none
環境変数TEMPの設定を確認してください

    質問

  • 皆様、こんにちわ。

     

    本サイトはVISTA全般ですが、OUTLOOK2007のエラーについて質問させていただきます。

    OUTLOOK2007の予定表を開きまして、クリックして予定を追加を行いますと

     

    「作業ファイルを作成できません 環境変数TEMPの設定を確認してください」とのエラーが出ます。

     

    本サイトに投稿する前に、システムの復元、Completeバックアップの復元を試みましたが、復旧はできませんでした。現象は突然発生たしました。

     

    システムの詳細設定の環境変数の値は: %USERPROFILE%AppData¥Local¥Temp

    と表示されています。

     

    急を要しますので、ご指示をお待ちいたします。

    2008年2月25日 14:05

回答

  • AT950様

     

    深夜のアドバイス、まことにありがとうございます。

     

    ご指示の通り文字列を変更いたしまして解決に至りました。長年の予定表が記入しておりまして、メモに使用していました。

     

    ご丁寧な説明にあらためて感謝申し上げます。

     

    2008年2月27日 23:23

すべての返信

  • ¥が全角になっているのと、AppData の前の¥がありませんが、転記ミスでしょうか?

     

    もし転記ミスならば、Windowsロゴキーを押しながらRキーを押します。

    regedit

    と入力して[OK]をクリックします。

    レジストリエディタが起動したら、HKEY_CURRENT_USER\Environment

    というキーを探します。そこに、TEMPおよびTMPという環境変数が保存されています。

    それらの種類はREG_EXPAND_SZが正しいのですが、もしかして

    REG_SZになっていたりしないでしょうか?

     

    展開可能な文字列値として作り直せば、種類はREG_EXPAND_SZになります。

    2008年2月26日 14:08
  • AT950様

     

    貴重な返答に心より感謝申し上げます。本日、マイクロソフトのサポートにて個人ファイルPSTの新規作成と環境変数TEMPのリネームを実施いたしましたが、解決にはいたりませんでした。

     

    障害発生の原因のひとつと考ええられますのが、現在使用中のPCを修理に出しまして、その間、Outlook2000を使用していました。そして修理が完了しまして、2000で作られた予定表のデーターを再びインポートして使用していました。でもそれは昨年で、この障害は日曜日に突然発生しました。

     

    さて、ご指摘の¥の全角は転記ミスです。なぜか半角で¥が入りません。

     

    現在の環境変数は:TEMP %USERPROFILE%¥AppData¥Local¥Temp

                 TMP      %USERPROFILE%¥AppData¥Local¥Temp   

     

    HKEY_CURRENT_USER\Environmentの内容は

     

                 TEMP "%USERPROFILE%¥App...33

                                        TMP   "%USERPROFILE%¥App...33

     

     

    それらの種類は

    それらの種類はREG_EXPAND_SZが正しいのですが、もしかして

    REG_SZになっていたりしないでしょうか?

     

     

    REG_EXPAND_SZが見当たりませんが、どのような対応をしたらよろしいでしょうか。

    再度のご指示をお待ち申し上げます。

     

    2008年2月26日 17:57
  • レジストリエディタではなく、環境変数の設定画面で見られていますね?

     

    レジストリでの画面はこんな感じ(XPでの画像ですが、Vistaでも同様)

    http://at950.blog31.fc2.com/blog-entry-429.html#CommentHeader

     

    %USERPROFILE% というのは、実際には C:\Users\(ユーザー名)という場所を示しています。

    環境変数の画面で、%USERPROFILE% の部分を C:\Users\(ユーザー名)に置き換えることで

    解決できる可能性もあります。その方が簡単かもしれません。

     

    レジストリエディタで REG_EXPAND_SZ ではなく REG_SZ になっていないかを確認してほしかったのは、

    REG_SZ になっていると %USERPROFILE% の実体が C:\Users\(ユーザー名) にあると PC が認識

    できず、%USERPROFILE%¥AppData¥Local¥Temp という名前のフォルダを探しに行こうとするため

    エラーが起きることがあります。REG_EXPAND_SZ(展開可能な文字列値)で作り直せば、

    %USERPROFILE% を C:\Users\(ユーザー名) に展開してフォルダを探しに行こうとするので、

    正常に動作するわけです。

    2008年2月27日 3:52
  • AT950様

     

    深夜のアドバイス、まことにありがとうございます。

     

    ご指示の通り文字列を変更いたしまして解決に至りました。長年の予定表が記入しておりまして、メモに使用していました。

     

    ご丁寧な説明にあらためて感謝申し上げます。

     

    2008年2月27日 23:23
  • こんにちは。

    どこをさがしてもなかったこの質問を見つけ、うれしくなって投稿します。

    当方は古いパソコン(Me)から、システムトークの「スゴイケーブルイージー」を使い新しいPC(

    vista)にすべてのデータを転送後、このメッセージが出るようになりました。、Outlook2007では、しばしばメールをあけられなかったり、応答なし状態になり、word2007では、開くとすぐ「作業ファイルを作成できません。環境変数Tempの設定を確認してください」とのメッセージが出、入力はできますが名前をつけて保存をクリックすると消えてしまい×を押して閉じようとすると「・・・は変更されています。保存しますか?」はいをクリックしても何度も同じメッセージが出、いいえでようやく消えます。excel2007では名前をつけて保存をクリックすると、「メモリまたはディスクの空き容量が不足しているためドキュメントを開いたり保存したりできません。不要な・・・(以下略)」とメッセージが出ます。現在ハードディスクの空き容量は40%。31,8GBあります。転送当初はアドレス帳に同じアドレスが3つずつあったり、余計なショートカットがあったりしましたが、かなり削除したのです。メールはやむを得ずwindowsメールを使用。

    こちらは問題なく送受信できています。環境変数のメッセージは、何かの作業中に突然何度も出る事があったり、何かを開こうとすると出る事があります。Micro softのオンラインサポートにより、office Personal2007の修復、アンインストール、インストールを試みましたが、現象は同じです。まずはこの設定を回答を参考に確認してみます。

    有効な解決法をご存じの方お知らせください。

    2008年11月11日 20:24
  • 参考情報です

    レジストリエディタからの変更でも OK なのですが、Windows 側に UI としても環境変数の変更が出来る場所がありますので、紹介しておきます。

    直接起動する場合は、Windows ロゴキーを押しながら R で [ファイル名を指定して実行]の画面が出ますよね。そこで、

    SystemPropertiesAdvanced.exe

    と入力します。

     

    すると[システムのプロパティ]ダイアログボックスが表示されるので、その中の[詳細設定]タブの、一番下[環境変数]のボタンを押すと、[環境変数]ダイアログが開いてエディットが可能になります。

     

    UI からたどっていく場合には、

    1. [スタートメニュー]をクリックし、[コンピューター]を右クリックして表示されるメニューで[プロパティ]を選択します。

    2. 左側のタスクから、[システムの詳細設定]をクリックします。

    3. [システムのプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。

     

    では~

     

    2008年11月12日 1:20
  • 鹿島正則様

    わかりやすい説明有り難うございます。環境変数の画面は出ますが、まず・・・・さんの環境変数とデータが出、下にシステム環境変数というのもあり、なんだかわからない数字が出ます。こちらは変えてはいけないのですよね。

    環境変数の画面では、種類REG_SZをREG_EXPAND_SZに替えられないので、レジストリーエディタの画面から訂正しようとしています。

    またきちんと試し、質問させて頂きます。その際にはよろしくお願いいたします。

    2008年11月14日 20:19
  • AT950様
    こんにちは。8月以来 どこにきいてもわからなかった「環境変数」の項目を見つけ、やっとレジストリーエディタの画面を出すことができたのですが、「展開可能な文字列値として作り直す」方法がわからないので、教えていただければ幸いです。

    HKEY CURRENT USER Environmentで

     名前           種類         データ

    ab(規定)       REG_SZ        (値の設定なし)

    ab%USERPROFIL REG_EXPAND_SZ    %USERPROFILE%¥AppData¥Lokal¥Temp(半角で¥が入らなくなってしまいま        

                                                                   した。)

    となっていたのを、編集→新規(N)→展開可能な文字列値(E)とクリックでよいのですか?

    新しくREG_EXPAND_SZの種類にしたものを作っても、規定と書かれた初めのREZ_SZのデータを消す事ができないのですが。

    現在Environmentの画面は次のようになっています。


    名前           種類          データ

    ab(規定)      REG_SZ         (値の設定なし)

    ab TEMP              REG_EXPAND_SZ    %USERPROFILE%¥AppData¥Lokal Temp(¥はその時は半角で入りました。) 

    ab TMP                REG_EXPAND_SZ    %USERPROFILE%¥AppData¥Lokal Temp(         ゛          )

    となっています。これは2月26,27日のKouiti-s氏と貴殿とのやり取りを参考に入力してみたものです。       


    当方 古いパソコン(Me)から新しいvistaにスゴイケーブルイージー(システムトーク社)を使ってデータの転送後、office2007が使えなくなり、どこに問い合わせても「作業ファイルを作成できません。環境変数TEMPの設定を確認して下さい。」というメッセージに答えてもらえなかったので、やっと解決に向け一歩踏み出した感があります。よろしくご教示お願い致します。

    尚パソコンは2台ともNECのLa Vieです。

      

                                                                           Gruen
    2008年11月17日 11:45
  •  Kouichi-s さんからの引用

    皆様、こんにちわ。

     

    本サイトはVISTA全般ですが、OUTLOOK2007のエラーについて質問させていただきます。

    OUTLOOK2007の予定表を開きまして、クリックして予定を追加を行いますと

     

    「作業ファイルを作成できません 環境変数TEMPの設定を確認してください」とのエラーが出ます。

     

    本サイトに投稿する前に、システムの復元、Completeバックアップの復元を試みましたが、復旧はできませんでした。現象は突然発生たしました。

     

    システムの詳細設定の環境変数の値は: %USERPROFILE%AppData¥Local¥Temp

    と表示されています。

     

    急を要しますので、ご指示をお待ちいたします。

    2008年11月17日 14:23
  •  Gruen さんからの引用

    下にシステム環境変数というのもあり、なんだかわからない数字が出ます。こちらは変えてはいけないのですよね。

     

    えっと、上がユーザー毎に変わる部分で、下がマシンで共通で使われているものです。

    レジストリで言えば、上が HKEY_CURRENT_USER で、下(システム環境変数)が HKEY_LOCAL_MACHINE で、上の設定を削除すれば、マシン共通の設定が行われている下のTEMP や TMP で書かれている場所を作業領域として使うという事になります。

     

    TEMP や TMP は作業領域をあらわすパスなので、別に変えてはいけないという事は無いです。 空き領域があって、アプリケーションがアクセスできる場所が設定されていれば OK です。

     

    GUI からの追加でも環境変数は作成できるのですが、その場合 REG_SZ になるので、必ずしも REG_EXPAND_SZ でないといけないという事は無いはずなのですが、何か条件があるのかもしれませんねぇ。

     

    %USERPROFILE% を実際の物理パスへ展開する際の問題なのかもしれませんので、例えば C ドライブ直下に TEMP というフォルダを作って、環境変数の設定を C:\TEMP に代えてみるのも手だと思います。

     

    ちなみに %USERPROFILE%  の展開の確認は下記の要領で行えます。

     

    1. [スタート メニュー] から [アクセサリ] をポイントして、[コマンド プロンプト] をクリックします。

    2. コマンド プロンプトが起動したら、> が出ている状態で

    echo %USERPROFILE%

    と入力してみてください。するとすぐ下に、

    c:\Users\ユーザー名

     

    と表示されて、%USERPROFILE%がどういった文字列に展開されるのかが分かります。 さらに、> が出ている状態で

    set

    と入力してみると、現在のユーザーで認識している環境変数の一覧がすべて表示されます。このときは %USERPROFILE% などもすべて展開されているので、実際のパスがどこなのか分かると思います。

     

    注意: Windows Vista からは UAC が搭載された関係で、管理者モードかどうかによって環境変数の値が変わる場合があります。

    上記例では、コマンドプロンプトは普通に左クリックで起動しました(標準ユーザー権限)が、ここで右クリックを行い、表示されたプロパティから、[管理者として実行]をクリックして起動すると、コマンドプロンプトが管理者権限で起動します。

    2 つの動作モードで値が違っている場合には、環境変数を利用するアプリケーションも、アプリケーションを起動したときのモードによって、違う値を取得している事になります。

     

    このあたり詳しくは、http://forums.microsoft.com/TechNet-JA/ShowPost.aspx?PostID=3955548&SiteID=36 の鈴木裕子のコメントを見ていただければと思います。

     

    規定と書かれた初めのREZ_SZのデータを消す事ができないのですが

     

    レジストリ エディタの(既定)はすべてのキーに存在するもので、削除はできませんし存在していても問題ないものですから、気にしなくても大丈夫です(^^)

    2008年11月18日 5:03
  • 鹿島正則様

     初歩的質問に対し、ご親切なご指導 心から感謝致します。

    まずは%USERPROFILE%の展開を調べてまたご報告致します。

    レジストリーエディタの画面で、種類をRG_EXPAND_SZにしようとしているのは、AT950氏の2月27日の次の記述によるものです。(中略。 また¥はおそらく半角。)

    「レジストリーエディタでREG_SZになっていないかを確認してほしかったのは、REG_SZになっていると%USERPROFILE%の実体がC:\Users\(ユーザー名)にあるとPCが認識できず、%USERPROFILE¥AppData¥Lokal¥Tempという名前のフォルダを探しに行こうとするためエラーが起きることがあります。REG_EXPAND_SZ(展開可能な文字列値)で作り直せば、%USERPROFILE%をC\Users\(ユーザー名)に展開してフォルダを探しに行こうとするので、正常に動作するわけです。」

    今後共 ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

                                                                         GRUEN

     

    2008年11月21日 20:10
  • しばらくこちらを見ていなかったので、レスが増えていることに気づいていませんでした。

     

    >ab(規定)      REG_SZ         (値の設定なし)

    >ab TEMP              REG_EXPAND_SZ    %USERPROFILE%¥AppData¥Lokal Temp(¥はその時は半角で入りました。) 

    >ab TMP                REG_EXPAND_SZ    %USERPROFILE%¥AppData¥Lokal Temp(         ゛          )

     

    微妙に転記ミス(Lokal→Local、LocalとTempの間には半角¥)があるのが気になりますが、

    変数の種類は正常です。作り直す必要はありません。

     

    私も後で知ったのですが、今回のエラーメッセージは環境変数が正常でも

    起動時に読み込まれるものに問題がある場合に表示されることもあるようです。

     

    http://menushowdelay.blog13.fc2.com/blog-entry-879.html

    2008年11月22日 7:56
  • 別の事で調べ物をしていたところ、こんなのを見つけました。 実は IE のインターネット一時ファイルの場所が密接にかかわっているというものです。参考までに。

     

    http://xwin2.typepad.jp/xwin2weblog/2008/09/office-2007inte.html

    2008年11月29日 16:29
  • 有難うございました。エラーメッセージも全く一緒です。参考になりそうです。試してまた質問致します。

     

    2008年12月1日 18:28
  •  鹿島幸則 - MSFT さんからの引用
     Gruen さんからの引用

    下にシステム環境変数というのもあり、なんだかわからない数字が出ます。こちらは変えてはいけないのですよね。

     

    えっと、上がユーザー毎に変わる部分で、下がマシンで共通で使われているものです。

    レジストリで言えば、上が HKEY_CURRENT_USER で、下(システム環境変数)が HKEY_LOCAL_MACHINE で、上の設定を削除すれば、マシン共通の設定が行われている下のTEMP や TMP で書かれている場所を作業領域として使うという事になります。

     

    TEMP や TMP は作業領域をあらわすパスなので、別に変えてはいけないという事は無いです。 空き領域があって、アプリケーションがアクセスできる場所が設定されていれば OK です。

     

    GUI からの追加でも環境変数は作成できるのですが、その場合 REG_SZ になるので、必ずしも REG_EXPAND_SZ でないといけないという事は無いはずなのですが、何か条件があるのかもしれませんねぇ。

     

    %USERPROFILE% を実際の物理パスへ展開する際の問題なのかもしれませんので、例えば C ドライブ直下に TEMP というフォルダを作って、環境変数の設定を C:\TEMP に代えてみるのも手だと思います。

     

    ちなみに %USERPROFILE%  の展開の確認は下記の要領で行えます。

     

    1. [スタート メニュー] から [アクセサリ] をポイントして、[コマンド プロンプト] をクリックします。

    2. コマンド プロンプトが起動したら、> が出ている状態で

    echo %USERPROFILE%

    と入力してみてください。するとすぐ下に、

    c:\Users\ユーザー名

     

    と表示されて、%USERPROFILE%がどういった文字列に展開されるのかが分かります。 さらに、> が出ている状態で

    set

    と入力してみると、現在のユーザーで認識している環境変数の一覧がすべて表示されます。このときは %USERPROFILE% などもすべて展開されているので、実際のパスがどこなのか分かると思います。

     

    注意: Windows Vista からは UAC が搭載された関係で、管理者モードかどうかによって環境変数の値が変わる場合があります。

    上記例では、コマンドプロンプトは普通に左クリックで起動しました(標準ユーザー権限)が、ここで右クリックを行い、表示されたプロパティから、[管理者として実行]をクリックして起動すると、コマンドプロンプトが管理者権限で起動します。

    2 つの動作モードで値が違っている場合には、環境変数を利用するアプリケーションも、アプリケーションを起動したときのモードによって、違う値を取得している事になります。

     

    このあたり詳しくは、http://forums.microsoft.com/TechNet-JA/ShowPost.aspx?PostID=3955548&SiteID=36 の鈴木裕子のコメントを見ていただければと思います。

     

    規定と書かれた初めのREZ_SZのデータを消す事ができないのですが

     

    レジストリ エディタの(既定)はすべてのキーに存在するもので、削除はできませんし存在していても問題ないものですから、気にしなくても大丈夫です(^^)

    2008年12月3日 19:41
  •  鹿島幸則 - MSFT さんからの引用
     Gruen さんからの引用

    下にシステム環境変数というのもあり、なんだかわからない数字が出ます。こちらは変えてはいけないのですよね。

     

    えっと、上がユーザー毎に変わる部分で、下がマシンで共通で使われているものです。

    レジストリで言えば、上が HKEY_CURRENT_USER で、下(システム環境変数)が HKEY_LOCAL_MACHINE で、上の設定を削除すれば、マシン共通の設定が行われている下のTEMP や TMP で書かれている場所を作業領域として使うという事になります。

     

    TEMP や TMP は作業領域をあらわすパスなので、別に変えてはいけないという事は無いです。 空き領域があって、アプリケーションがアクセスできる場所が設定されていれば OK です。

     

    GUI からの追加でも環境変数は作成できるのですが、その場合 REG_SZ になるので、必ずしも REG_EXPAND_SZ でないといけないという事は無いはずなのですが、何か条件があるのかもしれませんねぇ。

     

    %USERPROFILE% を実際の物理パスへ展開する際の問題なのかもしれませんので、例えば C ドライブ直下に TEMP というフォルダを作って、環境変数の設定を C:\TEMP に代えてみるのも手だと思います。

     

    ちなみに %USERPROFILE%  の展開の確認は下記の要領で行えます。

     

    1. [スタート メニュー] から [アクセサリ] をポイントして、[コマンド プロンプト] をクリックします。

    2. コマンド プロンプトが起動したら、> が出ている状態で

    echo %USERPROFILE%

    と入力してみてください。するとすぐ下に、

    c:\Users\ユーザー名

     

    と表示されて、%USERPROFILE%がどういった文字列に展開されるのかが分かります。 さらに、> が出ている状態で

    set

    と入力してみると、現在のユーザーで認識している環境変数の一覧がすべて表示されます。このときは %USERPROFILE% などもすべて展開されているので、実際のパスがどこなのか分かると思います。

     

    注意: Windows Vista からは UAC が搭載された関係で、管理者モードかどうかによって環境変数の値が変わる場合があります。

    上記例では、コマンドプロンプトは普通に左クリックで起動しました(標準ユーザー権限)が、ここで右クリックを行い、表示されたプロパティから、[管理者として実行]をクリックして起動すると、コマンドプロンプトが管理者権限で起動します。

    2 つの動作モードで値が違っている場合には、環境変数を利用するアプリケーションも、アプリケーションを起動したときのモードによって、違う値を取得している事になります。

     

    このあたり詳しくは、http://forums.microsoft.com/TechNet-JA/ShowPost.aspx?PostID=3955548&SiteID=36 の鈴木裕子のコメントを見ていただければと思います。

     

    規定と書かれた初めのREZ_SZのデータを消す事ができないのですが

     

    レジストリ エディタの(既定)はすべてのキーに存在するもので、削除はできませんし存在していても問題ないものですから、気にしなくても大丈夫です(^^)

    2008年12月3日 19:41
  • 鹿島正則様

    いつもご親切なアドヴァイス有難うございます。日にちがたってしまいましたが、%USERPROFILE%の展開の確認をして見ました。コマンドプロンプトを左クリックすると、すでにC:¥(本当は半角ですが、入りません)Users¥ユーザー名>があり、echo%USERPROFILE%と入力してもsetと入力しても、画面はそのままです。

    コマンドプロンプトを右クリックで、開くと、C:¥Windows¥System32>と出ますので値が違っているということでしょうか。

    ここでもecho以下入力しても画面は変わりません。

    何かヒントがあればお願い致します。

    (先日教えていただいた、IEインターネット一時ファイルの場所に関するホームページも参照してみましたが、すべては理解できないものの、参考にはなりました。が、その通りにやってみてもそのとおりにはならず、(笑)この件に関してはまた後日検討したいと思います。)

     

    • 回答の候補に設定 k-t-dream 2011年10月25日 14:54
    2008年12月3日 20:40
  • 皆様、こんにちわ。

     

    本サイトはVISTA全般ですが、OUTLOOK2007のエラーについて質問させていただきます。

    OUTLOOK2007の予定表を開きまして、クリックして予定を追加を行いますと

     

    「作業ファイルを作成できません 環境変数TEMPの設定を確認してください」とのエラーが出ます。

     

    本サイトに投稿する前に、システムの復元、Completeバックアップの復元を試みましたが、復旧はできませんでした。現象は突然発生たしました。

     

    システムの詳細設定の環境変数の値は: %USERPROFILE%AppData¥Local¥Temp

    と表示されています。

     

    急を要しますので、ご指示をお待ちいたします。


    2012年1月6日 3:21
  • 権助 さん、こんにちは。
    フォーラム オペレーターの田中夢です。

    ご投稿いただきました内容につきまして、本スレッドの質問内容が引用されているのみなのですが、同じ現象が発生して困っていらっしゃるのでしょうか?
     
    こちらは4年前のスレッドとなっており、現象や環境も 権助 さんとは異なる部分もあるかと思いますので、新しいスレッドとして投稿されることをお勧めいたします。

    また、その際には、ご利用の環境(OS の情報など)や Outlook のバージョン、正確なエラーメッセージ、エラーが発生する手順、エラーが発生するようになったきっかけ、トラブルを解決するために 権助 さんが確認・実行した内容とその結果、質問の内容、などを具体的にお知らせいただきますと、参考となる情報を得やすくなると思いますよ。
    また、参照しているスレッドがある場合にはそのスレッドのURLなどもご紹介していただけると、初めてスレッドを読む方にも経緯がわかりやすくなります。

    新規の投稿をしていただくときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。
     
     
    今後とも、TechNet フォーラムをよろしくお願いいたします。
    ---------------------------------------------------------------------
    日本マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 田中夢

    2012年1月12日 0:58
    モデレータ