none
WindowsServerバックアップ時に出力されるDisk153の警告イベントについて RRS feed

  • 質問

  • こんにちは。Windows Commercial Storage & High Availability チームの大川です。
    今回は Windows Server バックアップ時に記録される Disk 153 の警告イベントについてお伝えさせていただきます。

    まずは、Windows Server バックアップについてですが、本機能は Windows Server 2008 から OS に標準で付属している
    バックアップ機能です。システム状態やデータのバックアップ、システム全体の回復を行うためのベア メタル回復などの
    機能を提供します。

    Windows Server バックアップでバックアップを行うと、バックアップ データは vhd ファイルに保存されます。
    バックアップ処理中は、OS が vhd を一時的にマウントし、データが保存されていきます。このとき、マウントされた vhd は
    通常のハードディスクドライブのように認識されますので、他のハードディスク ドライブと同様に内部的にディスクを管理する
    ための番号が付与されます。バックアップの処理が完了すると、vhd がアンマウントされます。大まかなバックアップ処理の流れ
    は以下のとおりです。

    // バックアップ処理の概要
    —————————————-
    バックアップ開始

    バックアップ元のシャドウ コピー作成

    vhd マウント

    データ バックアップ

    vhd アンマウント

    バックアップ先のシャドウ コピー作成

    バックアップ終了
    —————————————-

    ※”バックアップ元のシャドウ コピー作成” はデータの静止点を確保するため、 “バックアップ先のシャドウ コピー作成” は
    バックアップ データの世代管理のために行われます。

    上記の概要に記載させていただいたとおり、”vhd マウント” や “vhd アンマウント” などの vhd に対する処理が発生しますが、
    このタイミングにより、以下のような Disk 153 の警告イベントが記録される場合があります。

    —————————————-
    ログの名前:         System
    ソース:           Disk
    日付:            XXXX/XX/XX XX:XX:XX
    イベント ID:       153
    タスクのカテゴリ:      なし
    レベル:           警告
    キーワード:         クラシック
    ユーザー:          N/A
    コンピューター:       XXXXXXXX
    説明:
    ディスク X (PDO 名: \Device\XXXXXXXX) の論理ブロック アドレス XXXXXXX で IO 操作が再試行されました。
    —————————————-

    Disk ID: 153 警告イベントは、対象ディスクに対してデータの取得等を試みた際に、何等かの原因により I/O 要求が
    完了せず再処理を実行した際に記録されるイベントです。リトライでも回復されない場合などの問題が生じた場合には、
    その上位ドライバーやアプリケーション側に影響が発生します。

    もし、Windows Server バックアップがエラーになった場合、バックアップ処理の I/O 要求に問題が発生していた可能性が
    考えられますので、Disk 153 のイベントは無視できません。しかし、バックアップに関連したエラーやその他アプリケーション
    などのエラーも記録されていない場合には、I/O のリトライ処理により、I/O 要求が正常に終了していると考えられます。
    この場合、システムへの影響はありませんので、Disk 153 のイベントは無視可能と判断が可能です。そのため、本イベントを
    無視いただくか、監視対象外にするなどについて検討いただければと思います。

    なお、この事象が発生している対象ディスクが Windows Server バックアップで利用している vhd であるのかは、
    以下から判断することが可能です。

    // Disk 153 のイベントが vhd に対して発生しているかの判断
    —————————————-
    1. Disk 153 が発生しているタイミングが、Windows Server バックアップ処理中に発生している。
    2. Disk 153 の説明に記載されている “ディスク X” の番号が、通常運用時にディスクの管理画面には存在しない番号である。
    ※通常運用時とは、バックアップ処理などを行っていない状態を指しています。
    3. VHDMP のイベント ログに記録されているディスク番号と Disk 153 に記載されているディスク番号が一致している。

    /// VHDMP のイベント ログ
    —–
    ログの名前: Microsoft-Windows-VHDMP-Operational
    ソース: Microsoft-Windows-VHDMP
    日付: XXXX/XX/XX XX:XX:XX
    イベント ID: 1
    タスクのカテゴリ: なし
    レベル: 情報
    キーワード:
    ユーザー: XXXXX
    コンピューター: XXXXX
    説明:
    VHD X:\WindowsImageBackup\XXXXX\Backup XXXX-XX-XX XXXXXX\XXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX.vhdx は、
    ディスク番号 X としてオンラインになりました (アタッチされました)。
    —–
    ※ VHDMP のイベント ログは以下に記録されております。
    [イベント ビューアー] – [アプリケーションとサービス ログ] – [Microsoft] – [Windows] – [VHDMP] -[Operational]
    —————————————-

    ディスクの管理画面は以下の手順で開くことが可能です。

    // ディスクの管理画面の起動手順
    —————————————-
    1. [スタート] – [ファイル名を指定して実行] を選択します。

    2. diskmgmt.msc と入力し、[OK] をクリックします。

    3. ディスク X の部分を確認します。


    —————————————-


    いかがでしたでしょうか。本投稿が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。

    (※ 2017 年 12 月 26 日に Ask Core Microsoft Japan Windows Technology Support に公開した情報のアーカイブです。)

    2019年3月25日 5:18