none
Office2010 KMSで "ライセンスされています" の要求数がカウントアップしない RRS feed

  • 質問

  • 数日前にクライアントへのOfficeのインストールとKMSサーバの構築を行いました。
    (クライアントイメージ作成時には、「ospprearm.exe」を実行しCMIDの削除を行いました)
    クライアントを展開後、Officeのヘルプのページから「認証されています」と表示されているのを確認しました。

    ところが、KMSサーバにてコマンド(cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv)を
    実行しカウント数を確認したところ「現在の数: 10」となっているものの、"ライセンスされています" の要求数
    がカウントアップされません。

    <以下、出力結果>ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    キー管理サービスはこのコンピューターで有効です
        現在の数: 10
        リッスン先のポート: 1688
        DNS 発行は有効です
        KMS 優先度: 通常

    クライアントから受信したキー管理サービスの累積要求数
        受信した要求の合計数: 20
        受信した失敗要求数: 0
        ライセンスの状態が "ライセンスされていません" の要求数: 0
        ライセンスの状態が "ライセンスされています" の要求数: 0
        ライセンスの状態が "最初の猶予期間" の要求数: 20
        ライセンスの状態が "ライセンスの期限切れ" または "ハードウェアが
      許容外" の要求数: 0
        ライセンスの状態が "非正規の猶予期間" の要求数: 0
        ライセンスの状態が "通知" の要求数: 0
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    このままセットアップから30日(猶予期間が)経過してしまった場合、利用できなくなってしまうのでしょうか?
    それとも、30日後からでないと、"ライセンスされています" の要求数はカウントアップされないものなのでしょうか?

    • 移動 Yubo. Zhang 2012年10月1日 9:38 (移動元:Windows 7 ソフトウェア)
    2011年9月22日 2:46

すべての返信

  • こまりん さん、

    こんにちは。
    フォーラム オペレーターの服部清次です。

    ご質問の件に関しまして、1つ確認させていただきたいことがあります。

    ● 「ボリューム アクティベーション 2.0 運用ガイド - KMS ライセンス認証のトラブルシューティング手順」:
       http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc303695.aspx#ad

    上記の TechNet ライブラリ ページには、「クライアントが KMS でカウントされない」 場合のトラブルシューティングとして、
    以下のような説明が記載されていますが、こまりん さんはこの作業を行なわれましたでしょうか?

    「sysprep /generalize または slmgr /rearm を実行して、クライアント コンピュータ ID (CMID) と製品のライセンス認証に関するその他の情報を
     リセットする必要があります。 これを行わなかった場合、すべてのクライアント コンピュータが同じコンピュータとして認識されるため、
     KMS ホストは各クライアント コンピュータを別々の KMS クライアントとしてカウントしません」

    こちらの情報がお役に立てることを願っています。
    それでは、また。


    __________________________________________________
    日本マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 服部 清次



    • 編集済み 服部清次 2011年9月29日 3:44 部分修正
    2011年9月29日 2:43
  • 服部清次さん

    返信ありがとうございます。

    今回は、、Office側の「ospprearm.exe」実行後、OS側の「slmgr /rearm」を実行しシャットダウン
    を行っております。
    ご返信をいただいた後に、再度マスターに実施・確認を行いましたが状況は変わりませんでした。

    クライアント展開の方法を記載しておりませんでした、申し訳ございません。
    クライアント展開ソフトウェアとしては、XenDesktopを利用しております。
    XenDesktopの動作上、クライアント起動時は毎回必ずCMID再作成が行われると認識しております。

    CMID再作成後、初回KMS認証時は必ず「"最初の猶予期間" の要求数」としてカウントされる事(仕様)になる
    のであれば、納得できるのですが・・・。

    2011年10月2日 1:28
  • Office 2010 の KMS 認証では、現在の数に表示できる最大数がそもそも 10 です。

    なので 10 以上の表示にはなりません。

    2011年11月18日 6:59
  • 皆さん

    ご返信ありがとうございました。

    文献としての記述は見つける事が出来ませんでしたが、
    事象として以下の事が確認できました。

    <KMSサーバにて確認(cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv)>
    Officeインストールから30日間については、"最初の猶予期間" の要求数:
    のカウントが上がり続け、"ライセンスされています" の要求数については
    カウントされませんでした。

    30日後より、"ライセンスされています" の要求数がカウントされるように
    なり、逆に"最初の猶予期間" の要求数:はカウントされなくなりました。


    なお展開直後よりクライアント側では、Office起動後問題なくライセンス
    されている事が確認できていました。

    また、ライセンスされている状態のクライアントを即時認証させたり、
    7日間起動させたままにした場合については、30日経過前であっても
    "ライセンスされています" の要求数がカウントされます。

    以上、ご報告まで

    ご協力いただきました皆さんどうもありがとうございました。

    2011年11月18日 8:33