none
Windows Server 2019 ベースのHyper-V で自動停止アクションの「ゲストオペレーティングシステムをシャットダウンする」が失敗する RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。
    まさんと申します。

    Windows Server 2019 ベースのHyper-Vに、第1世代のゲストマシンを作成し、Windows Server 2019をインストールしております。Hyper-Vの設定は、自動停止アクションの設定で「ゲストオペレーティングシステムをシャットダウンする」と、統合サービスの「オペレーティングシステムのシャットダウン」を有効に設定しております。ゲストマシンを確認すると、対象のサービス(Hyper-V Guest Shutdown Service)は動作しております。ホスト、ゲストマシン共にOSのバージョン情報は「1809(OSビルド 17763.475)」です。

    Hyper-V マネージャーから対象のゲストマシンを選択し、操作メニューより「シャットダウン」操作を実施した場合は、正常にシャットダウンします。

    ホストマシンで再起動もしくはシャットダウンを行うと、ゲストマシンのシャットダウン処理が失敗し、強制終了したような動作となります。ホストマシンのイベントログを確認したところ、以下のエラーが記録されております。

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------
    イベントID:15142
    ソース:Hyper-V-VMMS
    '[コンピュータ名]' はシャットダウンできませんでした。(仮想マシン ID XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX)

    イベントID:19060
    ソース:Hyper-V-VMMS
    '[コンピュータ名]' は、'シャットダウン中' 操作を実行できませんでした。仮想マシンは現在次の操作を実行中です: 'シャットダウン中'。(仮想マシン ID XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX)
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------

    Windows Server 2019 に関する情報が少なく、難航しております。

    どなたか対策等ご存じでしたらご教授頂けないでしょうか。



    • 編集済み まさん 2019年5月17日 10:17
    2019年5月17日 10:16

すべての返信