none
バージョン1803にアップデート後スタートメニューにms-resource:appDisplayNameができてしまった RRS feed

  • 質問

  • MediaCreationToolで作成したDVDを使用してWindows 10 Pro 32bit バージョン1709から1803にアップデートしたところ、スタートメニューの一番下に「その他」の項目ができて、その中に「ms-resource:appDisplayName」ができています。何かのアプリがアップデートで削除されて残骸が残っていると思われます。

    これを削除する方法はありますでしょうか。

    追記

    問題の項目をスタートメニューからデスクトップにドラッグしてリンクを作成し、プロパティを確認したところ、リンク先「Windows.ContactSupport_cw5n1h2txyewy!App」となっていました。ContactSupportアプリは現在はGetHelpに置き換わっているものと思われます。GetHelpは別途インストールされています。

    • 編集済み kzatokmt 2018年5月14日 3:52
    2018年5月9日 3:57

回答

  • ms-resource:appDisplayNameについて三台あるWindows10 PCの内一台に発生し以下の方法で治しました。

    対象はHome Editionの1803で、機種はHPのpavilionです。普段は未使用のadministrator、管理者ユーザー、一般ユーザすべてにms-resource:appDisplayNameがある状態です。

    1.インターネット環境から切り離し完全にスタンドアロンとする。

    2.新規にローカルユーザを作成する。(workとしました。1.はローカルユーザを作りやすくする為です。

    3.ユーザ環境の初期化作業を待つ。(新規ユーザの場合ms-resource:appDisplayNameが作成されないと言うWeb情報がある

    4.3.の作業により新規ユーザのms-resource:appDisplayNameが作成されないことを確認後既存の全てのユーザメニューからms-resource:appDisplayNameが消えることを確認する。

    5.仮に作ったローカルユーザ(work)を削除する。

    6.ms-resource:appDisplayNameが消えたままであることを確認する。

    つまりユーザーを作ってその後削除することでPC上の全てのms-resource:appDisplayNameを削除します。私の環境ではこれで上手くいきましたが全ての方で成功するかはわかりません。ただし簡単で安全な方法なので試す価値はあるかと思います。

    以下は推測です。

    私の場合は1803バージョンアップ後のユーザプロファイル更新作業で何か失敗があったのだと思います。

    ms-resource:appDisplayNameという表示ですがWindows.Management.Deployment.PackageManagerで packageを取得しpackage.InstalledLocation.Path にある AppxManifest.xmlからDisplayNameを取得。
    この時 ms-resource://以下となる場合が複数あるようで、例えばms-resource://{name}/resources/{resourceKey}の様にリソースから表示名を取得する必要があります。
    これはリソースからの文字列取得なのですが、ここで上手くいかないとms-resource:という表記になるのではないかと考えています。
    ですがエラー表示になる環境を失ってしまったのでこれ以上確認できませんでした。

    2018年7月7日 9:25

すべての返信

  • こんにちは。

    マイクロソフトコミュニティで見つけたので提示いたします。
    1709ですが参考になりますか?

    Windows10 1709 のスタートメニューから「ms-resource:appdisplayname」を是が非でも消し去りたい人へ
    https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-start-win_menu/windows10-1709/a01995c5-56ce-4623-b131-4e7967547a0b

    ちなみに現在質問されている場所はITプロ向けのフォーラムなので個人でお使いのPCで起こっている問題ならマイクロソフトコミュニティで質問されたほうがよいかも
    2018年5月14日 8:44
  • こんにちは。情報ありがとうございます。

    こちらを試してみたところ(検索キーワードはMiracastではなくContactSupportとして)該当レジストリキーは12か所(うち1か所はFirewall関連でその中に複数あったので実際は20以上?)で該当部分をエクスポート後、サインアウトし、サインインしなおしましたが、スタートメニューからは消えていませんでした。再起動しても同じです。ただし、スタートメニューからデスクトップへのドラッグでリンク作成ができなくなりましたので一応変化はありました。

    現在はレジストリを戻しております。

    一応、ITプロです。マイクロソフトのサポートでこちらを紹介されました。こちらで解決しない場合はコミュニティも試してみます。

    ありがとうございます。

    2018年5月15日 1:59
  • ms-resource:appDisplayNameについて三台あるWindows10 PCの内一台に発生し以下の方法で治しました。

    対象はHome Editionの1803で、機種はHPのpavilionです。普段は未使用のadministrator、管理者ユーザー、一般ユーザすべてにms-resource:appDisplayNameがある状態です。

    1.インターネット環境から切り離し完全にスタンドアロンとする。

    2.新規にローカルユーザを作成する。(workとしました。1.はローカルユーザを作りやすくする為です。

    3.ユーザ環境の初期化作業を待つ。(新規ユーザの場合ms-resource:appDisplayNameが作成されないと言うWeb情報がある

    4.3.の作業により新規ユーザのms-resource:appDisplayNameが作成されないことを確認後既存の全てのユーザメニューからms-resource:appDisplayNameが消えることを確認する。

    5.仮に作ったローカルユーザ(work)を削除する。

    6.ms-resource:appDisplayNameが消えたままであることを確認する。

    つまりユーザーを作ってその後削除することでPC上の全てのms-resource:appDisplayNameを削除します。私の環境ではこれで上手くいきましたが全ての方で成功するかはわかりません。ただし簡単で安全な方法なので試す価値はあるかと思います。

    以下は推測です。

    私の場合は1803バージョンアップ後のユーザプロファイル更新作業で何か失敗があったのだと思います。

    ms-resource:appDisplayNameという表示ですがWindows.Management.Deployment.PackageManagerで packageを取得しpackage.InstalledLocation.Path にある AppxManifest.xmlからDisplayNameを取得。
    この時 ms-resource://以下となる場合が複数あるようで、例えばms-resource://{name}/resources/{resourceKey}の様にリソースから表示名を取得する必要があります。
    これはリソースからの文字列取得なのですが、ここで上手くいかないとms-resource:という表記になるのではないかと考えています。
    ですがエラー表示になる環境を失ってしまったのでこれ以上確認できませんでした。

    2018年7月7日 9:25