none
共有フォルダのファイル操作が遅い RRS feed

  • 質問

  • はじめまして。

    以前はRHEL5.2でSambaでNTドメインを構築しておりました。

    このたび、WindowsServer2008R2を使用して、ActiveDirectoryの構築を行ないました。

    ところが、共有フォルダにあるExcel等のファイルを操作(開く、上書き保存等)すると、700kb強のファイルでも15秒程度操作不能になってしまいます。

    →以前のサーバーでしたら、特に意識することなくローカルフォルダのごとく操作できていました。

    開く際は、すぐにExcelが起動し、画面上に3割程度のデータが見えたところで動きが止まります。そして、10秒程度経ってから画面表示が再開されます。

    上書き保存の場合は、マウスポインタが砂時計のまま操作不能になります。

     

    この現象は常に発生しており、サーバーを再起動しても変わりません。イベントビューアにもエラーは記録されていません。

    サーバー自身で操作した場合は、特に影響が無いように思われます。

    (テキストファイルしか操作していませんが。)

    何か認証やポリシーの設定等でレスポンスが改善するものなのでしょうか?

     

     

    サーバーの環境ですが、1台のサーバー上で以下の役割を行なっています。また、Windowsファイアーウォールはドメイン環境下では無効にしています。

    ・DC

    ・DNS

    ・WINS

    ・ファイルサーバー

     

    アプリケーションはAcronisのBackup&Recovery10が入っています。

     

    以上、よろしくお願い致します。

    • 移動 Robin_Ren 2012年10月2日 21:24 merge forum (移動元:Windows Server 2008 R2 全般)
    2010年8月6日 2:42

回答

すべての返信