none
FSMOサーバの移行について RRS feed

  • 質問

  • DCの更改で悩んでおります。

    焦点はDNSサーバ移行になります。ご教授ください。

    以下のシナリオでDCを更改予定です。

    概要:

    FSMOおよびDNSサーバ:Windows2003

    →Windows2008R2に更改する(アップグレードではなく移行)

    シナリオ:

    1.2003(FSMO)サーバのスキーマ拡張

    2.2008R2サーバをDCとして参加する

    3.レプリケーションが確認取れたところで2003→2008R2へFSMO転送

    4.2003をメンバサーバへ降格

    お聞きしたい点

    1.DNSサーバの移行タイミングは3と4の間であっていますか?

    2.DNSサーバのレコード移行は自動では行われない?

     →レコードのエクスポート・インポートが手作業で必要であっていますか?

    3.SRVレコードの更新は自動で行われますか?そのタイミングは?

    2014年3月13日 1:49

回答

  • チャブーンです。

    OMEGA Tさんのコメントに補足します。

    内容そのものはおっしゃる通りですが、Windows Server 2008 R2を追加ドメインコントローラとして構成すると、DNSサーバは自動的にインストールされる(設定で変えられますが)ので、その際にAD統合ゾーンであれば同じスコープで複製されます。作業にあまり慣れていらっしゃらない場合、あとからDNSサーバをインストールするより、自動に任せてしまったほうがいいと思います。

    ただし、その際には2008 R2のTCP/IPの優先参照先DNSサーバが2003に向いており、代替参照先DNSサーバが「127.0.0.1」に向いているようにしてください。また、再起動後DNS管理ツールからゾーンが表示されないことがありますが、ゾーンを手動で作ったりはせず、(念のため)DNSサーバを再起動して5~6分待つ、ようにしてみてください。


    2014年3月13日 19:16
    モデレータ
  • OMEGA Tさま

    チャブーンさま

    お忙しい中コメントありがとうございます。

    まず理解できたのは、

    1.2008をDCとしてドメイン参加するときにDNSサーバも構成され、SRVレコードは自動的に生成される

    2.2008のDCのNICに対しては優先DNSを2003のDC、代替を127.0.0.1とする

    ということであっていますでしょうか。

    それを踏まえまして追加の質問で恐縮ですが、

    1.2003に手動で追加していたAレコードはレプリケーション時に2008に反映されますか?

    (あとは、4.の手順で2003を降格したあとに、2008R2のDNSを確認し不要なレコードが残っていれば削除しておけばよいと思います。

    というコメントいただいてるので、反映されるという解釈しておりますがあっていますか)

    2.2008のNICの優先DNSを127.0.0.1にするのは2008へFSMO転送完了後であっていますか?

    以上よろしくお願いいたします。

    2014年3月14日 0:54
  • チャブーンです。

    おっしゃる認識で、特に問題はありません。

    なお、手動で追加しておいたDNSレコードも複製の対象になりますし、優先DNSの入れ替えはFSMO移行のタイミングに依存しません。その代り、(最初の)DNSゾーンの複製の完了を「確認した」タイミング以降に行ってください。

    2014年3月14日 1:47
    モデレータ

すべての返信

  • おそらく既存のDNSはAD統合になっていると思います。
    2.の手順で2008R2を追加DCとして構成した後に、2008R2にDNSサーバーの機能を追加(こちらもAD統合)すれば、SRVレコードが作成され、DNSは自動的に同期されるでしょう(レプリケーションスコープの設定は適切に行う必要がありますが)。

    [レプリケーションスコープの設定画面例]
    http://www.gulf.or.jp/~too/win/ad_ddns3.html

    あとは、4.の手順で2003を降格したあとに、2008R2のDNSを確認し不要なレコードが残っていれば削除しておけばよいと思います。

    2014年3月13日 14:38
  • チャブーンです。

    OMEGA Tさんのコメントに補足します。

    内容そのものはおっしゃる通りですが、Windows Server 2008 R2を追加ドメインコントローラとして構成すると、DNSサーバは自動的にインストールされる(設定で変えられますが)ので、その際にAD統合ゾーンであれば同じスコープで複製されます。作業にあまり慣れていらっしゃらない場合、あとからDNSサーバをインストールするより、自動に任せてしまったほうがいいと思います。

    ただし、その際には2008 R2のTCP/IPの優先参照先DNSサーバが2003に向いており、代替参照先DNSサーバが「127.0.0.1」に向いているようにしてください。また、再起動後DNS管理ツールからゾーンが表示されないことがありますが、ゾーンを手動で作ったりはせず、(念のため)DNSサーバを再起動して5~6分待つ、ようにしてみてください。


    2014年3月13日 19:16
    モデレータ
  • OMEGA Tさま

    チャブーンさま

    お忙しい中コメントありがとうございます。

    まず理解できたのは、

    1.2008をDCとしてドメイン参加するときにDNSサーバも構成され、SRVレコードは自動的に生成される

    2.2008のDCのNICに対しては優先DNSを2003のDC、代替を127.0.0.1とする

    ということであっていますでしょうか。

    それを踏まえまして追加の質問で恐縮ですが、

    1.2003に手動で追加していたAレコードはレプリケーション時に2008に反映されますか?

    (あとは、4.の手順で2003を降格したあとに、2008R2のDNSを確認し不要なレコードが残っていれば削除しておけばよいと思います。

    というコメントいただいてるので、反映されるという解釈しておりますがあっていますか)

    2.2008のNICの優先DNSを127.0.0.1にするのは2008へFSMO転送完了後であっていますか?

    以上よろしくお願いいたします。

    2014年3月14日 0:54
  • チャブーンです。

    おっしゃる認識で、特に問題はありません。

    なお、手動で追加しておいたDNSレコードも複製の対象になりますし、優先DNSの入れ替えはFSMO移行のタイミングに依存しません。その代り、(最初の)DNSゾーンの複製の完了を「確認した」タイミング以降に行ってください。

    2014年3月14日 1:47
    モデレータ
  • チャブーンさん

    迅速な回答ありがとうございます。

    懸念点が解消されました。

    ありがとうございました!

    2014年3月14日 4:08