none
ドメイン参加時のアカウント検出について RRS feed

  • 質問

  • ■ 環境情報

      <AD サーバ>
        OS : Windows 2019 Standard x64


      <AD クライアント>
        OS : Windows 10 Pro x64


    ■状況
      <AD サーバ>
        ・AD ユーザーを作成しておく


      <AD クライアント>
        ・以下の手順でドメイン参加を実施
          1) システムプロパティ を開く

          2) システムの詳細設定 を開く

          3) [(タブ) コンピューター名]で [ネットワーク ID]をクリック
               ⇒ ドメイン参加ウィザードを開始する

          4) 「ビジネスネットワークの一部です」を選択

          5) 「ドメインを使用している」を選択

          6)「(サーバで作成された) ユーザー名」、「パスワード」、「ドメイン名」を指定する

          7) 下記の警告ダイアログが表示される ★★★

               「ドメイン 'XXXX'」に このコピュータ (YYYY) のアカウントが検出されました。
                  アカウントを使いますか?

             [いいえ]をクリック

          8) 以降の ドメイン参加ウィザードを進める

             ⇒  正常にドメイン参加が完了する


    ■問合せ
      ドメイン参加ウィザードにて、
      上記 7) の警告ダイアログでは、[はい]、[いいえ]のどちらを選択しても
      ドメイン参加自体は正常に完了することができました。

      上記、ダイアログで [はい]、[いいえ]の各クリックで
      どのような違いがあるのでしょうか?


    以上、お手数ですが、教えていただけると幸いです。
    2020年2月25日 4:27

回答

  •  [はい]を選択した場合はADに既に作成されているコンピュータアカウントを使用します。

    [いいえ]を選択した場合はADのコンピュータアカウントが再作成されます。


    • 編集済み kaz8629 2020年2月25日 5:53
    • 回答としてマーク hiroshimaAAA 2020年2月25日 6:54
    2020年2月25日 5:53

すべての返信

  •  [はい]を選択した場合はADに既に作成されているコンピュータアカウントを使用します。

    [いいえ]を選択した場合はADのコンピュータアカウントが再作成されます。


    • 編集済み kaz8629 2020年2月25日 5:53
    • 回答としてマーク hiroshimaAAA 2020年2月25日 6:54
    2020年2月25日 5:53
  • ご回答ありがとうございます。

    「コンピュータアカウントの再作成」も
    「既存コンピュータアカウント」で、「コンテナ 移動」、「所属するグループの設定変更」などが行われていなければ、
    「既存アカウントの利用」と 変わらない。

    というように認識しました。

    ありがとうございます。

    2020年2月25日 6:54