locked
TechNet PlusサブスクリプションのFAQの内容について RRS feed

  • 質問

  • 平素よりお世話になっております。

     

    今回「TechNet Plusサブスクリプション」のシングルユーザーライセンスを購入した者です。

    FAQの内容に付きご質問させて頂きたくメールをさせていただきます。

     

    >評価用ソフトウェアを自宅で使用することはできますか?

    >評価用ソフトウェアを使用して製品の評価を行なうことができます。実際の運用環境、ステージング環境、または充分なバック

    >アップ対策を講じていない環境で評価用ソフトウェアを使用することはできません。また、ソフトウェア開発環境や、アプリケーション

    >開発環境で使用することもできません。

     

    とありますが、「ソフトウェア開発環境や、アプリケーション開発環境で使用する事ができません」の意味がよく理解できません。

     

    これは、たとえば、TechNet Plusに入っているOS(例.WinServer2003)をインストールし、その中に元々所持している開発環境(例.VS2005)をインストールして、「コーディング⇒コンパイル⇒ビルド⇒実行」をする事ができないという事でしょうか?

     

    私は現在自宅でDesktop Workstationを使用しており、大容量(4GB)のメモリをフルに使用できるWindowsOSを使用し、

    個人的な研究目的でのシステムエンジニアリング(コーディングその他)に耐え得るか否かを評価したい目的でこのライセンスを

    購入しました。もし、単なるOSそのものの評価のみでしたら全く以って無意味になってしまいます。

     

    お手数ですが、明確な回答をお願い申し上げます。

    2008年1月30日 14:08

回答

  • Tomohisa様、お世話になっております。お問い合わせをいただきましてありがとうございます。ご返信が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

     

    今回のお問い合わせの件ですが、基本的にEULAに沿ったご使用方法であれば問題ございません(以下EULAからの一文を抜粋)。

     

    b. 特定コンポーネント

    ・ 評価版ソフトウェア

    1 名のユーザーのみ、COMPONENTS.TXT ファイルに記載されている評価版ソフトウェアをインストールして使用することができます。お客様がサーバー

    ライセンスを取得された場合も同様です。評価版ソフトウェアはソフトウェアの評価目的のみに使用することができます。お客様は、実際の運用環境、

    ステージング環境または十分なバックアップ対策を講じていない環境で評価版ソフトウェアを使用することはできません。評価版ソフトウェアをソフト

    ウェア開発またはアプリケーション開発環境で使用することはできません。評価版ソフトウェアに専用の使用許諾契約書が付属する場合も本契約書に

    拘束されるものとします。専用の使用許諾契約書に本契約書と不一致にならない追加の権利が含まれる場合、かかる権利も利用できるものとします。

     

    TechNet Subscriptionについては、ご使用範囲を評価目的とさせていただいております。ご使用の範囲につきましては、会員の皆様各自のご判断にお任せしております。

    こちらのお問い合わせで具体的なご使用方法に関する疑問があるようでしたら、詳細をおきかせいただいたうえで回答をさせていただきたく思いますので、お手数ではありますが、TechNet事務局までお問い合わせをいただけますでしょうか?

     

    どうぞよろしくお願い申し上げます。

     

    2008年2月7日 2:39

すべての返信

  • Tomohisa さん、こんにちは!

    フォーラムオペレータの鈴木裕子 です。

     

    TechNet Plusサブスクリプションに関する投稿は、

    TechNet サブスクリプションフォーラムに投稿された方が回答がつきやすいと思いましたので、

    勝手ながら、スレッドを移動させていただきました。

     

    TechNet Plus サブスクリプションの収録内容についてのご質問ですので、

    もしよろしければ、TechNet 事務局にお問い合わせいただいてもよいと思います!

     

    それでは

     

    2008年2月4日 2:29
    モデレータ
  •  最近TechNetサブスクリプションに加入させていただいた者ですが、これに関しては自分も疑問に思っておりました。

     

     「評価」というのがどこまでの範囲を指すのか、「開発」というのはどこからを指すのか、ということです。

     

     たとえば、会社のシステム担当者が、新しく発売されたOSやOfficeと自社システムの互換性を確認するのはおそらくOKですよね?。

     

     とすれば、個人ユーザーが過去に「開発」した自作アプリケーションと新しいOSやOfficeシステムとの互換性を確認するのもOKのですよね?。

     

     が、しかし評価した結果互換性に問題が発生した場合、当然アプリケーションを修正するということになりますよね?。ここで出た不具合情報を開発環境(開発チーム?)にフィードバックするのはNG?

     

     もしかしたら、開発環境のインストールされているPCと、TechNetサブスクリプションのPCが分かれていればOK?

     

     開発環境を持っているユーザーがTechNetを利用する場合、この辺の線引きが曖昧になりがちだと思うのですが、何か判断材料となる資料は公開されているのでしょうか?。

     

     「評価」や「開発」の明確な定義をしていただければと考えます。

     

     以上よろしくお願いいたします。

     

     

    2008年2月5日 12:03
  • Tomohisa様、お世話になっております。お問い合わせをいただきましてありがとうございます。ご返信が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

     

    今回のお問い合わせの件ですが、基本的にEULAに沿ったご使用方法であれば問題ございません(以下EULAからの一文を抜粋)。

     

    b. 特定コンポーネント

    ・ 評価版ソフトウェア

    1 名のユーザーのみ、COMPONENTS.TXT ファイルに記載されている評価版ソフトウェアをインストールして使用することができます。お客様がサーバー

    ライセンスを取得された場合も同様です。評価版ソフトウェアはソフトウェアの評価目的のみに使用することができます。お客様は、実際の運用環境、

    ステージング環境または十分なバックアップ対策を講じていない環境で評価版ソフトウェアを使用することはできません。評価版ソフトウェアをソフト

    ウェア開発またはアプリケーション開発環境で使用することはできません。評価版ソフトウェアに専用の使用許諾契約書が付属する場合も本契約書に

    拘束されるものとします。専用の使用許諾契約書に本契約書と不一致にならない追加の権利が含まれる場合、かかる権利も利用できるものとします。

     

    TechNet Subscriptionについては、ご使用範囲を評価目的とさせていただいております。ご使用の範囲につきましては、会員の皆様各自のご判断にお任せしております。

    こちらのお問い合わせで具体的なご使用方法に関する疑問があるようでしたら、詳細をおきかせいただいたうえで回答をさせていただきたく思いますので、お手数ではありますが、TechNet事務局までお問い合わせをいただけますでしょうか?

     

    どうぞよろしくお願い申し上げます。

     

    2008年2月7日 2:39