none
OEMライセンスのWin2k3 Serverを仮想化する方法 RRS feed

  • 質問

  • Windows 2003 Server STDで構築されたデータベースがあります。

    データベースエンジンはInterBaseが使用されており,
    過去のデータを参照するためになんとか保存しておき,有事には参照したいと考えております。

    サーバーのハード自体も年数が経過しており,新サーバーへの移行も費用がかかるため,
    なんとかHyper-V上で動作させたいのですが,OEMライセンスのWin2k3 Server STDを利用しているため,
    Disk2VHDでは,変換後ライセンス認証の画面が開いてしまいます。

    OEMライセンスをHyper-Vにのせることは違反ではないようですが,
    認証に引っかかって進むことができません。

    別途VL版のWin2k3 STDのライセンスは保有しているので
    OSを入れなおすことなくVL版に変更する方法,もしくはOEM版のままでもライセンス認証などをクリアする方法(もちろん違反するつもりはありません)などはありますでしょうか。


    hello!!

    2013年11月28日 5:37

回答

  • チャブーンです。

    #認識と内容に誤りがあったようなので、全面的に書き換えました。すみません。

    ライセンス認証に関してはMSに直接確認を取ってください。こちらは「参考」というスタンス以上の回答はできません。

    この件なのですが、ホストマシンのOSの種類とバージョンによってライセンス要件が変わってきます。現状のライセンス形態では、ホストマシン(Windows Server 2008以降が前提)の「仮想インスタンス実行権」を使って行いますので、仮想インスタンス実行権のダウングレード、という見地から考えていただくこともお奨めします。

    OEMの仮想化で可能なパターンですが、したの資料にもあるように「インスタンスは移行可能だがライセンスの移行は不可」という内容だと理解しています。ここではライセンスがあればOEM版であってもP2Vでそのまま移行可能、という記述はありますね。また、ダウングレード権を使ったインスタンスの作成についてもOEM版を使ってよい、という記述もあります。

    http://h50146.www5.hp.com/partners/reseller/partnernews/feature/images/20120214/OEM_VirtualLicense.pdf

    OEM版の認証をなんとかしたい、ということですが、OEM版の認証方法はOEMベンダーが実装する範疇なので、どのようの対応するべきか、はMS=利用者間ではたぶんサポートできません。ですからOEMベンダーに確認していただくしか方法はありません。

    移行先でVL認証したい場合ですが、たとえば、移行元で必要なデータ(OSのシステム状態+アプリケーションが利用しているファイル類)をバックアップし、VLでインストール済みの移行先にリストアする方法が考えられますが、実際にできるかどうかはトライ&エラーで試していただく必要があります(できるかどうかはわかりません)。

    なお、VHDイメージ上でレジストリ類をちょろちょろいじってOEM→VLに形態変更することはムリだと思います。これは製品の形態が違うため、OEM用とVL用のプロダクトキーで互換性がないためです。

    ですから、まずご自身のライセンス理解が正しいことをMSに直接確認いただいたうえ、理解に問題がなければ OEMベンダーにP2Vの方法を問い合わせていただく、といった流れになると思います。



    2013年11月28日 7:27
    モデレータ

すべての返信

  • チャブーンです。

    #認識と内容に誤りがあったようなので、全面的に書き換えました。すみません。

    ライセンス認証に関してはMSに直接確認を取ってください。こちらは「参考」というスタンス以上の回答はできません。

    この件なのですが、ホストマシンのOSの種類とバージョンによってライセンス要件が変わってきます。現状のライセンス形態では、ホストマシン(Windows Server 2008以降が前提)の「仮想インスタンス実行権」を使って行いますので、仮想インスタンス実行権のダウングレード、という見地から考えていただくこともお奨めします。

    OEMの仮想化で可能なパターンですが、したの資料にもあるように「インスタンスは移行可能だがライセンスの移行は不可」という内容だと理解しています。ここではライセンスがあればOEM版であってもP2Vでそのまま移行可能、という記述はありますね。また、ダウングレード権を使ったインスタンスの作成についてもOEM版を使ってよい、という記述もあります。

    http://h50146.www5.hp.com/partners/reseller/partnernews/feature/images/20120214/OEM_VirtualLicense.pdf

    OEM版の認証をなんとかしたい、ということですが、OEM版の認証方法はOEMベンダーが実装する範疇なので、どのようの対応するべきか、はMS=利用者間ではたぶんサポートできません。ですからOEMベンダーに確認していただくしか方法はありません。

    移行先でVL認証したい場合ですが、たとえば、移行元で必要なデータ(OSのシステム状態+アプリケーションが利用しているファイル類)をバックアップし、VLでインストール済みの移行先にリストアする方法が考えられますが、実際にできるかどうかはトライ&エラーで試していただく必要があります(できるかどうかはわかりません)。

    なお、VHDイメージ上でレジストリ類をちょろちょろいじってOEM→VLに形態変更することはムリだと思います。これは製品の形態が違うため、OEM用とVL用のプロダクトキーで互換性がないためです。

    ですから、まずご自身のライセンス理解が正しいことをMSに直接確認いただいたうえ、理解に問題がなければ OEMベンダーにP2Vの方法を問い合わせていただく、といった流れになると思います。



    2013年11月28日 7:27
    モデレータ
  • ご回答有難うございます。

    指定していただいたPDFファイルは大変役に立ちました。

    一応,Win2k3 STD OEM版の仮想化については問題なしとMicrosoftより回答を得ました。
    そして,認証時には本体に貼られているOEM Product Keyを入力した後にインストールIDを伝えないといけないということもわかりました。

    Product Key を入力した後ならば,オペレーターでなく電話応答でも認証を得ることがわかりました。

    これで仮想化のテストに移ることができます。

    適切なご回答有難うございました。


    hello!!

    2013年12月4日 4:11