none
セキュリティ更新プログラム, KB3101246 , KB3081320 , KB3081320 の適用順番について RRS feed

  • 質問

  • 先だって配布された、表題のセキュリティ更新プログラムを適用するにあたり、手動更新(Windows Updateを利用しないスタンドアローンでの更新 と理解してますが、間違っていたらご指摘下さい)では、下記のように適用する順番が記載されていました。

     MS15-121 の更新プログラム 3081320 および MS15-115 の更新プログラム 3101746 は、このセキュリティ情報 MS15-122 の更新プログラム 3101246 と共にリリースされます。Windows 7 Service Pack 1 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 上でこれら 3 つすべての更新プログラムを手動でインストールするお客様は、3101246、3081320、3101746 の順で更新プログラムをインストールする必要があります

     MS15-121 の更新プログラム 3081320 および MS15-115 の更新プログラム 3101746 は、このセキュリティ情報 MS15-122 の更新プログラム 3101246 と共にリリースされます。Windows 8 または Windows Server 2012 上でこれら 3 つすべての更新プログラムを手動でインストールするお客様は、3101246、3101746、3081320 の順で更新プログラムをインストールする必要があります

    シナリオとして、WSUSを使用せず、またポリシーとプロキシでWindows Updateを利用できないユーザーに月毎の更新をメンテナンスでインストールする場合を考えています。何故、Windows 7 と Windows 8 の適用する順番が異なるのでしょうか? また順番を間違えたら、どのような不具合が予想されるのdしょうか?

    コメント、または推測でもかまいませんので、ご意見をお願いします。

    2015年11月19日 14:03