none
sysprep実行中に「致命的なエラー~」と表示される RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    現在、Windows7Pro 32bit版(VL)でマスター機を作成しています。(Ghostを使用)

    バックアップ的な感じで、段階を踏んで 「マスター機イメージ吸い上げ」 ⇒ 「検証機にイメージ配布」 ⇒ 「検証機でsysprep実行」 を行っています。

    段階は

    ①OSインストール ドライバ更新後

    ②各アプリケーションインストール後

    ③WindowsUpdate後

    となります。

    ①~②までは、すべてうまくいったのですが、③のWindowsUpdateを実行後、検証機でsysprepを実行すると

    「~致命的なエラー~」が表示されてしまいます。

    【補足】

    ・上限回数は超えていません。

    ・Windows media player network sharing service は起動していません。

    ・インストールしたアプリケーションは、「Office 2013 Standard」 「adobeReader11」 「adobeflashplayer12」

    「Lhaplus」 「Terapad」 「java」 です。

    ・マスター機とインストールアプリケーションの内容は違いますが、だいたい同じ内容で2013年12月までは問題なくsysprepが実行できました。

    【対応した内容】

    レジストリ値の修正
          HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\Status\SysprepStatus\GeneralizationState\
      CleanupState:2
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\Status\SysprepStatus\GeneralizationState\
      GeneralizationState:7

    「ファイル名を指定して実行」で
        msdtc -uninstall
        msdtc -install

    PC再起動

    レジストリ値の削除
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate
    [ SusClientId ]
    [ SusClientIdValidation ]

    上記試したのですが、いずれも結果はだめでした。

    WindowsUpdateで何かsysprepの障害となるプログラムが更新されたのでしょうか。

    解決方法をご教示頂けると助かります。

    2014年1月30日 13:32