none
クライアントOSによるドメイン参加制限について RRS feed

  • 質問

  • サーバと端末の更改に伴い、各クライアントOSでのドメイン参加の可否について調査しております。
    以下のクライアントOS(メンバサーバOS)にて、ドメイン参加する場合について確認させていただけませんでしょうか。

    クライアントorメンバサーバ
    A:Windows XP Pro SP3(x86)
    B:Windows 7 Pro SP1(x64)
    C:Windows 8 Pro (x64)
    D:Windows Server 2008 SE R2 SP1
    E:Windows Server 2012 SE

    それぞれのクライアントOS(メンバサーバOS)は、
    次の1、2、3のドメインコントローラの全てに参加することが可能

    1)DC =Windows Server 2003 R2 SP2
    2)DC =Windows Server 2008 R2 SP1
    3)DC =Windows Server 2012


    ポリシーの設定等がサーバ上で出来ない等の運用制限はあるにせよ、
    上記認識で間違いございませんでしょうか。
    参加の可否の確認、もしくは可否が判断できる資料についてご教授いただければと思っております。

    以上
    よろしくお願いいたします。

    2012年12月7日 10:31

回答

  • 基本的に、ADはLDAPという共通の基盤上で成立しているものであり、サーバOSのバージョンが上がっても、システム構成は可能です。(サーバOSが新しくなっても、MS独自の属性が増えるだけです。)

    但し、「ドメインの機能レベル」を2003サーバにしておかないと、2003サーバの管理が出来なくなってしまうことに要注意です。(ちなみに機能レベルはいつでも上げられますが、下げることは出来ないので・・・)


    Tadashi Wada

    • 回答としてマーク 203nakamura 2012年12月10日 0:40
    2012年12月7日 13:46

すべての返信

  • 基本的に、ADはLDAPという共通の基盤上で成立しているものであり、サーバOSのバージョンが上がっても、システム構成は可能です。(サーバOSが新しくなっても、MS独自の属性が増えるだけです。)

    但し、「ドメインの機能レベル」を2003サーバにしておかないと、2003サーバの管理が出来なくなってしまうことに要注意です。(ちなみに機能レベルはいつでも上げられますが、下げることは出来ないので・・・)


    Tadashi Wada

    • 回答としてマーク 203nakamura 2012年12月10日 0:40
    2012年12月7日 13:46
  • 回答ありがとうございます。

    「ドメインの機能レベル」に関する設定変更に関しても、今後の展開を見据えた上での対応を考慮することと致します。

    2012年12月10日 0:57