none
Robocopyを使用したファイルサーバーの移行 RRS feed

  • 質問

  • Robocopyを使用して、ファイルサーバーの移行を行っておりますが、アクセス権のトラブルで困っております。

     

    ■システム構成

    移行元サーバー:Windows server 2003 SP2(ドメインコントローラ)

    移行先サーバー:Windows server 2008 R2(ドメインコントローラ)

    ※同一ドメインでの構成です

     

    robocopyコマンド

    robocopy [移行元フォルダ] [移行先フォルダ] *.* /Z /COPYALL /MIR /R:20 /W:20 /ETA /LOG:[ログファイルのパス] /TEE

    移行先サーバーより、上記のコマンドを11回タスクに登録し、同期するように構成しました。

    ログでは、エラーは発生しておらず、正常に同期しているように見えています。

    ドメイン\administratorユーザーが実行しています

     

    ■症状

    ユーザーが移行先フォルダにアクセスする方法によって、以下の症状が発生しています

    ユーザーは、全てのフォルダへのアクセス権を持っています

     

    ネットワーク経由:アクセス可能

    サーバーへローカルログインしてアクセス:アクセス不可

     アクセス不可のメッセージ:

     「このフォルダーにアクセスする許可がありません。 [続行]をクリックすると、このフォルダーへの永続的なアクセスを取得します」

     

     [続行]をクリックした場合:

     アクセスできるようになるが、NTFSアクセス許可にそのユーザーが追加され、[フルコントロール]アクセス権が設定されます

     

    症状の発生するフォルダは、全体の8割ほど。

    フォルダを全て削除してからrobocopyをやり直すと、症状の発生するフォルダが変わります。

    エクスプローラで手動コピーした場合、この症状は発生しません。

     

     

    アクセス権を所持しているのにもかかわらず、[続行]クリックする必要があり、困っております。

    もし、情報をお持ちの方いらっしゃいましたら、ご教授いただけますでしょうか?

    • 移動 Robin_Ren 2012年10月3日 22:41 merge forum (移動元:Windows Server 2008 R2 全般)
    2010年11月16日 6:43

回答

すべての返信

  • 何か理由があって robocoy を使われているのでしょうか? そうでないのでしたら、FSMT を使われてはいかがでしょう?

    <Windows Server 使い倒し塾 - ファイル サーバー引っ越しツール、FSMT>
    http://blogs.technet.com/b/windowsserverjp/archive/2009/03/20/3215592.aspx

    Blog では、1.1 の紹介になっていますが、1.2 が出ています

    <Microsoft File Server Migration Toolkit 1.2>
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=d00e3eae-930a-42b0-b595-66f462f5d87b


    MVP for Virtual Machine : Networking
    2010年11月17日 1:21
    モデレータ
  • ご返信ありがとうございます。

     

    ご提案の通り、FSMTでの移行を検討したいと思います。

     

    実は、「FSMTでは同期処理は行われない」と思っていたため、選択から外していました。

    今回改めてFSMTの検証を行ったところ、移行途中で削除されたデータも、移行先で削除されておりましたため、同期していると判断しました。

    また、FSMTのプロジェクトを最終処理手前で止めておけば、何度もコピーができるようなので、手動にはなりますが、移行タイミングのコントロールも行えそうです。

     

    もう少し検証が必要と考えていますので、後日結果をお知らせいたします。

     

     

     

    以下参考までに

     

    移行元サーバーでは、既にDFS*を使用してファイル共有を行っていることと、サービス停止時間を最小限に抑えることを念頭に、以下の方法を検討していました。

     

    1.既存DFSを使用して同期

     同期に時間がかかる

    アイテム単位でログが残らないため、移行最終段階に整合性の確認が必要となる

    2.FSMTを使用する

     FSMTDFS機能を使用したいところですが、使用要件に「DFS ルート サーバーは、ドメイン コントローラであってはなりません」との記載があり、断念しました。

     DFS使用しない場合は、同期処理は行われないと勘違いしておりました

    3.robocopyを使用する

     豊富なオプションと、詳細なエラーログが残るため、整合性を確保しやすい

     フルコピーは2週間程度

    一度フルコピーを行った後の差分同期は3時間程度(実測値)

     

    *共有データは4TB程度

    *2003Server(R2ではない)から、2008R2へDFSを移行する際は、既存DFS名前空間を削除する必要があるため、サービス停止が必要。

    そのため、同期完了タイミングのコントロールが必要

     

    Robocopyはバッチを使用して、コントロールしやすいところが、選定の決め手となっていました

    2010年11月17日 7:14
  • こんにちは、フォーラムオペレーターの三沢健二です。

    Murashima Syuichi さん、いつもアドバイスありがとうございます。
    (アクセス権については UAC の影響かもしれません)

    Murashima Syuichi さんのアドバイスが参考になられたとの事でしたので、勝手ながら [回答としてマーク] を付けさせていただきました。

    よろしければ、その後のご状況などを投稿いただければと思います。


    それでは、今後とも TechNet Forum をよろしくお願いします!

    ______________________________________
    マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 三沢健二

    2010年11月25日 5:11
    モデレータ