none
バックアップ時にイベントID:10170、16010が発生する RRS feed

  • 質問

  • Windows Server 2012 R2 のHyper-Vにて3台の仮想マシンを構成しています。ホスト側、仮想マシン側ともに同じOSです。

    Arcserve UDP というバックアップソフトにてバックアップをとっておりますが、バックアップ時に必ず以下のエラーがイベントビューワに記録されます。

    レベル:エラー
    イベントID:16010
    ソース:Hyper-V-VMMS
    操作に失敗しました。

    レベル:警告
    イベントID:10170
    ソース:Hyper-V-VMMS
    要求者によって仮想マシンxxxのバックアップの失敗が報告されました。(仮想マシンID xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx)

    これらのエラーが仮想マシンの台数分エラーとして記録されます。

    Arcserveのサポートにも相談したのですが、ログなど調べていただいた結果、本事象は arcserve UDP の動作というよりは、Windows OS のシャドウコピーの問題であると考えられ、本件につきましてはひとまずマイクロソフト社へのご相談頂くことを提案されました。

    どのような原因が考えられるのか、また解決方法を教えてください。

    2015年7月30日 7:31

すべての返信

  • こんにちは。

    こちらにエラー一致するものがありました。ここで,「16010」で検索してみてください。

    http://www.netjapan.co.jp/e/faq/images/NetJapan/AIP/3.5/sp6/SVDT/html/releasenote.html

    バージョン 3.5.8.1218 の主な機能追加と修正事項

    という項目に,下記の通りあります。

    また,そのほかに,必ずBackupが失敗する,という記述もありますので,いちど,バージョンを確認してみてはどうでしょうか。

    ・Hyper-V ホストのバックアップで、Windows イベント ログに Hyper-V VMMS の警告(イベント ID:10170)とエラー(イベント ID:16010)が記録される問題を修正しました。

    参考までに。

    2015年7月30日 10:56
  • 返答が遅くなりました。

    まだArcserveのサポートとやり取りしていますが、解決に至ってません。私もこのソフトの機能追加と修正事項についてArcserve UDP にも同じような問題があるのではないかと疑いを持っています。バージョンは最新のArcserve UDP 5 update4を利用しています。

    情報ありがとうございました。

    2015年8月3日 0:29
  • 当方でARCServeBackupにてhiper-v環境のBackupをとっていたことがあります。

    このとき,仮想サーバのバックアップに失敗したりと苦労させられました。

    結局主原因は,サーバOSのVSSのPatchが十分にあたっておらず,不具合が残っていて,そのせいでVSS関連の不具合の影響でうまくバックアップができていなかった,ということがありました。

    VSSの物理的書き込みが連続した領域になってないとどうとか・・・

    もしWindowsUpdateを十分に行っていないなら,シャドウコピー領域系のを重点的に入れていくといいかもしれません。

    もう解決しているかと思いますが参考までに。

    2018年6月7日 10:06