none
パブリックフォルダへのアクセス時アクセス不可が頻発する。 RRS feed

  • 質問

  •                           

    【環境】

    メールサーバー:ExchangeServer2013 3台(プライマリ、セカンダリ、サード)

    OS:WindowsServer2012R2

    クライアント:Outlook2010 150台程度

    OS:Windows7Pro(32bit)

    【事象】

    パブリックフォルダへアクセスする際に、アクセス不可が頻発します。

    なおエラーは下記の2パターンが表示されます。

     ↓↓↓↓↓↓↓

    1)

    フォルダーを表示できません。指定されたフォルダーの場所にアクセスできません。同時に開くことが出来る

    アイテムの数が、サーバー管理者によって制限されています。開いているメッセージを閉じるか、作成中のメッセージから添付ファイルや

    画像を削除してください。

    2)

    フォルダーを表示できません。指定されたフォルダーの場所にアクセスできません。

     

    ↑↑↑↑↑↑↑

     

    問題なく接続することもあり、頻度的には5回に1~2回ほど正常にあくせすできますが、それ以外は上記エラーがでます。

    現在はOutlookの立ち上げなおしでユーザーに対応してもらっていますが、ストレスがたまっているようです。

    どの端末、どのユーザーでも起こっているのでサーバー側の問題ではと勘ぐっております。

    【備考】

    2017年1月中旬までExchangeServer2007を使用しており、その際はこのような問題はありませんでした。

    2017年1月下旬にExchangeServer2013へ以降した後に問題が発生しています。

    インターネットやその他社内ファイルサーバーへのアクセスは問題ないように見受けられます。

     

    またOutlookを使用(メール作成やメールフォルダからパブリックフォルダへのメールコピー)している最中に

    よく処理中(マウスポインタがくるくる回る)になることが非常に多くなったと複数のユーザーから報告を受けております。

     

    社内ほぼ全員同じような現象が起きており、MSパッチの最新版適用、Outlookプロファイル再作成等を

    行っていますが、それでも事象がおきております。

    (事象発生はさまざまで、パブリック予定表を見た後、メール新規作成で処理中になったりもします。)

    お手数をおかけいたしますが、こちらの方もよろしくお願いいたします。

    2017年3月7日 6:19

回答

  • パブリックフォルダの移行に際し、パブリックフォルダMBXの個数や配置などはどのようにされましたでしょうか?

    多数のパブリックフォルダが存在し、かつお気に入りに登録されている場合など、Outlookが開くセッションが非常に多くなるケースがございますので、Outlookを起動後、タスクトレイのOutlookのアイコンをCtrlを押しながら右クリックして頂き、接続状態を開いた場合のセッション数を確認頂ければと。


    2017年3月7日 8:30
  • genki.w さんの記載にもありますが、セッション数の問題の可能性が高いと思います。

    その場合、レジストリの設定が必要だったかと思います。

    2007で該当の設定があったかは定かではないので、もしExchange2007をつぶしていないのであれば、

    そちらの設定値を確認してみればよいかと思います。

    参考URL

    https://technet.microsoft.com/en-us/library/mt741981(v=exchg.150).aspx

    2017年3月7日 9:23
  • 前提としまして、Exchange Server 2010以前と2013以降ではパブリックフォルダの実装が大きく異なっております。移行前の2007では、複数のパブリックフォルダデータベースを作成してレプリケーションを構成すればユーザーからの接続も分散できるような構成になっておりましたが、2013ではフォルダごとに設定が可能な「パブリックフォルダメールボックス」に全ユーザーが接続します。

    セッション数やパフォーマンスのためにアクセス先を分散させる場合は、フォルダごとにパブリックフォルダメールボックスを分けて、接続先のMBXがうまく分散されるように設計をする必要があります。

    このため、単一MBXに設定されている接続数上限(既定では32)を超えた場合には、エラーが発生してそれ以上接続できません。この事象がExchange Server側で発生すると、イベントログに記録されますので、サーバ側のログをご確認いただくことをお勧めいたします。

    https://blogs.technet.microsoft.com/exchangeteamjp/2016/02/14/id-9646/

    2017年3月8日 0:34

すべての返信

  • パブリックフォルダの移行に際し、パブリックフォルダMBXの個数や配置などはどのようにされましたでしょうか?

    多数のパブリックフォルダが存在し、かつお気に入りに登録されている場合など、Outlookが開くセッションが非常に多くなるケースがございますので、Outlookを起動後、タスクトレイのOutlookのアイコンをCtrlを押しながら右クリックして頂き、接続状態を開いた場合のセッション数を確認頂ければと。


    2017年3月7日 8:30
  • genki.w さんの記載にもありますが、セッション数の問題の可能性が高いと思います。

    その場合、レジストリの設定が必要だったかと思います。

    2007で該当の設定があったかは定かではないので、もしExchange2007をつぶしていないのであれば、

    そちらの設定値を確認してみればよいかと思います。

    参考URL

    https://technet.microsoft.com/en-us/library/mt741981(v=exchg.150).aspx

    2017年3月7日 9:23
  • 前提としまして、Exchange Server 2010以前と2013以降ではパブリックフォルダの実装が大きく異なっております。移行前の2007では、複数のパブリックフォルダデータベースを作成してレプリケーションを構成すればユーザーからの接続も分散できるような構成になっておりましたが、2013ではフォルダごとに設定が可能な「パブリックフォルダメールボックス」に全ユーザーが接続します。

    セッション数やパフォーマンスのためにアクセス先を分散させる場合は、フォルダごとにパブリックフォルダメールボックスを分けて、接続先のMBXがうまく分散されるように設計をする必要があります。

    このため、単一MBXに設定されている接続数上限(既定では32)を超えた場合には、エラーが発生してそれ以上接続できません。この事象がExchange Server側で発生すると、イベントログに記録されますので、サーバ側のログをご確認いただくことをお勧めいたします。

    https://blogs.technet.microsoft.com/exchangeteamjp/2016/02/14/id-9646/

    2017年3月8日 0:34
  • フォーラム オペレーターの栗下 望です。
    xfxyh884 さん、こんにちは。

    本件については、
    その後、いかがでしょうか?

    genki.w さんと Hotaka さんより情報をお寄せいただいています。
    ご確認いただき問題が解決されていたり、参考になった回答があれば、
    [回答としてマーク]をご設定いただければ幸いです。

    どうぞよろしくお願いいたします。


    MSDN/TechNet Community Support 栗下 望

    2017年3月14日 2:11
    モデレータ