none
記憶域プールに追加したUSBストレージの容量が新規VHD作成時の空き容量に反映されない RRS feed

  • 質問

  • Windows Server 2016 Standard、で既存のストレージプールにUSB接続のHDDを二台追加し、VHDを作成してみようとウィザードを進めてみましたが、空き容量に反映されません。
    これは正しいのでしょうか?(バスの種類から作成先として不適と除外されてる?)

    実は、これにiSCSI(2TB)も追加して五台にした後、ストレージ層シングルパリティの仮想ディスクで作り直してみようと考えているのですがこれ自体不可能なのでしょうか?

    用意するディスクは以下のようになります。

    ・SATA接続SSD*1(119GB)

    ・SATA接続HDD*1(932GB)

    ・USB接続HDD*2(932GB*2)

    ・iSCSIディスク*1(2TB)

    2017年10月18日 12:29

回答

  • すいません。とりあえず解決(?)してました。

    1.USB接続のHDD

    メディアタイプが「不明」となっていたのが原因のようです。

    Set-PhysicalDisk -FriendlyName "HDDの名前" -MediaType HDD

    を実行後は使用可能になりました。 iSCSIも同様でした。

    iSCSIは確実に種類不明(WindowsのiSCSIは未確認)になりますが、USBはよく分かりません。

    あと、他で使用していたディスクを入れた場合、初期化しないと全容量が使用できないのに気づいて

    Reset-PhysicalDisk -FriendlyName "HDDの名前"

    を実行してます。

    2.ストレージ層シングルパリティの仮想ディスク

    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn387076.aspx#bkmk_wbc

    「双方向ミラーの記憶域スペースとシングル パリティの記憶域スペースでは、2 台のソリッドステート ドライブが必要です。」

    という記載を見つけて、Set-PhysicalDisk でHDDひとつをSSDと誤認(?)させることで構築できました。

    今回試すまで高速階層=キャッシュ専用=冗長性不要と思いこんでいました。

    久々のサーバーOSで触り始めて一月未満なので、未だ記憶域プールと記憶域スペースの違いが区別ついてません。

    ドキュメントはhttps://docs.microsoft.comが最新?と思って見てますが。。

    2017年10月28日 17:13

すべての返信

  •  お世話になります。Powershellで以下のコマンドを実行した結果を載せていただけると、より具体的なアドバイスができるかもしれません。

    Get-StoragePool -FriendlyName "記憶域プールのフレンドリー名" | Get-PhysicalDisk


    "記憶域プールのフレンドリー名"には、記憶域プールの名称を入力してください。わからない場合は、

    Get-StoragePool

    を実行いただくことで、記憶域プールのフレンドリー名一覧を確認することができます。

    なお、iCSCIディスクは記憶域スペースではサポートされてません。


    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com


    2017年10月22日 7:15
  • すいません。とりあえず解決(?)してました。

    1.USB接続のHDD

    メディアタイプが「不明」となっていたのが原因のようです。

    Set-PhysicalDisk -FriendlyName "HDDの名前" -MediaType HDD

    を実行後は使用可能になりました。 iSCSIも同様でした。

    iSCSIは確実に種類不明(WindowsのiSCSIは未確認)になりますが、USBはよく分かりません。

    あと、他で使用していたディスクを入れた場合、初期化しないと全容量が使用できないのに気づいて

    Reset-PhysicalDisk -FriendlyName "HDDの名前"

    を実行してます。

    2.ストレージ層シングルパリティの仮想ディスク

    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn387076.aspx#bkmk_wbc

    「双方向ミラーの記憶域スペースとシングル パリティの記憶域スペースでは、2 台のソリッドステート ドライブが必要です。」

    という記載を見つけて、Set-PhysicalDisk でHDDひとつをSSDと誤認(?)させることで構築できました。

    今回試すまで高速階層=キャッシュ専用=冗長性不要と思いこんでいました。

    久々のサーバーOSで触り始めて一月未満なので、未だ記憶域プールと記憶域スペースの違いが区別ついてません。

    ドキュメントはhttps://docs.microsoft.comが最新?と思って見てますが。。

    2017年10月28日 17:13