none
Windows 2008 時刻同期コマンド失敗 RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    w32tm /resyncコマンドを実行したところ、
    以下のメッセージが表示され同期ができなかった。

    「再同期コマンドをローカル コンピューターに送信しています
     時刻データが利用できなかったため、コンピューターは同期をとり直ししませんでした。」

    このとき、w32tm /stripchartではNTPサーバとの時刻差分情報が取れているのですが、

    w32tm /query /peers /verboseでは「RPCサーバーを利用できません」というエラーが帰ってきてしまいました。

    対象サーバは複数NICを持っておりますが、ping、tracert、portqryは問題ないように見受けられます。

    原因と対処方法についてご教示をお願いいたします。

    以下、作業ログになります。

    ===ここから===

    C:\Users\Administrator>w32tm /query /peers /verbose /computer:XXX.XXX.11.80
    次のエラーが発生しました。 RPC サーバーを利用できません。 (0x800706BA)

    C:\Users\Administrator>
    C:\work\Tivoli\PortQryV2>w32tm /stripchart /computer:XXX.XXX.11.80 /dataonly /samples:10
    XXX.XXX.11.80 [XXX.XXX.11.80:123] を追跡中。
    10 サンプルを収集中。
    現在の時刻は 2013/11/07 11:59:19 です。
    11:59:19, +00.4833517s
    11:59:21, +00.4797675s
    11:59:23, +00.4798361s
    11:59:25, +00.4803831s
    11:59:27, +00.4805541s
    11:59:29, +00.4797771s
    11:59:31, +00.4803677s
    11:59:33, +00.4805722s
    11:59:35, +00.4797563s
    11:59:37, +00.4798041s

    C:\work\Tivoli\PortQryV2>

    C:\work\Tivoli\PortQryV2>ping XXX.XXX.11.80

    XXX.XXX.11.80 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
    XXX.XXX.11.80 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=55
    XXX.XXX.11.80 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=55
    XXX.XXX.11.80 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=55
    XXX.XXX.11.80 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=55

    XXX.XXX.11.80 の ping 統計:
        パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
    ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
        最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

    C:\work\Tivoli\PortQryV2>
    C:\work\Tivoli\PortQryV2>tracert XXX.XXX.11.80

    XXX.XXX.11.80 へのルートをトレースしています。経由するホップ数は最大 30 です

      1     4 ms     6 ms     1 ms  XXX.XXX.113.252
      2    <1 ms    <1 ms    <1 ms  XXX.XXX.200.252
      3    <1 ms    <1 ms    <1 ms  XXX.XXX.2.254
      4    <1 ms    <1 ms    <1 ms  XXX.XXX.250.250
      5    <1 ms    <1 ms    <1 ms  XXX.XXX.251.253
      6    <1 ms    <1 ms    <1 ms  XXX.XXX.247.254
      7    <1 ms    <1 ms    <1 ms  XXX.XXX.XXX.XXX01
      8     1 ms    <1 ms    <1 ms  XXX.XXX.2.253
      9     1 ms     1 ms    <1 ms  XXX.XXX.1.251
     10     1 ms    <1 ms    <1 ms  XXX.XXX.11.80

    トレースを完了しました。

    C:\work\Tivoli\PortQryV2>
    C:\work\Tivoli\PortQryV2>portqry -n XXX.XXX.11.80 -p UDP -e 123

    Querying target system called:

     XXX.XXX.11.80

    Attempting to resolve IP address to a name...

    Failed to resolve IP address to name

    querying...

    UDP port 123 (ntp service): LISTENING or FILTERED

    C:\work\Tivoli\PortQryV2>

    ===ここまで===

    2013年11月12日 6:03

回答

  • チャブーンです。

    状況はわかりました。以前のNTP設定についてはほぼ無関係だと思います。

    対応方法ですが、まず以下を試してみてください。

    1. Windows Timeサービスを停止する
    2. 以下のレジストリ設定変更実施
      レジストリ:HKEY_LOCAL_MACHINEのSYSTEM\CurrentControlSet\services\W32Time\TimeProviders\NtpClient\SpecialPollTimeRemaining
      値:空(完全な空欄にしてください&値を削除するという意味ではありません)
    3. Windows Timeサービスを起動する

    うまくいけば、イベントログに同期の成功が記録されるはずですが。


    2013年11月12日 10:45
    モデレータ
  • チャブーンです。

    まずお断りですが、本フォーラムはエンジニア間の情報交換やトラブル解決の「手助け」を行うためのリソースで「サポートセンター」ではありません。ですから、フォーラムの回答者が質問者さんの代わりに「お客様に説明する内容を考える(お教えする)」といったことはできません。この点はご了解ください。

    ご質問自体ですが、原因自体はNTPクライアントとNTPサーバの設定や通信内容を確認する必要がありますので、現時点ではっきりとしたことはいえません。

    また、SpecialPollTimeRemainingはWindows Timeの内部設定の情報が格納されているだけなので、w32tm /resyncが失敗したこととは無関係です。ただし、「Windowss Timeサービスを起動したときイベントログに同期が記録されなかった」のはSpecialPollTimeRemainingに値があることで、(Windows Time起動時に行われるはずの)同期の作業そのものが行われなかったためになります。

    解決のためには、以下のような切り分けのための作業を行って原因を絞り込む必要があると思います。

    1. SpecialPollTimeRemainingを空に設定してWindows Timeを起動させ、正常に同期を行うかイベントログを確認する
    2. ダメだった場合、w32tm /resync /rediscoverを実行し、正常に同期するかを確認する
    3. ダメだった場合、w32tm /query /peers /verboseで状況を確認したり、NTPサーバの設定(Linuxの場合はntp.conf)やネットワークトレース、Windows側でw32timeデバッグログを取得して解析する

    特に、上記の3については具体的な解析作業が必要になるため、こういった無償の掲示板では対応できません。また、お客様への報告や状況説明、調整が前提として必要である場合も適切ではないので、MS有償サポートをご利用いただくことをお奨めします。

    http://www.microsoft.com/ja-jp/services/support.aspx



    2013年11月13日 2:27
    モデレータ

すべての返信

  • チャブーンです。

    C:\Users\Administrator>w32tm /query /peers /verbose /computer:XXX.XXX.11.80 次のエラーが発生しました。 RPC サーバーを利用できません。 (0x800706BA)

    このエラーとNTPの同期失敗とは無関係です。サブオプションでない/computerオプションは「Windowsにリモート接続する」というためのコマンドで、ドメイン環境での管理者アカウントによるにリモート操作に利用されます。NTPサーバを指すものではないので、NTPクライアントのWindows上で/computerオプションを付けないで実行してみてください。

    w32tm /resyncが失敗した場合、/rediscoverオプションを付けて実行すると、過去の時刻データがリセットされ同期できる可能性があります。


    2013年11月12日 7:10
    モデレータ
  • チャブーン様

    ご回答ありがとうございます。

    実はw32tm /resyncを実行する前に、別のNTPサーバに接続しておりました。

    それが、今回の/resync失敗の原因なのでしょうか?

    2013年11月12日 7:42
  • チャブーンです。

    実はw32tm /resyncを実行する前に、別のNTPサーバに接続しておりました。

    具体的にどういう操作を行っていたのでしょうか?

    Windows Timeが「NTPサーバと同期する」場合、事前に(w32tm /configコマンド等で)指定した参照先NTPサーバにしかできません。コマンド等で一時的に別のNTPサーバに同期させる、ということはできないはずなので、どんな操作をもって「NTPサーバに接続した」のか、教えていただく必要があります。



    2013年11月12日 7:59
    モデレータ
  • チャブーン様

    ご連絡ありがとうございます。
    以下の作業を行いました。
    ① 時刻同期先指定のため以下のレジストリ設定実施
    レジストリ:HKEY_LOCAL_MACHINEのSYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Parameters\NtpServer
    値:YYY.YYY.1.30,0x9
    ※元はデフォルト設定(time.windows.com,0x1)

    ② Windows Timeサービス再起動

    ③ 以下のイベントが出力され「YYY.YYY.1.30」との時刻同期できたことを確認
    ソース:Time-Service ID:37
    ソース:Time-Service ID:35

    ④ 時刻同期先が誤っていたため、以下のレジストリ設定変更実施
    レジストリ:HKEY_LOCAL_MACHINEのSYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Parameters\NtpServer
    値:XXX.XXX.11.80,0x9

    ⑤ Windows Timeサービス再起動

    ⑥ 上記③のイベントが出力されなかった

    ⑦ w32tm /resyncコマンドで質問のエラー発生

    ⑧ 上記⑤~⑦を繰り返すが/resyncコマンドのエラー発生

    お手数ですが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

    2013年11月12日 8:23
  • チャブーンです。

    状況はわかりました。以前のNTP設定についてはほぼ無関係だと思います。

    対応方法ですが、まず以下を試してみてください。

    1. Windows Timeサービスを停止する
    2. 以下のレジストリ設定変更実施
      レジストリ:HKEY_LOCAL_MACHINEのSYSTEM\CurrentControlSet\services\W32Time\TimeProviders\NtpClient\SpecialPollTimeRemaining
      値:空(完全な空欄にしてください&値を削除するという意味ではありません)
    3. Windows Timeサービスを起動する

    うまくいけば、イベントログに同期の成功が記録されるはずですが。


    2013年11月12日 10:45
    モデレータ
  • チャブーン様

    ご回答ありがとうございます。

    作業にあたりお客様へのご説明の必要があります。

    本現象の原因は以下という認識で問題ないでしょうか?

    ■原因

    誤ったNTPサーバを指定しその後正しいNTPサーバに指定変更を行ったが、SpecialPollTimeRemaining値には次の同期までの残時間が残っており、同期ができないため/resyncコマンドに失敗した。

    ■対策

    ①w32tm /resyncが失敗した場合、/rediscoverオプションをつけて実行すると、過去の時刻データがリセットされ同期できる可能性がある。

    ②SpecialPollTimeRemaining値を空にすることにより、次の同期までの残時間をリセットしWindows Timeサービス再起動のタイミングで、時刻同期できるようになる可能性がある。

    以上、よろしくお願いいたします。

    2013年11月13日 1:50
  • チャブーンです。

    まずお断りですが、本フォーラムはエンジニア間の情報交換やトラブル解決の「手助け」を行うためのリソースで「サポートセンター」ではありません。ですから、フォーラムの回答者が質問者さんの代わりに「お客様に説明する内容を考える(お教えする)」といったことはできません。この点はご了解ください。

    ご質問自体ですが、原因自体はNTPクライアントとNTPサーバの設定や通信内容を確認する必要がありますので、現時点ではっきりとしたことはいえません。

    また、SpecialPollTimeRemainingはWindows Timeの内部設定の情報が格納されているだけなので、w32tm /resyncが失敗したこととは無関係です。ただし、「Windowss Timeサービスを起動したときイベントログに同期が記録されなかった」のはSpecialPollTimeRemainingに値があることで、(Windows Time起動時に行われるはずの)同期の作業そのものが行われなかったためになります。

    解決のためには、以下のような切り分けのための作業を行って原因を絞り込む必要があると思います。

    1. SpecialPollTimeRemainingを空に設定してWindows Timeを起動させ、正常に同期を行うかイベントログを確認する
    2. ダメだった場合、w32tm /resync /rediscoverを実行し、正常に同期するかを確認する
    3. ダメだった場合、w32tm /query /peers /verboseで状況を確認したり、NTPサーバの設定(Linuxの場合はntp.conf)やネットワークトレース、Windows側でw32timeデバッグログを取得して解析する

    特に、上記の3については具体的な解析作業が必要になるため、こういった無償の掲示板では対応できません。また、お客様への報告や状況説明、調整が前提として必要である場合も適切ではないので、MS有償サポートをご利用いただくことをお奨めします。

    http://www.microsoft.com/ja-jp/services/support.aspx



    2013年11月13日 2:27
    モデレータ
  • チャブーン様

    ご回答ありがとうございます。

    本フォーラムの趣旨について理解いたしました。

    お客様が有償サポートに入っていないにもかかわらず、
    技術的確証を求めてこられるものでこのような質問をするに至りました。
    お客様にもご理解いただけるよう努力いたします。

    ここまで、ご丁寧にご対応いただき誠に感謝しております。

    ご提案の解決策について実施してみたいと思います。
    実施結果がでましたら、再度ご連絡させていただきます。

    ご対応いただき、誠にありがとうございました。
    2013年11月13日 3:02