none
パフォーマンスモニターの「別のコンピュータへ接続...」でアクセスが拒否 RRS feed

  • 質問

  • パフォーマンスモニターの「別のコンピュータへ接続...」(リモートコンピューター)の使い方が分からなくて困っています。

    先日にMicrosoftコミュニティの方で質問し、TechNetを紹介していただきました。

    https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-performance/%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E/ee6592bb-beff-44a5-91d2-57a6989792fe

    概要を以下に抜粋します。詳細は上記リンク先をご覧いただきたいと思います

    使い方をご存じの方がいらっしゃったら是非教えてください。

    【環境】

    ■ローカル

     コンピュータ名:PC1

     OS:Windows 10

    ■リモート

     コンピュータ名:PC2

     OS:Windows Server 2012 R2

    【手順】

    (1)ローカルのパフォーマンスモニターを起動する

    (2)[操作]-[別のコンピュータへ接続...]を選択する

    (3)[リモートコンピューター]を選択してリモートのホスト名(PC2)を入力する

    (4)[OK]をクリックする

    【結果】

    (1)ローカルのパフォーマンスモニターにて以下のエラーが発生。

    「リモートコンピューターに接続しようとしたとき、次のシステムエラーが発生しました:

     アクセスが拒否されました。」

    (2)リモートのイベントビューアーの[セキュリティ]に以下のイベントを出力。

    ===

    アカウントがログオンに失敗しました。

    サブジェクト:
      セキュリティ ID:  NULL SID
      アカウント名:  -
      アカウント ドメイン:  -
      ログオン ID:  0x0

    ログオン タイプ:   3

    ログオンを失敗したアカウント:
      セキュリティ ID:  NULL SID
      アカウント名:  User
      アカウント ドメイン:  PC1

    エラー情報:
      失敗の原因:  ユーザー名を認識できないか、またはパスワードが間違っています。
      状態:   0xC000006D
      サブ ステータス:  0xC0000064

    ===

    【エラー原因の想定】

    手順(3)にてリモートのホスト名しか入力していませんが、

    リモートへのログオンに使用する(リモート側の)ユーザー名を指定する必要があると考えています。

    しかし、ユーザ名の入力フィールドが見つからないため解決方法が分かりません。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    以上よろしくお願いします。



    • 編集済み rui1930 2016年11月21日 2:35
    2016年11月21日 2:32

回答

  • チャブーンです。

    この件ですが、ワークグループ環境が前提かと思いますが、コンピュータ同士の接続時にはユーザ認証が必要です。これはDCOMであっても同じです。

    そのためには、アクセスする側とされる側のユーザアカウント名/パスワードが互いに一致している必要があります。

    もっとも簡単な方法としては、互いのビルトインAdministratorアカウントを有効にして、同じパスワードを設定し、アクセスする側がビルトインAdministratorでログオンすれば、相手側にアクセスできると思います。

    それが難しい場合は、パフォーマンスモニターにアクセスさせる前提で、任意の同一アカウントを双方に作成し、アクセスされる側のユーザを「Performance Monitor Users」グループに加えて、アクセスする側も同じユーザ名でログオンすることでも、可能かと思います。


    フォーラムは有償サポートとは異なる「コミュニティ」です。フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点 をご一読のうえ、お楽しみください。

    • 回答としてマーク rui1930 2016年11月21日 6:42
    2016年11月21日 6:06

すべての返信

  • 的外れかもしれませんが・・・。パフォーマンスモニターのヘルプによると、"リモート コンピューターのパフォーマンス カウンターを表示するには、リモート コンピューターでパフォーマンス ログと警告を Windows ファイアウォールの[例外] で有効にしておく必要があります。"とあります。こちらは設定済みでしょうか。


    2016年11月21日 3:30
  • 早速の返信ありがとうございます。

    パフォーマンスモニターのヘルプは一通り確認済みです。

    https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc749115%28v=ws.11%29.aspx

    リモート側のファイアウォール設定(パフォーマンスログと警告)はすべて許可していますが

    質問内に示したようにユーザ認証でアクセス拒否されているように見えます。

    2016年11月21日 3:47
  • チャブーンです。

    この件ですが、ワークグループ環境が前提かと思いますが、コンピュータ同士の接続時にはユーザ認証が必要です。これはDCOMであっても同じです。

    そのためには、アクセスする側とされる側のユーザアカウント名/パスワードが互いに一致している必要があります。

    もっとも簡単な方法としては、互いのビルトインAdministratorアカウントを有効にして、同じパスワードを設定し、アクセスする側がビルトインAdministratorでログオンすれば、相手側にアクセスできると思います。

    それが難しい場合は、パフォーマンスモニターにアクセスさせる前提で、任意の同一アカウントを双方に作成し、アクセスされる側のユーザを「Performance Monitor Users」グループに加えて、アクセスする側も同じユーザ名でログオンすることでも、可能かと思います。


    フォーラムは有償サポートとは異なる「コミュニティ」です。フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点 をご一読のうえ、お楽しみください。

    • 回答としてマーク rui1930 2016年11月21日 6:42
    2016年11月21日 6:06
  • チャプーンさん。
    返信ありがとうございます。

    >そのためには、アクセスする側とされる側のユーザアカウント名/パスワードが互いに一致している必要があります。

    なるほど。よく分かりました。
    イベントビューアーやタスクスケジューラにも同様のリモート接続機能が備わっていますが
    これらはアクセスされる側のユーザ名を指定することができたので、パフォーマンスモニターにも同じことが可能と期待していました。

    >それが難しい場合は、パフォーマンスモニターにアクセスさせる前提で、任意の同一アカウントを双方に作成し、アクセスされる側のユーザを「Performance Monitor Users」グループに加えて、アクセスする側も同じユーザ名でログオンすることでも、可能かと思います。

    解決策のご提案ありがとうございます。
    当方の環境では上記方法が良さそうです。貴重な情報ありがとうございました。

    2016年11月21日 6:42