none
Windwos2003 server ディスクサイズの相違 RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    Windows2003サーバー2台で、
    あるドライブ(WIndowsインストールディレクトリでは有りません。)に
    同じファイル、フォルダ構成(外部ディスク接続)にも関らず、
    9GBも相違が有ります。

    『マシンA』
    ・全容量:192GB
    ・使用量:25GB
    ・使用率:12%

    『マシンB』
    ・全容量:192GB
    ・使用量:34GB
    ・使用率:17%

    各々配下に有るディレクトリを比較しましたが、
    大差は有りません。(数MB程度)

    以下を調べましたが、相違点は有りませんでした。
    ・クォータ(共に無効)
    ・圧縮設定
    ・RAID設定(共にRAID1)

    他にどういった要因が考えられますでしょうか。
    2010年2月26日 1:03

回答

  • 可能性だけであれば、システム属性の隠しフォルダであるSystem Volume Informationフォルダのサイズの違いかもしれません。

    ここには、VSSのスナップショット・ファイルや、共有フォルダのシャドウコピーの内容が保存されますので、仮に一方のサーバーだけが共有フォルダのシャドウコピーが有効になっているとすればサイズに違いがでる可能性はありますし、それ以外でもVSSのスナップショット・ファイルによる違いもありえるかもしれません。


    [参考]
    バックアップ取得のたびにディスクの空き容量が減少する
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Windows/20060110/227023/
    2010年2月26日 1:29
  • こんにちは。

    OMEGATさんのご指摘の点の他、TotalReservedやNTFSのメタデータ、隠しフォルダやアクセス権のないフォルダが考えられます。
    TotalReservedはNTFSが予約しているディスク領域で、空き容量には含まれません。UNS ジャーナルを有効にするとTotalReservedが確保されます。詳しくはこちらを見てください。
    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc232123(PROT.13).aspx
    TotalReservedに使用されているディスク領域は、fsutil fsinfo ntfsinfo コマンドで確認できます。
    NTFSのメタデータは通常のファイル、フォルダではありませんが、これもディスク領域を使用します。chkdskで使用量を確認できます。
    隠しフォルダやアクセス権のないフォルダにも注意してください。通常のdirコマンドやexplorerからはディスクの使用量が確認できませんが、リソースキットのdiruseコマンドであれば、隠しフォルダやアクセス権のないフォルダのディスク使用量も確認できます。

     

    2010年2月26日 12:30

すべての返信

  • 可能性だけであれば、システム属性の隠しフォルダであるSystem Volume Informationフォルダのサイズの違いかもしれません。

    ここには、VSSのスナップショット・ファイルや、共有フォルダのシャドウコピーの内容が保存されますので、仮に一方のサーバーだけが共有フォルダのシャドウコピーが有効になっているとすればサイズに違いがでる可能性はありますし、それ以外でもVSSのスナップショット・ファイルによる違いもありえるかもしれません。


    [参考]
    バックアップ取得のたびにディスクの空き容量が減少する
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Windows/20060110/227023/
    2010年2月26日 1:29
  • こんにちは。

    OMEGATさんのご指摘の点の他、TotalReservedやNTFSのメタデータ、隠しフォルダやアクセス権のないフォルダが考えられます。
    TotalReservedはNTFSが予約しているディスク領域で、空き容量には含まれません。UNS ジャーナルを有効にするとTotalReservedが確保されます。詳しくはこちらを見てください。
    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc232123(PROT.13).aspx
    TotalReservedに使用されているディスク領域は、fsutil fsinfo ntfsinfo コマンドで確認できます。
    NTFSのメタデータは通常のファイル、フォルダではありませんが、これもディスク領域を使用します。chkdskで使用量を確認できます。
    隠しフォルダやアクセス権のないフォルダにも注意してください。通常のdirコマンドやexplorerからはディスクの使用量が確認できませんが、リソースキットのdiruseコマンドであれば、隠しフォルダやアクセス権のないフォルダのディスク使用量も確認できます。

     

    2010年2月26日 12:30
  • OMEGATさん

    有難う御座います。VSSの設定状況および制限値について、確認してみます。
    ご丁寧に有難う御座いました。
    2010年3月1日 0:43
  • 中年やっちゅうねんさん

    こんにちは。
    ご丁寧に有難う御座います。

    fsutilコマンドの存在を知りませんでした。
    当コマンドで調査を進めてみたいと思います。

    本当に有難う御座いました。
    また、進展が有りましたら、ご連絡させていただきます。

    2010年3月1日 0:56
  • こんにちは、フォーラムオペレーターの三沢健二です。

    OMEGAT さん、中年やっちゅうねん さん、いつも回答ありがとうございます。

    それでは、案内いただいた内容が参考になられたようですので、[回答としてマーク] を付けさせていただきますね。
    よろしければ、試された結果などをお知らせいただけると嬉しいです。


    今後とも TechNet Forum をよろしくお願いします。

    ______________________________________
    マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 三沢健二

    2010年3月8日 2:26
    モデレータ
  • OMEGATさん、中年やっちゅうねんさん

    いつも御世話になります。

    以下を確認してみましたが、相違点が判明しませんでした。

    • System Volume Informationフォルダ
    • 隠しフォルダおよび隠しファイル

    後、fsutil fsinfo ntfsinfoコマンドの出力結果を確認しようとしましたが、どの項目を確認すれば良いのかが判らない状態です。教えて頂けませんでしょうか。

    【サーバーA】

    ファイル システムの種類 :     NTFS

    UserFileReads :        1072
    UserFileReadBytes :    63860736
    UserDiskReads :        1072
    UserFileWrites :       0
    UserFileWriteBytes :   0
    UserDiskWrites :       0
    MetaDataReads :        39861
    MetaDataReadBytes :    163270656
    MetaDataDiskReads :    82607
    MetaDataWrites :       2334
    MetaDataWriteBytes :   9699328
    MetaDataDiskWrites :   2521

    MftReads :             37881
    MftReadBytes :         155160576
    MftWrites :            2333
    MftWriteBytes :        9695232
    Mft2Writes :           0
    Mft2WriteBytes :       0
    RootIndexReads :       0
    RootIndexReadBytes :   0
    RootIndexWrites :      0
    RootIndexWriteBytes :  0
    BitmapReads :          1628
    BitmapReadBytes :      6668288
    BitmapWrites :         0
    BitmapWriteBytes :     0
    MftBitmapReads :       310
    MftBitmapReadBytes :   1269760
    MftBitmapWrites :      1
    MftBitmapWriteBytes :  4096
    UserIndexReads :       42746
    UserIndexReadBytes :   175087616
    UserIndexWrites :      92
    UserIndexWriteBytes :  774144
    LogFileReads :         6
    LogFileReadBytes :     24576
    LogFileWrites :        384
    LogFileWriteBytes :    2551808

    【サーバーB】

    ファイル システムの種類 :     NTFS

    UserFileReads :        901
    UserFileReadBytes :    47611904
    UserDiskReads :        899
    UserFileWrites :       0
    UserFileWriteBytes :   0
    UserDiskWrites :       0
    MetaDataReads :        39454
    MetaDataReadBytes :    161603584
    MetaDataDiskReads :    82201
    MetaDataWrites :       3737
    MetaDataWriteBytes :   15679488
    MetaDataDiskWrites :   4008

    MftReads :             37759
    MftReadBytes :         154660864
    MftWrites :            3735
    MftWriteBytes :        15671296
    Mft2Writes :           0
    Mft2WriteBytes :       0
    RootIndexReads :       0
    RootIndexReadBytes :   0
    RootIndexWrites :      0
    RootIndexWriteBytes :  0
    BitmapReads :          1628
    BitmapReadBytes :      6668288
    BitmapWrites :         0
    BitmapWriteBytes :     0
    MftBitmapReads :       27
    MftBitmapReadBytes :   110592
    MftBitmapWrites :      1
    MftBitmapWriteBytes :  4096
    UserIndexReads :       42747
    UserIndexReadBytes :   175091712
    UserIndexWrites :      115
    UserIndexWriteBytes :  1159168
    LogFileReads :         6
    LogFileReadBytes :     24576
    LogFileWrites :        412
    LogFileWriteBytes :    3481600

    色々お願いをしてしまい申し訳御座いませんが

    ご教授の程、宜しくお願い致します。

    その他要確認点等御座いましたら、ご指摘頂けますでしょうか。

    2010年3月25日 8:22
  • こんにちは。

    001429さんが取得したデータは、fsutil fsinfo ntfsinfoコマンドの出力結果ではありません。
    fsutil fsinfo statisticsコマンドの出力結果です。
    fsutil fsinfo statisticsコマンドは、I/Oの統計情報(例えば"UserFileReads :1072"と表示されているので、通常のファイルへのreadは1072回です)ですので、ディスクサイズの情報は得られません。

    http://www.microsoft.com/resources/documentation/windows/xp/all/proddocs/en-us/fsutil_fsinfo.mspx?mfr=true

    また、取得しているデータが非常に断片的だと思います。今回に限らず、調査の際はデータを一通り取得してから解析に進む事をお勧めします

    2010年3月25日 12:56
  • こんにちは。001429です。

    ご指摘、有難う御座いました。

    過去経緯含めて調査を実施しました結果、

    過去に削除作業を行った際、ディスククリーンアップが未実施であり、

    その差分が残っているのではないか。という結論に至り、調査作業はストップとしました。

    当件はCLOSEさせて頂きたいと思っておりますが、質問にご回答頂けると幸いです。

    1.ディスククリーンアップで削除されるファイル情報は、ドライブのプロパティから

    確認する際には表示情報に含まれないのでしょうか。

    2.fsutil fsinfo ntfsinfoの出力結果を頂きました。

    以下の通りなのですが、見方が判りません。

    お手数ですが、ご教授頂けませんでしょうか。

    【fsutilweb1】
    NTFS ボリューム シリアル番号          : 0x423808f63808eb2d
    バージョン                            : 3.1
    セクタ数                              : 0x00000000196ca000
    総セクタ数                            : 0x00000000032d9400
    空きクラスタ数                        : 0x0000000000f009de
    総予約数                              : 0x0000000000000000
    セクタあたりのバイト数                : 512
    クラスタあたりのバイト数              : 4096
    ファイル セグメントあたりのバイト数   : 1024
    ファイル セグメントあたりのクラスタ数 : 0
    MFT の有効なデータ長                  : 0x000000026bd48c00
    MFT 開始 LCN                          : 0x00000000000c0000
    MFT2 開始 LCN                         : 0x000000000196ca00
    MFT ゾーン開始                        : 0x000000000032bd40
    MFT ゾーン終了                        : 0x000000000071b280

    【fsutilweb2】
    NTFS ボリューム シリアル番号          : 0x6c2c10642c102c18
    バージョン                            : 3.1
    セクタ数                              : 0x00000000196cc178
    総セクタ数                            : 0x00000000032d982f
    空きクラスタ数                        : 0x0000000001134ccd
    総予約数                              : 0x0000000000000000
    セクタあたりのバイト数                : 512
    クラスタあたりのバイト数              : 4096
    ファイル セグメントあたりのバイト数   : 1024
    ファイル セグメントあたりのクラスタ数 : 0
    MFT の有効なデータ長                  : 0x00000000345c1800
    MFT 開始 LCN                          : 0x00000000000c0000
    MFT2 開始 LCN                         : 0x000000000196cc17
    MFT ゾーン開始                        : 0x00000000000f45c0
    MFT ゾーン終了                        : 0x000000000071b320

    2010年4月5日 5:52
  • こんにちは。

    001429さんが取得しているデータは断片的で、一部の情報しかわかりません。以前提示した、fsutil,chkdsk,diruseは最低限必要な情報ですので、今後は結論を出す前にこれらを取得する事をお勧めします。

    1.ディスククリーンアップで削除されるファイル情報は、ドライブのプロパティから確認する際には表示情報に含まれないのでしょうか。

    含まれます。使用中のディスク領域になります。


    2. 以下のように見てください。
    空き容量は片方は73900281856byte(約70GB),もう片方は64434855936byte(約61GB)です。
    MFTが使用する領域は、片方は0x26bd48c00(約10GB),もう片方は0x345c1800(約837MB)です。

    従って、MFTが使用する領域で9GBの差があります。MFTのサイズを最適化する場合、OS標準ではディスクのフォーマットになります。市販のディスクユーティリティを使用すればフォーマットなしで最適化できるかもしれません。http://support.microsoft.com/kb/303079/ja


    ------ fsutilのデータの見方


    【fsutilweb1】
    NTFS ボリューム シリアル番号          : 0x423808f63808eb2d
    -> ボリュームにつけられる一意のID

    バージョン                            : 3.1
    ->NTFSのバージョン

    セクタ数                              : 0x00000000196ca000
    総セクタ数                            : 0x00000000032d9400
    空きクラスタ数                        : 0x0000000000f009de
    ->
    セクタ数が0x196ca000(16進数),セクタあたりのバイト数が512なので、このディスクの容量は22180560896byte
    空きクラスタ数が0xf009de(16進数),クラスタあたりのバイト数が4096なので、このディスクの空き領域は64434855936byte

    総予約数                              : 0x0000000000000000
    ->NTFSが予約しているディスク容量はありません。

    セクタあたりのバイト数                : 512
    クラスタあたりのバイト数              : 4096
    ファイル セグメントあたりのバイト数   : 1024
    ファイル セグメントあたりのクラスタ数 : 0
    ->セクタ、クラスタについてはここを参照 http://www.data-pit.com/hdd/hdd005.htm

    MFT の有効なデータ長                  : 0x000000026bd48c00
    ->$MFTが使用しているディスクサイズ、byte表示

    MFT 開始 LCN                          : 0x00000000000c0000
    MFT2 開始 LCN                         : 0x000000000196ca00
    ->MFT、MFT2(MFTのミラー領域)の開始位置。Logical Cluster Number.

    MFT ゾーン開始                        : 0x000000000032bd40
    MFT ゾーン終了                        : 0x000000000071b280
    ->MFTゾーンの位置。Logical Cluster Number.
    ntfsやMFTについては http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc781134(WS.10).aspx


    【fsutilweb2】
    NTFS ボリューム シリアル番号          : 0x6c2c10642c102c18
    バージョン                            : 3.1
    セクタ数                              : 0x00000000196cc178
    ->セクタ数とセクタあたりのバイト数をかけると、ディスクの容量は218397601792byteと解る

    総セクタ数                            : 0x00000000032d982f
    空きクラスタ数                        : 0x0000000001134ccd
    ->空きクラスタ数とクラスタあたりのバイト数をかけると、ディスクの空き容量は73900281856byteと解る

    総予約数                              : 0x0000000000000000
    セクタあたりのバイト数                : 512
    クラスタあたりのバイト数              : 4096
    ファイル セグメントあたりのバイト数   : 1024
    ファイル セグメントあたりのクラスタ数 : 0
    MFT の有効なデータ長                  : 0x00000000345c1800
    ->$MFTが使用しているディスクサイズ、byte表示

    MFT 開始 LCN                          : 0x00000000000c0000
    MFT2 開始 LCN                         : 0x000000000196cc17
    MFT ゾーン開始                        : 0x00000000000f45c0
    MFT ゾーン終了                        : 0x000000000071b320

     

    2010年4月6日 0:14