none
Windows 7 RC インストール時のRAIDについて RRS feed

  • 質問

  • 私の環境
    PEN 4 3.0GHz  2GB メモリ GeForce 7600GT
    IDE 160GB SATA 256GB X 2 RAID-1 

    BIOSシーケンス Disk-0(IDE) Disk-1(RAID)の順

    Ubuntu 9.04 日本語 Remix (IDE)、WINDOWS XP SP3 (RAID)にインストールして使用しておりました。
    この度WINDOWS 7 RCをインストールすることにし、RAIDの空きエリアに導入しました。
    インストールは順調に行われ利用可能になりました。しかし、思わぬ状況が発生しました。
    指示を出した覚えのないDisk-0(IDE)のNTFSパーティションにWindows 7 のブートマネージャや/BOOTフォルダが
    作成されておりました。今回たまたま空いていたので事なきを得ましたがこれは困った問題です。
    Disk-0を外し、RAIDのみで再度インストールを行ったところFDDが回転したままフリーズして動作しませんでした。
    RAIDのドライバはSilicon image社より最新のVISTA対応のSiI3114ドライバを取ってきて使用しました。
    私はVISTAを使用しておりませんのでこの問題は既知のことかもしれません。
    アドバイスをいただけたら幸いです。
    2009年5月10日 2:47

回答

  • 鹿島幸則さま、ご返事を頂きありがとうございました。
    ご返事が遅くなり失礼しました。
    投稿の後、システムパーティションのことばかり調べておりました。
    bitlockerと言う新しい仕組みが取り入れられていたとは気がつきませんでした。
    マニュアルを読んでいないのがばればれですね。反省します。
    教えていただいたbitlockerについて私なりに調べてみました。
    また、XPとWin7の同居にはどのような手立てがあるのか調べました。
    結果、私なりの方法で実現できましたので報告いたします。

    (1)IDEのDISK-0の接続ケーブルをはずし、BIOSで認識しないように設定する。
    (2)RAID-1のDISK-1のブートシーケンスを第一位(最優先)に設定し、起動する。
    (3)Win XPが起動する。ディスク管理でWin 7を登録するパーティションを作成し初期化を行う。
    (4)Win XP上でWin 7 インストールDVDを開き、SETUP.EXEを起動しWin 7のインストールを行う。
        注。インストール時、XPの自動更新か、カスタム(手動)かの選択ダイアログが表示される。
    カスタムを選択し登録先を(3)で作成したパーティションとする。
    ここで注意しなければならないのは、どこに登録するかの質問と同時にパーティションを
    変更する時はDVDの直接起動から行うようにとメッセージが表示されるが無視すること。
    私の環境ではDVDからの直接起動ではFDD認識の部分でハングアップし起動出来なかった。
    (5)(3)で作成したパーティションを登録先としてインストールを実行する。
    (6)インストール終了後、OS再起動で、Windowsの前バージョン、WINDOWS 7などの
        メニュー選択画面が表示されたら成功です。
    (7)IDEのDISK-0のケーブルを再接続を行い、BIOSで認識するように設定を行う。
    (8)DISK-0をBIOSブートシーケンスの第一位(最優先)に設定、起動させる。
    (9)ubuntu 9.04を起動した後、/boot/grub/menu.lstの最後に以下を追加して完了となる。

    title            "Microsoft WINDOWS System"
    root            (hd1,0)
    map           (hd0) (hd1)
    map           (hd1) (hd0)
    chainloader +1
    2009年5月12日 17:25

すべての返信

  • インストールは順調に行われ利用可能になりました。しかし、思わぬ状況が発生しました。
    指示を出した覚えのないDisk-0(IDE)のNTFSパーティションにWindows 7 のブートマネージャや/BOOTフォルダが
    作成されておりました。今回たまたま空いていたので事なきを得ましたがこれは困った問題です。

    の部分ですが、 わかる範囲で少し記述しますと、Windows 7 では後から Bitlocker ドライブ暗号化のためにブートパーティションは別にするようになっています。
    簡単な説明: http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/dd408739.aspx

    これは Windows Vista のとき発生したことなのですが、普通に1パーティションにクリーンインストールを行った場合、後から BitLocker ドライブ暗号化を行うことができず(ブートパーティションは暗号化領域外のパーティションでないといけないので)、再度パーティションを区切りなおす必要があったのですが、Windows 7 ではこれを改良して、隠しでブートパーティションを自動的に作るようになりました(すでにパーティションがある場合にはそこが使われます)。 そのため、クリーンインストールでも、最低 2 パーティションは作成され、片方が隠しのブートパーティションはとなる仕組みです。

    これにより、後からいつでも BitLocker ドライブ暗号化が可能にできるようになっています。

    RAID との関係はわかりませんが、もしかするとこの仕組みが影響を与えているのかもしれませんね。
    Forum operator in Microsoft KK
    2009年5月11日 1:56
  • 鹿島幸則さま、ご返事を頂きありがとうございました。
    ご返事が遅くなり失礼しました。
    投稿の後、システムパーティションのことばかり調べておりました。
    bitlockerと言う新しい仕組みが取り入れられていたとは気がつきませんでした。
    マニュアルを読んでいないのがばればれですね。反省します。
    教えていただいたbitlockerについて私なりに調べてみました。
    また、XPとWin7の同居にはどのような手立てがあるのか調べました。
    結果、私なりの方法で実現できましたので報告いたします。

    (1)IDEのDISK-0の接続ケーブルをはずし、BIOSで認識しないように設定する。
    (2)RAID-1のDISK-1のブートシーケンスを第一位(最優先)に設定し、起動する。
    (3)Win XPが起動する。ディスク管理でWin 7を登録するパーティションを作成し初期化を行う。
    (4)Win XP上でWin 7 インストールDVDを開き、SETUP.EXEを起動しWin 7のインストールを行う。
        注。インストール時、XPの自動更新か、カスタム(手動)かの選択ダイアログが表示される。
    カスタムを選択し登録先を(3)で作成したパーティションとする。
    ここで注意しなければならないのは、どこに登録するかの質問と同時にパーティションを
    変更する時はDVDの直接起動から行うようにとメッセージが表示されるが無視すること。
    私の環境ではDVDからの直接起動ではFDD認識の部分でハングアップし起動出来なかった。
    (5)(3)で作成したパーティションを登録先としてインストールを実行する。
    (6)インストール終了後、OS再起動で、Windowsの前バージョン、WINDOWS 7などの
        メニュー選択画面が表示されたら成功です。
    (7)IDEのDISK-0のケーブルを再接続を行い、BIOSで認識するように設定を行う。
    (8)DISK-0をBIOSブートシーケンスの第一位(最優先)に設定、起動させる。
    (9)ubuntu 9.04を起動した後、/boot/grub/menu.lstの最後に以下を追加して完了となる。

    title            "Microsoft WINDOWS System"
    root            (hd1,0)
    map           (hd0) (hd1)
    map           (hd1) (hd0)
    chainloader +1
    2009年5月12日 17:25
  • 情報が役にたってよかったです (^^)
    後から試す人が情報を容易に見つけられるように、[回答としてマーク]をつけさせていただきますね。
    企業 IT 向け Windows 7 情報は http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/dd361745.aspx にまとまっていますので、お暇な時にご覧いただくとよいかと思います。


    Forum operator in Microsoft KK
    2009年5月13日 2:03