none
WEBサービスのボトルネックがどこかわからない・・・ RRS feed

  • 質問

  • よろしくお願いいたします。

    先日、2003サーバから2008R2へWEBアプリを載せ替えました。

    WEBアプリは.netで作られたものです。

    2003時代は特に問題なかったのですが、2008R2にしたところアクセス人数が増えるにつれてWEBサービスがもっさり感が出てきます。

    表示まで結構時間を要します。

    サーバパフォーマンス自体上がっているし、隣接したネットワークを使っているのでそのあたりがボトルネックになるとはあまり考えられません。

    Windows7自体XPと比較したまにIEの起動が悪かったりもっさりするときがあったりする不具合ってありますよね?

    (個人的に何台も新品で4GBメモリ積んでも起きたのでそういう不具合を抱えた製品だと思っていますが・・・)

    似たような現象でしょうか?

    詳しい方教えていただけませんでしょうか?

    2012年7月4日 15:15

回答

  • mr-r00 さん、こんにちは
    フォーラム オペレーターの星 睦美です。

    MSDN ライブラリに質問の参考になりそうな情報がありましたのでご紹介しますね。

    (参考情報)

    ・第 17 章 「.NET アプリケーション パフォーマンスのチューニング」
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff647813

    (内容から一部を抜粋)
    目的
    ・規範的なパフォーマンス チューニングのプロセスを使う。
    ・アプリケーションとシステムに関するボトルネックを特定する。
    ・CPU、メモリ、ディスク I/O、ネットワーク I/O を含む、システムのチューニングを行う。
    ・プラットフォームとアプリケーションをチューニングする。
    ・Microsoft(R) .NET Framework の構成を設定する。
    ・ASP.NET アプリケーションと Web サービスをチューニングする。
    ・Enterprise Services アプリケーションをチューニングする。

    こちらの情報がお役にたちましたら幸いです。


    日本マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 星 睦美

    • 回答の候補に設定 星 睦美 2012年7月12日 7:03
    • 回答としてマーク 星 睦美 2012年7月25日 2:34
    2012年7月6日 8:01