none
外付けUSB接続HDDの共有フォルダのみアクセスできない RRS feed

  • 質問

  • サーバー内蔵ストレージにはアクセスできますが、外付けUSB接続HDDの共有フォルダのみアクセスできない状態が

    発生しています。

    ●環境
    サーバーOS■Windows Storage Server 2012 Standard
    Dドライブ■サーバー内蔵ストレージ
    Fドライブ■USB外付けHDD

    ●症状
    ・Dドライブ内に作成した共有フォルダは、クライアントからアクセス可能です。

    ・Fドライブ内に作成した共有フォルダ(F:\aaaaa)は、クライアントからアクセスできません。
    ⇒クライアント(Windows7)のエラーメッセージダイアログの表示は

     ネットワークエラー(タイトルバー)

     *****にアクセスできません。

     *****に対するアクセス許可がありません。ネットワーク管理者にアクセス許可を要求してください。
     」
    と表示されます。

    ●設定
    ・共有フォルダ(F:\aaaaa)の共有設定
     EveryOne フルコントロール
    ・共有フォルダ(F:\aaaaa)のセキュリティ設定
     EveryOne フルコントロール
     Administrator フルコントロール
     System フルコントロール

    ・諸事情によりサーバー側でFWを有効化しています。
     登録されたIPのみ接続可能とし、それらのIPに対しては全ポートを解放しており、
     特定ポート番号での制御はしていません。
     接続テストに使用したWidows7のクライアント端末はFW設定は無効にしています。


    ●試行結果
     Windows7のクライアント端末Xから
     ・\\(サーバー名)\c$
     ・\\(サーバー名)\d$
     ・\\(サーバー名)\(Dドライブの共有フォルダ)
     はアクセスできます。
     ・\\(サーバー名)\f$
     ・\\(サーバー名)\(Fドライブの共有フォルダ)
     はアクセス不可(上述のメッセージ)となっています。

     また、サーバーにリモートデスクトップでログインして、その中で立ち上げたエクスプローラーにて
     \\(サーバーのIPアドレス)\(Fドライブの共有フォルダ)
     では、アクセス可能です。

    症状としては
    https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/cf9db851-ba2e-4d22-96f7-d3e1e3cbb96f/hdd?forum=winserver8
    と同様と思われますが、未解決記事のため、質問させていただきました。

    よろしくお願いいたします。


    • 編集済み okuzou 2016年12月14日 0:08
    2016年12月14日 0:05

回答

  • お世話になります。

    すみません、結論から言えばサーバー再起動のみで、
    USB外付けHDDのほうも、共有フォルダとしてアクセスできるようになりました。

    レジストリ変更の準備はしつつ、切り分けのために一旦再起動を行い、
    それで繋がらないはずとの見込みで、その後レジストリ変更を行う予定でしたが、
    アクセスが可能となりましたので、レジストリについては未変更といたしました。
    ※運用中のサーバーに対しては「寝た子は起こすな」の格言もありますので。

    アクセス数は3桁を超えるファイルサーバーですが、内蔵HDDの共有フォルダとしての運用的には
    支障がなかったため、サーバーの動作がおかしくなっているとは思わず、見込み違いで大変申し訳ありませんでした。

    いろいろとご助言を頂きまして有難う御座いました。
    2016年12月28日 8:49

すべての返信

  • やきです。

    こちらに解決したケースの記事があります。いかがでしょうか?

    Win8.1でUSB HDD上のフォルダが共有できない
    https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows8_1-networking/win81%E3%81%A7usb/7543e5b4-d39b-449d-a470-6bf8a02d3209?auth=1

    2016年12月14日 5:20
  • やきさん

    ご助言、ありがとうございます。

    #初投稿で返信があるとメールで通知があるだろうと思っていたため、ご返信が遅くなりまして大変申し訳ありませんでした。

    そちらのページ及び、同様のQAも見たのですが、OSのバージョンが違うのと、イベントID「2011」が記録されておらず、

    また設定に伴って再起動が必要なため、運用中のサーバですのでおいそれとは試せずにおりました。

    https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/285089

    には、記載がありませんが、Windows2012系でも同等なのでしょうか。

    ※Dドライブの共有フォルダは全開で運用中のため少し慎重になっております。

    2016年12月15日 8:35
  • やきです。

    ご紹介したものはWindows8.1のものなので、2012系統も同様かと思われます。が、イベントログが出ていないので、その観点では可能性は低そうです。

    あとは、

    ・共有フォルダが実はFドライブ直下ではなくサブフォルダで、そこに至るまでのパスでアクセスが拒否されている

    ・監査設定を行ったことがある
    https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2014/05/19/windows-8-windows-8-1/
    https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2014/04/28/12388/

    ・ウイルス対策ソフトなどの影響

    あたりはどうでしょうか。

    2016年12月16日 2:01
  • やきさん

    引き続きありがとうございます。

    >共有フォルダが実はFドライブ直下ではなくサブフォルダで、そこに至るまでのパスでアクセスが拒否されている

    今回はテスト検証のために、実際に直下にaaaaaというフォルダを作成しておりまして
    さらに、Fドライブのルートおよび、F:\aaaaaともに、

     EveryOne フルコントロール
     Administrator フルコントロール
     System フルコントロール

    を設定しています。

    なお、別のファイルサーバーですが、

    X:\PPP部門共有
    ・共有名
     PPP部門共有
    ・共有設定
     EveryOne フルコントロール
    ・セキュリティ設定
     PPPUser 読み書き権限

    X:\PPP部門共有\部外公開用
    ・共有名
     部外公開用
    ・共有設定
     EveryOne フルコントロール
    ・セキュリティ設定
     BugaiUser 読み取り権限
     PPPUser 読み書き権限(継承)

    としているケースがあり、上の階層ではBugaiUserに全くアクセス権を付与していない運用がありますが
    問題なく共有フォルダでアクセスできています。
    私のほうで把握できているか心配という意味で、こういう事例とは別の意味でのご指摘でしょうか?


    >ウイルス対策ソフトなどの影響

    過去に、某ウイルス対策ソフトのバージョンアップよる障害トラブルがありましたため、
    上司の意向もあり、当該サーバーにはウイルス対策ソフトをインストールしておりません。
    また当該サーバーに接続している端末にも、インストールされておりません。
    (今回このサーバーに関係ない一般クライアント端末の多くにはインストールされています。)


    >監査設定を行ったことがある

    https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2014/05/19/windows-8-windows-8-1/
    https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2014/04/28/12388/

    こちらは
    >  auditpol /get /category:"オブジェクト アクセス"
    での結果が、リンク先のスクリーンショットと同様の結果となり、
    調査したところ、AD側からの配信により設定されておりました。
    まだ内容を十分に把握できていないため、きちんと把握した上で、
    対策を試みてみたいと思っております。
    結果についてはまた改めて、ご報告させて頂きたいと思っております。


    度々のアドバイス有難うございます。
    2016年12月16日 7:08
  • やきです。

    「そこに至るまでのパス」については、ご指摘の通りの意図です。

    設定によっては、アクセスできなくなります。詳細は以下が参考になります。

    アクセスベースの列挙(ABE)が有効の時のNTSFの挙動について教えてください
    https://social.technet.microsoft.com/Forums/security/ja-JP/e23a54e0-5eae-48f5-b949-c5d7b6cb92a9/abentsf?forum=winserver8

    2016年12月16日 8:14
  • やきさん、度々のご回答ありがとうございます。

    また、出張等でご返信遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした。

    恥ずかしながら、アクセスベースの列挙(ABE)については初めて知りました。

    ただこれはAAAが共有フォルダ設定となっていて、AAAにはアクセス権がないが、
    AAAの下のBBBにはアクセス権がある場合に、直接パス(\\サーバー名\AAA\BBB)を叩いたときに、
    ABEの有効無効で挙動の差異が発生するということですよね?
    さらにBBBを直接共有フォルダとして、\\サーバー名\BBBというアクセス方法としている場合は
    関係しないと思いますが、如何でしょうか。
    なお、アクセスベースの列挙(ABE)の設定も確認いたしましたが、無効となっておりました。


    >監査設定を行ったことがある

    の件については、ADの継承元のGPOのリンクをはずし、gpresultおよびイベントログの出力挙動が変化することまでは
    確認いたしましたが、当該共有フォルダにはアクセスできませんでした。
    ※この際運用中のサーバーということもあり、サーバー再起動はしておりません。


    IRPStackSizeのレジストリ変更の件について、できれば一度試行してみたいとは思っておりまして、
    試行スケジュール等について、上長に相談してみたいと思います。


    度重なるご助言ご協力に感謝しております。
    2016年12月21日 0:55
  • 上長に相談しまして、年末最終稼働日の就業時間後に、

    IRPStackSizeのレジストリ変更およびサーバー再起動を試行することになりました。

    だいぶ先になってしまいますが、結果については、またご報告させて頂きます。

    よろしくお願いします。


    • 編集済み okuzou 2016年12月21日 5:10
    2016年12月21日 5:10
  • お世話になります。

    すみません、結論から言えばサーバー再起動のみで、
    USB外付けHDDのほうも、共有フォルダとしてアクセスできるようになりました。

    レジストリ変更の準備はしつつ、切り分けのために一旦再起動を行い、
    それで繋がらないはずとの見込みで、その後レジストリ変更を行う予定でしたが、
    アクセスが可能となりましたので、レジストリについては未変更といたしました。
    ※運用中のサーバーに対しては「寝た子は起こすな」の格言もありますので。

    アクセス数は3桁を超えるファイルサーバーですが、内蔵HDDの共有フォルダとしての運用的には
    支障がなかったため、サーバーの動作がおかしくなっているとは思わず、見込み違いで大変申し訳ありませんでした。

    いろいろとご助言を頂きまして有難う御座いました。
    2016年12月28日 8:49