none
Windows Update: ダウンロード完了後、インストールされない/インストール不可 RRS feed

  • 質問

  • Windows 10 Pro PC約25台がドメイン環境課でWSUSサーバーに繋がっております。

    1月以降、クライアントが承認された更新を自動ダウンロード後、設定のWindows Updateでは準備が出来て自動インストールされます状態になるものの、実際には自動インストールされずに、インストールする方法がない状況となる事象が発生しています。

    ユーザには全画面の更新通知が表示されるものの、通常表示されるインストールや再起動のボタンはなく、唯一のボタンは設定のWindows Updateを呼び出すもので、そこからは進めません。シャットダウンも「更新してシャットダウン」にはならず、通常の停止です。WSUS上のステータスは「ダウンロード済」です

    正常化できた唯一の方法はSotwareDistributionフォルダの削除で、それにより更新が再ダウンロードされ無事にインストールされます。他にはwsutil resetによるWSUS上の再ダウンロードや、Windows Update Troubleshooterの実行はなにかしら修理している様に見えるものの)効果がありませんでした

    1月は数台だったのが2月には大半、3月はほぼ全てになり、一度修正したマシンでも再発しており、大変困っております。他方、一部問題ないマシンもあります。サーバー類はいずれも問題ありません。

    ReportingEvents.log ではDownload started → Download succeededの後、来るべきInstallingはなく、WindowsUpdate.logにもダウンロード完了後に特段のエラーメッセージはありません。当該更新のMSUの手動ダウンロード・インストールは問題なく出来ました(その後、SoftwareDistributionを消すまではWindows Update上は準備完了の表示のままでしたが)

    アドバイスいただければ大変助かります。よろしくお願いします


    なお、Meldown/Spectre対策のQualityCompatレジストリはセット済、FeatureSettingsOverride は未セットです。
    2018年3月16日 7:33

回答

すべての返信

  • SotwareDistribution フォルダの再構築で回避できるのであれば、インストールされない原因はダウンロードされた更新プログラムの破損か、SotwareDistribution フォルダ内に記録される更新情報データベースの破損/不整合でしょう。

    そのような状況が発生する原因として思い当たることはないでしょうか?


    hebikuzure

    2018年3月16日 8:32
  • 正直な所、心当たりはありません。

    対象の更新プログラムは各月異なるものな上に、同一ハード/OSで成功するマシンもあるので、WSUS上の破損ではなく、かつ再構築後は無事に入るので、WSUSサーバーからのメタ情報が変という事も考えにくく。

    となると、対象マシンのローカルの問題と疑われますが、何がSoftwareDistributionのデータベースを破損させるのか。ちなみに、UpdateOrchestrator以外の更新(Windows DefenderやStore関係)は問題なく行われている様です。

    2018年3月17日 2:19
  • 繰り返し SoftwareDistribution が破損するという事例は聞かないので、心当たりになる節が無いということになると、私もすぐに思い当たる原因はありません。

    クリティカルな問題であれば、有償サポートを依頼することも検討された方が良いでしょう。


    hebikuzure

    2018年3月17日 7:19