none
記憶域階層の詳細について RRS feed

  • 質問

  • Hyper-v上にAD,WSUS、ファイルサーバの構築を計画しています。

    構成のアドバイスを頂けたらと思っています。

    記憶域の価格を抑えるためにSSD+SATA構成の記憶域階層を利用して、ストレージ部分の構築を計画していました。

    当初は、Hyper-Vホスト上に記憶域階層を構築しようと思っていましたが、記憶域階層の動作や仕様を調べていくうちに、記憶域プールのジャーナルとしてSSDを利用するのは有効だが、記憶域階層をHyper-vホスト上で構築するのは、あまり効果が得られないのではと感じました。

    記憶域階層の資料をいくつか見ると、「記憶域階層はサブ-ファイルレベルでSSDとHHD間を移動する」と記載がありましたので、あくまでファイル単位でストレージ上を移動させる機能なのかと感じました。

    ファイルサーバとして、パフォーマンスを得たい場合は仮想マシン上で、記憶域階層を構築する必要があるのかなと感じたのですが、この理解はあってますでしょうか。

    この場合、ファイルサーバ用の仮想マシン上でSSDをマウントし、その他仮想ディスクと記憶域階層を構築する感じになるんでしょうか?

    参考にしたURL

    https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/windows/it-pro/windows-server-2012-R2-and-2012/dn789160(v=ws.11)

    https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831739(v=ws.11).aspx

    2018年3月6日 3:03