none
"Get-CsPoolUpgradeReadinessState"コマンドの仕様 RRS feed

  • 質問

  • いつもお世話になっております。

    technetに該当する情報が見当たらないため、投稿させていただきます。
    同様の事例や見解などをご教授いただければと思います。

    ■質問
    "Get-CsPoolUpgradeReadinessState"をLyncServer2013Enterpriseを非冗長環境で実行すると、
    異常がなくとも"State:InSufficientActiveFrontEnd"となる仕様なのか?

    ■背景
    LyncServer2013 EnterpriseEditionにて、FrontEnd×1、SQL×1、Edge×1の非冗長の検証環境を構築。
    "Get-CsPoolUpgradeReadinessState"コマンドを実行したところ、
    "State:InSufficientActiveFrontEnd"との結果になりました。
    (TechNetによりると、フロントエンドサーバに不具合がある状態を示唆する旨のステータスであるとのこと)

    一方、ほぼ同様の手順で冗長構成(FrontEnd×2、SQL×2、SQLミラー監視、Edge2台)を組んだ別の環境では、
    同コマンドの結果は問題なく"Redy"もしくは一時的に"Busy"となりました。

    ・クライアント動作、BackendDBの状態、Lyncコントロールパネルの"トポロジ"などを確認したが、特に異常は見当たらない
    ・ほぼ同じ手順で構築した冗長環境ではStateに問題が出ない。
    上記2点から、"Get-CsPoolUpgradeReadinessState"コマンドを非冗長構成で実行すると
    自分のほかにアクティブなFrontEndが存在しないことから"State:InSufficientActiveFrontEnd"と出る仕様なのではないかと
    思っております。

    お手数をおかけいたしますが、
    ご確認のほど、何卒よろしくお願いいたします。


    • 編集済み ykamio 2014年10月1日 6:31
    2014年10月1日 6:29