none
「仮想ハードディスクの共有を有効にする」が表示されない RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    【実施したいこと】
    CSVとして作成したディスクをHyper-V上の仮想マシンに共有させたい。
    共有させるために「仮想ハードディスクの共有を有効にする」の設定を行いたい。

    【参考にしている文献】
    以下画像にある④「仮想ハードディスクの共有を有効にする」
    https://image.itmedia.co.jp/l/im/ait/articles/1308/08/l_wi-disk03.gif

    【実機の状態】
    「仮想ハードディスクの共有を有効にする」が存在しない。
    代わりに「Storage Quality of service」という設定項目が表示されている。

     ※画像を添付出来なかったので、実機と同様の参考画像URLを記載します。
     https://img.vembu.com/wp-content/uploads/2018/03/hyper-v-storage-best-practices-04.jpg
      ※「Advanced Features(高度な機能)」ではなく、「Quality of service」が表示されてしまっている

    【質問内容】
    「仮想ハードディスクの共有を有効にする」という設定項目が存在しないのは何故でしょうか。
    こちらで推測している内容としては以下のとおりです。

    ①参考にしている文献はWindows2012であり、実機はWindows2016。
    もしかするとOSバージョンの違い?
     ※Win2012R2から使えるはずの「高度な機能」が利用できなくなっている?
     ※インターネット環境に繋がっていないためパッチが未適用、この辺りも影響?

    ②何か追加の役割と機能などを入れないと、設定出来ない?

    ③または何かしらの前提条件を満たせていない?

    もし本件について情報をお持ちの方がいましたら、助言頂けますと幸いです。
    2019年3月12日 5:35

回答

  • 自己解決しました。

    Win2016でのVHDX共有はVHDS(VHD-set)となったようで、そちらで作成することによりディスク共有が可能となりました。

    本件はクローズとさせてください、大変有難うございました。

    • 回答としてマーク TTSE465 2019年3月13日 7:40
    2019年3月13日 7:27

すべての返信

  • パッと見だけですが、OS ディスクとデータディスクの違いでは?

    ※手元の Windows 10 Pro の Hypre-V でも OS ディスクについては同じくQuality of service だけですね。


    Hebikuzure aka Murachi Akira


    2019年3月12日 8:31
  • ご回答有難うございます。

    ただ・・・今回はOSディスク(Cドライブ用)とデータディスク(共有Dドライブ用)の双方とも、

    Quality of service 」である事を確認しています。

    2019年3月12日 8:47
  • 自己解決しました。

    Win2016でのVHDX共有はVHDS(VHD-set)となったようで、そちらで作成することによりディスク共有が可能となりました。

    本件はクローズとさせてください、大変有難うございました。

    • 回答としてマーク TTSE465 2019年3月13日 7:40
    2019年3月13日 7:27