none
Hyper-V2.0のホストクラスタとゲストクラスタの共存は可能でしょうか RRS feed

  • 質問

  • いつもお世話になっております。

    基本的なことかもしれませんが、表題についてお教え頂けますでしょうか。

    2台の物理サーバ(A、B)に共有Storage(iscsi接続)の環境で、A,Bのクラスタ(LiveMigration)のできる環境と、その上で動作するゲストOSのフェールオーバークラスタの構成という共存は可能でしょうか。

    2010年7月14日 11:15

回答

  • t20100318 様

    理論的には可能ですし、実装するにあったって実現を妨げる要素もないと思います。

    しかし、その構成は、平常時はうまくいくでしょうが、障害時には予想しない動きになり、結果としてホストクラスターまたはゲストクラスター一方の構成よりも、仮想マシンやその上のアプリケーションのダウンタイムが大きくなってしまう可能性があります。

    ゲストクラスターを構成する場合、各ノード(仮想マシン)を別々のHyper-V ホストに配置することが推奨されます。すべてのノードが同じHyper-Vホスト上にあると、Hyper-Vの障害ですべてのノードもダウンするからです。

    したがって、2ノードのホストクラスター上に2ノードのゲストクラスターを構築することは理論的には可能ですが、ホストクラスターの1ノードが障害時、すべての仮想ノードが正常な物理ノードの上に配置されるため、クラスターとしての可用性は著しく低下すると思います(非クラスターと同じくらい?)。

    また、ゲスト上で何のアプリケーションの可用性を高めるかにも関係してくるかもしれませんが、ゲストクラスター上でアプリケーションのアクティブなインスタンスを実行する仮想マシンが配置されたホスト クラスターのノードが障害でダウンした場合、仮想マシンのフェールオーバー(別ノードでの再起動です)と、ゲスト クラスター内でのアプリケーションのフェールオーバーが同時に発生するため、複雑な動きになるような気がします。3ノード以上では、さらに構成や動作が複雑になり、アクティブなアアリケーションがどこにあるのか把握するのが難しくなるのではないでしょうか。

    最後に、可用性を構成するアプリケーションが仮想環境でのクラスター構成 (ホスト クラスターやゲスト クラスター) をサポートしているかどうかも重要です。SQL Server 2008 は両者のクラスターの組み合わせをサポートしているようですが、推奨されない構成のようです。以下のドキュメントでは、次のように記載されています。

    サーバー仮想化における システム構成ガイド ホワイト ペーパー - 第 2 版
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/ff603844.aspx

    ---引用---
    冗長構成の組み合わせの留意事項
    仮想 SQL Server 2008 の冗長化の方法として、ゲスト OS 同士のデータベース ミラーリングとホスト クラスター、およびホスト クラスターとゲスト クラスターの組み合わせがサポートされます。ただし、構成と管理が煩雑化するうえに、大きなメリットもないため、推奨される構成ではありません。障害の種類によっては、ゲストとホストの両方でフェールオーバーが発生し、複雑な挙動を示す場合があります。
    -----------

     

    2010年7月15日 2:25

すべての返信

  • t20100318 様

    理論的には可能ですし、実装するにあったって実現を妨げる要素もないと思います。

    しかし、その構成は、平常時はうまくいくでしょうが、障害時には予想しない動きになり、結果としてホストクラスターまたはゲストクラスター一方の構成よりも、仮想マシンやその上のアプリケーションのダウンタイムが大きくなってしまう可能性があります。

    ゲストクラスターを構成する場合、各ノード(仮想マシン)を別々のHyper-V ホストに配置することが推奨されます。すべてのノードが同じHyper-Vホスト上にあると、Hyper-Vの障害ですべてのノードもダウンするからです。

    したがって、2ノードのホストクラスター上に2ノードのゲストクラスターを構築することは理論的には可能ですが、ホストクラスターの1ノードが障害時、すべての仮想ノードが正常な物理ノードの上に配置されるため、クラスターとしての可用性は著しく低下すると思います(非クラスターと同じくらい?)。

    また、ゲスト上で何のアプリケーションの可用性を高めるかにも関係してくるかもしれませんが、ゲストクラスター上でアプリケーションのアクティブなインスタンスを実行する仮想マシンが配置されたホスト クラスターのノードが障害でダウンした場合、仮想マシンのフェールオーバー(別ノードでの再起動です)と、ゲスト クラスター内でのアプリケーションのフェールオーバーが同時に発生するため、複雑な動きになるような気がします。3ノード以上では、さらに構成や動作が複雑になり、アクティブなアアリケーションがどこにあるのか把握するのが難しくなるのではないでしょうか。

    最後に、可用性を構成するアプリケーションが仮想環境でのクラスター構成 (ホスト クラスターやゲスト クラスター) をサポートしているかどうかも重要です。SQL Server 2008 は両者のクラスターの組み合わせをサポートしているようですが、推奨されない構成のようです。以下のドキュメントでは、次のように記載されています。

    サーバー仮想化における システム構成ガイド ホワイト ペーパー - 第 2 版
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/ff603844.aspx

    ---引用---
    冗長構成の組み合わせの留意事項
    仮想 SQL Server 2008 の冗長化の方法として、ゲスト OS 同士のデータベース ミラーリングとホスト クラスター、およびホスト クラスターとゲスト クラスターの組み合わせがサポートされます。ただし、構成と管理が煩雑化するうえに、大きなメリットもないため、推奨される構成ではありません。障害の種類によっては、ゲストとホストの両方でフェールオーバーが発生し、複雑な挙動を示す場合があります。
    -----------

     

    2010年7月15日 2:25
  • Yamauchi Kazuo 様

    情報等本当にありがとうございます。

    現在、評価環境で確認ができるように準備しております。ご指摘など頂いた情報を元に、自身で確認を進めようと思います。

     

    2010年7月16日 4:18
  • t20100318 さん、こんにちは。
    フォーラムのご利用ありがとうございます。

    Yamauchi Kazuo さん、ご丁寧なアドバイス誠にありがとうございます。

    それでは、案内いただいた内容が参考になられたようですので、私の方で [回答としてマーク] を付けさせていただきました。


    今後とも TechNet Forum をよろしくお願いします。

    ______________________________________
    マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 三沢健二

    2010年7月20日 7:20
    モデレータ