none
Office 365からオンプレExchange 2013への共存環境にした後の証明書エラーについて RRS feed

  • 質問

  • 初めて質問させて頂きます。

    現在Office 365でメッセージング基盤を構築しているのですが、オンプレミスのExchange Server 2013に移行する事になりました。

    構築自体は問題なく終了し、共存環境は実現出来ているのですが、構築完了直後から複数ユーザーのOutlookで証明書エラーが出るようになりました。

    見てみると、以前はOutlookからOffice 365を見に行っていたのですが、今回エラーになっている証明書の中では新規構築したCASを見に行っているようです。これは既定の動きでしょうか?

    ちなみにautodiscoverレコードは内部ではなく、外部を見ている物になっております。

    ※調べてみると、「レコードの変更で解決」といった内容で情報が多数出てきたもので念の為補足させて頂きます。。。

    有識者の方々、知恵をお貸し頂けると有難いです。

    2013年7月11日 6:11

回答

  • 解決しました。

    どうやらExchange 2013 CAS構築と同時にautodiscoverのService Connection Pointが作成される仕様のようです。

    明示的にOffice 365のautodiscoverURLをSet-ClientAccessServerする事によってエラー回避出来ました。 

    • 回答としてマーク TakamiYasuki 2013年7月11日 12:47
    2013年7月11日 12:47