none
Windows Server 2008 R2 におけるDEP挙動変更? RRS feed

  • 質問

  • Windows Server 2008 R2 Standard(180日評価版)を使用しています。

    Windows Server 2008(x64)からWindows Server 2008 R2にバージョンアップする際、
    データ実行防止(DEP)機能は強化されたのでしょうか?

    この質問の理由ですが、Windows Server 2008(x64)とWindows Server 2008 R2で、
    同等の設定をしているのにデータ実行防止(DEP)によるエラー発生有無が変わっていたためです。

    前提条件1:IMEが「Microsoft Office IME 2007」(Office2007がインストールされていて、SP2適用済み)
    前提条件2:役割として、リモートデスクトップサービス(RDS)がインストール済

    この時に、Word2007の認証画面(プロダクトキーを入力する画面)を起動すると、
    稀にデータ実行防止(DEP)によるエラー(イベント名:BEX)が発生します。
    また、発生箇所も一定ではないようです。
    (基本的にはIMJPCMPS.dllですが、極々稀にRpcRtRemote.dllでも発生するようです。)

    加えて、Word2007だけでなく、他のアプリケーションでも同様に、
    データ実行防止(DEP)によるエラー(イベント名:BEX)が発生することがあります。

    前提条件1・2の設定を変更したり、DEP機能自体を無効にすればエラーは出なくなりますが、
    設定変更が行えない環境の為、困っております。

    この件について何か情報がありましたら、教えていただけますでしょうか?

    • 移動 Mike Wang (MSCS) 2012年10月2日 10:13 (移動元:Windows Server 2008 R2 全般)
    2010年1月5日 5:42