none
サーバ証明書を更新したらクライアントから接続できなくなる RRS feed

  • 質問

  • サーバ証明書の更新作業で苦心しております。

    証明書の有効期限が近付いたため、新しく証明書を作成し、更新する作業を行いました。

    昨年も同じ作業を実施したので、その時のメモを見ながら作業しています。

    実施した手順は以下のとおりです。

    1.IISマネージャから証明書の要求の作成を実行

    2.証明期間に要求を開始

    3.証明機関にて保留中の証明を発行

    4.証明機関にて発行済みの証明を開き詳細にてファイルにコピーしエクスポート

    5.IISマネージャにて証明書の要求の完了を実行

    6.IISマネージャからサイトバインドを開きhttpsのSSL証明書を今回作ったものに変更

    7.最後にCA証明書の書き換えを実施しました。

    恐らく、この手順で昨年も実施したと認識しており、置き換え後にクライアントからhttps接続すると、目的のサイトにたどりつけたはずですが、今回は接続できません。

    XPのIE8クライアントからURLをたたくと、「このページは表示できません」となりました。

    全くhttpsのサイトにアクセスしていないような反応で、証明書が正しく作成されていないのかと推測しています。

    そこで、サイトバインドから置き換える前の、証明書に戻してみると普通にクライアントから接続できます。

    実は証明書の期限が本日となっており、なんとか証明書を更新したいのですが、原因を調査するにもどこを調べればよいのか、見当がつかない状態です。

    専門的な知識もない状態で管理をしており、何かアドバイスを頂ければ幸いです。

    よろしくお願い致します。

    2013年3月11日 2:25

回答

すべての返信