none
sysprep後にPCが起動しなくなりました RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    Windows10 64bit Pro(1709)OpenLicenseをインストールしたPCにsysprepを実行後、再起動したところPCが起動しなくなりました。

    コンピュータが予期せず再起動されたか、予期しないエラーが発生しました。

    Windowsのインストールを続行できません。Windowsをインストールするには[OK]をクリックしてコンピュータを再起動してからインストールを再実行してください。」

    Windows10のインストールディスクで修復モードからコマンドプロンプトを起動し、c:\windows\system32\sysprep\panther 以下のエラーログを確認したところ、以下のメッセージがでていましたが完全に一致するケースがみつけられず原因がよく理解できません。

    Error SYSPREP setupdigetclassdevs failed with error 0

    Error TOOL BCD: BiExportBcdObjectts Failed c000000d

    Error TOOL BCD: BiExportStoreAlterationsToEfi failed

    Error TOOL BCD: Failed to export alterations to firmware

    Error SYSPREP ClipCleanUpState resetting WNF_OLIC_OS_LICENSE

    OEMPCですがボリュームラインセンス版のWindows10をクリーンインストールした状態でsysprepしています。

    また、あるサイトではClipCleanUpStateがOEMPCでみられるという記載もありました。

    ボリュームライセンス版をクリーンインストールしましたが、メーカーのリカバリ領域はそのままに

    してOEMのWindows10が入っているパーティションに上書きインストールしましたが

    メーカーのリカバリ領域は削除したほうがよいでしょうか。


    よろしくおねがいします。

    2017年12月16日 3:06

すべての返信

  • oooohです。

    人により定義が異なるのかも知れませんが、

    ディスク全体の初期化を行わないそれはクリーンインストールと呼ばないと思いますよ・・・。

    なんていうかOEM版をSysprepしてエラーが出るのと同じ気がします。

    ちゃんと全部パーティションを破壊してVL版でクリーンインストールして

    sysprepかけて駄目なら質問しましょう。

    2017年12月21日 5:12