none
makecabコマンドの制限について RRS feed

  • 質問

  • <背景>

    データベースのバックアップを計画しております。

     

    ネットワーク経由でバックアップを行うため、なるべくデータを小さく圧縮したのちにバックアップ作業を行いたいと考えております。

     

    ◇作業手順◇

    1.データベースサービスの停止

    2.TEMP領域にデータベース圧縮ファイルの作成

    3.データベースサービスの再開

    4.バックアップ実行(ntbackup)

     

    データベースの圧縮は、データベースサービスの停止/開始と一緒に一つのバッチファイルで処理を行いため、コマンドラインから実行できる圧縮方法であることが、1つ目の条件となります。

     

    また、サポートを考え、可能な限りOS標準のコマンドで行いたいということが2つ目の条件です。

     

    以上の2つの条件を踏まえて、makecabコマンドの利用を考えているのですが、以下の課題があります。

     

     

    <課題事項>

    データベースのファイル一つにつき最大で2~3GB、全ファイルで15GB程度とかなりサイズが大きいため、makecabコマンドの対応範囲内であるか?

     

     

    <質問事項>

    makecabコマンド、および圧縮ファイル展開時に利用を考えているexpandコマンドが処理可能なファイルサイズの上限についてご存知の方がいらっしゃいましたらご教示お願いいたします。

     

    (実際に圧縮が可能かどうかを評価することが一番かと思いますが、現在手元に環境がないため、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらご教示願います。)

    2008年5月8日 17:59

回答

  • Cabinet file の仕様は下記で公開されています。

     

    Microsoft Cabinet Format

     

    CFHEADER によると cbCabinet が u4 つまり 32bit として定義されているため、4GB 以上は扱えないんじゃないでしょうか?

     

    あと、cabinet 形式は非常に圧縮率が高いですが、その分圧縮・解凍作業の cost が大きいのでその点は注意されたほうがよいかと。

    2008年5月10日 10:54

すべての返信

  • Cabinet file の仕様は下記で公開されています。

     

    Microsoft Cabinet Format

     

    CFHEADER によると cbCabinet が u4 つまり 32bit として定義されているため、4GB 以上は扱えないんじゃないでしょうか?

     

    あと、cabinet 形式は非常に圧縮率が高いですが、その分圧縮・解凍作業の cost が大きいのでその点は注意されたほうがよいかと。

    2008年5月10日 10:54
  • >ちゃっぴ様

     

    回答ありがとうございます。

    Cabinet形式を含め、OSの標準機能での実現は難しそうなので、別途ツールを導入することにいたしました。

    7-zipならば大容量も可能そうなので、そちらで検証をしてみます。

    2008年5月12日 6:38
  • こんにちは、森田です。

     

    ちゃっぴさん、有用な情報をありがとうございました!

     

    mskyojun2さん、フォーラムのご利用ありがとうございます。

    ちゃっぴさんが、投稿してくださった情報は有用なものだと思われましたので、

    勝手ながら回答済みチェックをつけさせていただきました。

    mskyojun2さんは、チェックを解除することもできますのでご確認ください。

     

    回答済みチェックがつくことにより、mskyojun2さんと同じような悩みを抱えている方が情報を見つけやすくなります。

    有用な回答があった場合は、できるだけ回答済みチェックをつけてくださるようお願いいたします。

     

    では、これからもフォーラムのご利用よろしくお願いいたします。

     

     

    2008年5月19日 7:00