none
仮想マシン起動時のMMIOに関するエラー(RemoteFX 3D ビデオアダプターの代替手段としてGPU-Pを試行) RRS feed

  • 質問

  • ●ホスト環境
    MB:P8Z77-V DELUXE
    CPU:Core i7 2700K
    RAM:32GB
    BIOS:旧BIOS(UEFIではない)
    OS:Windows 10 Pro 17763.1823 x64
    GPU:NVIDIA GeForece GTX 750 Ti(VRAM 2GB)
    GPUドライバ:2021/04/23 27.21.14.6627

    ●仮想マシン環境
    CPU:4コア
    RAM:8000MB
    世代:第1世代/第2世代(両方で試しましたが同じ症状でした)
    OS:Windows 10 Pro 19042.508 x64

    ●行ったこと1
    RemoteFX 3D ビデオアダプターの代替手段を探しており、GPU partitioningができないか模索しております。
    そこで、下記コマンドをPowerShell(管理者)で実行しました。

    $vm = "Windows 10 Pro 20H2 x64 G1"
    Remove-VMGpuPartitionAdapter -VMName $vm
    Add-VMGpuPartitionAdapter -VMName $vm
    Set-VM -GuestControlledCacheTypes $true -VMName $vm
    Set-VM -LowMemoryMappedIoSpace 1GB -VMName $vm
    Set-VM -HighMemoryMappedIoSpace 32GB -VMName $vm

    ●行ったこと2
    【誤】仮想マシンの C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository にドライバを配置。
    【訂正】仮想マシンの C:\Windows\System32\HostDriverStore\FileRepository にドライバを配置。

    ●問題
    その後、該当の仮想マシンの起動を試みたところ、以下のメッセージダイアログが表示されました。

    'Windows 10 Pro 20H2 x64' は起動できませんでした。(仮想マシン ID XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX)

    仮想マシン 'Windows 10 Pro 20H2 x64' を開始できません。上位の MMIO 領域 (0x00000017dffff000) が、サポートされている物理アドレス範囲を超えています。上位の MMIO 領域が 0x0000001000000000 より下であることを確かめてください。(仮想マシン ID XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX)

    -HighMemoryMappedIoSpaceを512MBにすると仮想マシンは起動しますが、デバイスマネージャーで「Microsoft Virtual Render Driver」がコード43のエラー。「不明なデバイス」はコード12でエラーという状況です。


    どうしたらGPU Partitioningができるのか、なぜMMIOのエラーが出るのか、アドバイスをいただけますと幸いに存じます。

    どうぞ、よろしくお願い申し上げます。



    • 編集済み VB User1 2021年5月19日 6:29 ●行ったこと2 のパスが誤っていたので訂正
    2021年5月19日 3:30

すべての返信

  • を見る限り、MMIO 領域が32ビット以上の場合は MB 単位で指定してますね。

    Set-VM -HighMemoryMappedIoSpace 33280Mb -VMName VMName

    こちらで試すとどうでしょう?


    Hebikuzure aka Murachi Akira

    2021年5月20日 2:17
  • アドバイスいただき、誠にありがとうございます。

    試してみましたが、以下のメッセージが出でVMを起動できませんでした。

    仮想マシン 'Windows 10 Pro 20H2 x64' を開始できません。上位の MMIO 領域 (0x00000017fffff000) が、サポートされている物理アドレス範囲を超えています。上位の MMIO 領域が 0x0000001000000000 より下であることを確かめてください。


    2021年5月20日 3:25
  • 確認ですが、HighMemoryMappedIoSpace の値をより小さくすることでエラーは回避できるのでしょうか?


    Hebikuzure aka Murachi Akira

    2021年5月20日 7:54
  • コメントありがとうございます。

    $vm = "Windows 10 Pro 20H2 x64"
    Set-VM -HighMemoryMappedIoSpace 256MB -VMName $vm

    としてみましたが、PowerShell上で下記エラーとなります。512MB未満にはできないようです。



    Set-VM : 'Windows 10 Pro 20H2 x64' は、設定を変更できませんでした。
    無効なハイ メモリ マップド IO ギャップ サイズが指定されました。
    'Windows 10 Pro 20H2 x64' は、設定を変更できませんでした。(仮想マシン ID E8750742-086B-4111-87B0-DA73F93A16A1)
    仮想マシン 'Windows 10 Pro 20H2 x64' のハイ メモリ マップド IO ギャップ サイズに無効な値 '256' が指定されました。512 ~
     2147483648 の間の値を入力してください。(仮想マシン ID E8750742-086B-4111-87B0-DA73F93A16A1)
    発生場所 行:1 文字:1
    + Set-VM -HighMemoryMappedIoSpace 256MB -VMName $vm
    + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        + CategoryInfo          : InvalidArgument: (:) [Set-VM]、VirtualizationException
        + FullyQualifiedErrorId : InvalidParameter,Microsoft.HyperV.PowerShell.Commands.SetVM

    2021年5月20日 8:09
  • ちなみに、HighMemoryMappedIoSpaceを513MBにした場合は、VM起動時に以下のエラーとなりました。


    仮想マシン 'Windows 10 Pro 20H2 x64' を開始できません。上位の MMIO 領域 (0x00000010001ff000) が、サポートされている物理アドレス範囲を超えています。上位の MMIO 領域が 0x0000001000000000 より下であることを確かめてください。
    • 編集済み VB User1 2021年5月21日 3:09 1行目の文章が変だったので修正
    2021年5月20日 23:29
  • そもそもですが、Core i7 2700Kはvt-dに非対応なのでデバイスの仮想化機能は使えないと思うのですが、
    CPUやマザーボードが対応していることは確認できているのでしょうか?
    2021年5月24日 6:47
  • コメントいただき,誠にありがとうございます。
    GPU-Pを使用するにはvt-dの対応が必要という理解でよろしいででしょうか?

    マザーボードは対応していると思われますので,上記のとおりであればCPUの交換で動作する可能性がありそうですね。

    タスクマネージャーのパフォーマンスタブの仮想化は有効となってはいますが・・・


    2021年5月25日 0:32