・・・。その場合は遠慮なくご指摘くださいね。
    ご参考となれば幸いです!

    2009年1月27日 8:03
    モデレータ

すべての返信

  • SHAKE君 さん、こんにちは。フォーラムオペレーターの鈴木裕子です

     

    リソースメールボックスへの直接予約と会議出席依頼の両方からリソース予約をする場合に、予約の重複を発生させないためには、「リソースメールボックスのアクセス権設定」と「”Set-MailboxCalendarSettings”コマンドでのメールボックスに対する予約の処理の設定」の2つの設定を行う必要があるのか?ということですね。

     

    まわりに聞いてみたところ、リソースメールボックスの重複予約を避けるには、「Set-MailboxCalendarSettings」の「AllowConflicts」パラメータの値を$falseに設定することで重複予約ができなくなるようです。ぜひ一度試してみてください。

     

    Exchange 2007 リソース予約ポリシーを設定する方法
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb124987.aspx

     

    Exchange 2007 Set-MailboxCalendarSettings
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa996340.aspx


    アクセス権についてですが、リソースメールボックスにアクセス権がないユーザーでも、会議依頼によるリソース予約はできるようです。(ただ、アクセス権がないと予定表を開いて予約状況を見ることができませんので不便ですよね)
    また、もしリソースメールボックスに直接予定表アイテムを書き込む権限を持っていたユーザーが、カレンダー上で直接書き込みをしたとしても、上記の設定で重複が許可されていなければ重複したアイテム登録はできないようです。多分ですけど…

    追記:重複を許可していなくても、会議出席依頼ではなく、共有の予定表を開いて直接予定表アイテムを作成すれば重複したアイテムを登録出来るようです。
     

    ただもし、ご希望を外していたらごめんなさい・・・。その場合は遠慮なくご指摘くださいね。
    ご参考となれば幸いです!

    2009年1月27日 8:03
    モデレータ
  •  こんにちは、フォーラムオペレータ大久保です。

    金魚ちゃん さん、本件いかがでしょうか?リソース管理の設定は思い通りにできましたでしょうか?
    鈴木の投稿が参考になると思いますので、勝手ながら「回答済み」チェックをつけさせていただきました。

    また何かありましたら、遠慮なくTechNetフォーラムへご相談ください!おまちしております。
    マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレータ 大久保 直美
    2009年2月12日 4:11
  •  フォーラム オペレータ 大久保さん

    こちらでも色々と調べてみました。

    結論としては会議開催とカレンダー上での書き込みはまったく別の概念のようです。

    リソースメールボックスには
    ・カレンダー上での書き込みは禁止
    ・Set-MailboxCalendarSettingsにて自動予約・ダブルブッキング禁止・自動応答の設定
    上記設定が望ましいという結論になりました。

    どうもありがとうございます。
    2009年2月21日 4:48