none
評価版の180日間のライセンス認証について RRS feed

  • 質問

  • 現在、Windows2012評価版のISOメディアをダウンロードし検証を行っております。

    Windows2008R2の時は、評価版にてインストール後オンラインにてプロダクトキーを入れないでライセンス認証を行うことで、180日間の評価期間が開始されるものと認識しておりました。

    Windows2012の評価版にてインストールすると、サーバーマネージャのローカルサーバのプロダクトID欄には、「ライセンス認証されていません」と表示されており、その状態のまま数日たつと(恐らくライセンス認証の猶予期間である10日間)で、デスクトップの画面右下に「Windows Server 2012 Standard 評価版 Windows ライセンスの有効期限が切れています Build 9200」と表示されます。

    また、Windows2008R2評価版のように、プロダクトキー入力無しでライセンス認証をしようとしても「ライセンス認証」ボタンがグレーアウトしていてライセンス認証が行えません。

    Windows2012評価版の評価期間は180日だと認識しているのですが、この状態にするには何をすればよいのでしょうか。
    また、認識が誤っている点がありましたら教えてください。
    2014年1月4日 10:01

回答

  • 180日間の有効期間があるという認識で間違いありません。

    インターネットにつながる環境でしょうか?インターネットにつながる環境であれば自動的に認証が行われ認証期間は180日から徐々に減っていきます。

    以上、参考になれば幸いです。


    MVP:Virtual Machine Blog:MCTの憂鬱

    http://naonao71.wordpress.com/

    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2014年1月8日 1:33
    • 回答としてマーク toketachiguhi 2014年1月8日 10:40
    2014年1月7日 3:41

すべての返信

  • 180日間の有効期間があるという認識で間違いありません。

    インターネットにつながる環境でしょうか?インターネットにつながる環境であれば自動的に認証が行われ認証期間は180日から徐々に減っていきます。

    以上、参考になれば幸いです。


    MVP:Virtual Machine Blog:MCTの憂鬱

    http://naonao71.wordpress.com/

    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2014年1月8日 1:33
    • 回答としてマーク toketachiguhi 2014年1月8日 10:40
    2014年1月7日 3:41
  • プロキシの設定を行い、インターネットに接続できるようにしたら直後にライセンス認証済みになり、再起動後デスクトップの右下に評価期間の残りが180日あるという表示になりました。

    プロキシの設定を行い、インターネットに出れないと評価版としてのライセンス認証が行われないということを知りませんでした。

    ありがとうございました。

    2014年1月8日 10:40