none
予定表で新しい予定を入力すると削除したユーザから 配信不能エラーが届く RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

    メールの送信では発生しませんが、予定表で特定の人に会議出席依頼すると発生しています。

    Exchange環境:Exchaner Server 2010 DAG

    発生現象:予定表で特定のユーザB当てに会議出席依頼をすると、削除したユーザAのアドレスが見つかりませんの理由で配信失敗メールが2通帰ってきます。

    削除したユーザAはグローバルアドレス帳にもないし、メールボックスが完全削除されています。

    また、ユーザAのout look上で仕訳ルールも設定していないことと転送設定を設定していないことも確認しています。

    エラー内容は以下内容になります。

     

    From: Microsoft Outlook Sent: Monday, April 24, 2017 8:35 AM To: 某ユーザ  Subject: 配信不能: 件名

     

    次の受信者またはグループへの配信に失敗しました:

    某ユーザ 入力した電子メール アドレスが見つかりませんでした。アドレスを確認してメッセージを再送信してください。問題が引き続き発生する場合は、ヘルプデスクに問い合わせてください。

    管理者向けの診断情報:

    生成サーバー: ハブトランスポートサーバ

    IMCEAEX-_o=名前_ou=名前_cn=Recipients_cn=ユーザA@ドメイン名 #550 5.1.1 RESOLVER.ADR.ExRecipNotFound; not found ##

    元のメッセージ ヘッダー:

    Received: from ハブトランスポートサーバ ([fe80::2f:fd5d:90e5:e336%10]) by
     
    ハブトランスポートサーバ
    ([fe80::2f:fd5d:90e5:e336%10]) with mapi; Mon, 24 Apr
     2017 08:34:36 +0900
    Content-Type: application/ms-tnef; name="winmail.dat"
    Content-Transfer-Encoding: binary
    From: 某ユーザ <某ユーザメールアドレス>
    To: ユーザA
            <IMCEAEX-_o=名前_ou=名前_cn=Recipients_cn=ユーザA@ドメイン名>
    Subject: =?utf-8?B?U1BNIOa4oei+uuawjw==?=
    Thread-Topic: =?utf-8?B?U1BNIOa4oei+uuawjw==?=
    Thread-Index: AdK8ig4advbRrQPyQOu+1jbWKgh7LwAABsFw
    Date: Sun, 23 Apr 2017 23:34:33 +0000
    Accept-Language: ja-JP, en-US
    Content-Language: ja-JP
    X-MS-Has-Attach: yes
    X-Auto-Response-Suppress: DR, OOF, AutoReply
    X-Loop: ユーザBメールアドレス
    X-MS-TNEF-Correlator: 2215963c-b93a-4b01-ac80-3f8df0319fc2
    MIME-Version: 1.0
    Message-Id: <c9ca9936f9aa40048a56e1de0a1b545b@ハブトランスポートサーバ>

    2017年5月2日 11:01

すべての返信

  • そのユーザーへはどのようにメール送信しているのですか?

    アドレス帳から消えているのであれば、オートコンプリートで残っているキャッシュなどが考えられると思います。

    メールボックスを完全に削除しているのであれば、メールボックスは存在しないのでNDRが返るのは普通の動作ではないですか?

    おそらく、通常のメール送信では発生しないというのは何らかの設定をしているようにも思えます。

    2017年5月2日 12:51
  • >   <IMCEAEX-_o=名前_ou=名前_cn=Recipients_cn=ユーザA@ドメイン名>

    上記は Nickname Cache あるいは Offline Address Book の 情報が更新されていな状態で、

    古い X400/x500 のp情報が参照された状態で送信されたときに発生する現象と類似しています。

    Nick name Cache のクリア と Offline Address book の Update を実行してください。

    実行方法は Client の Outlook の バージョンに依存します。

    Outlook の バージョンを提示してください。

    2017年5月2日 19:28
  • フォーラムオペレーターの栗下 望です。
    S-IS さん、こんにちは。

    ご質問いただいた件については、その後いかがでしょうか?
    Hotaka さんと JR K Yoshikawa さんから返信が来ておりますので、
    ご確認いただき現在の状況をお知らせください。

    既に解決されているようでしたら参考になった情報に、
    [回答としてマーク]を投稿者からご設定いただければ幸いです。

    どうぞよろしくお願いいたします。


    MSDN/TechNet Community Support 栗下 望

    2017年5月8日 7:47
    モデレータ
  • Hotaka様

    ご返答ありがとうございます。

    メーラはみんなOutlook2010です。
    消したユーザAへはグローバルアドレス帳から消えていますので、
    直接送信していません。メールアドレスの直打ちでも送信していません。
    ユーザBへはOutlookでメール送信では配信失敗が返されませんが、
    予定表で出席依頼する時のみ、上記エラーで配信失敗になります。

    今まで5年間の運用でNDRの設定は一回も修正したことがないので、
    他原因ではないかと個人的に思っております。
    2017年5月8日 9:12
  • JR K Yoshikawa

    ご返答ありがとうございます。

    ClientのOutlookはOutlook 2010になります。

    2017年5月8日 9:14
  • いえ 結局、会議出席依頼をどのように行っているのですか?という話です。

    キャッシュを使ってメール送信していませんか?

    2017年5月8日 12:47
  • JR K Yoshikawa

    ご返答ありがとうございます。

    ClientのOutlookはOutlook 2010になります。

    下記の文書を参考に Auto-Complete List を クリアしてみてください。

    Manage suggested recipients in the To, Cc, and Bcc boxes with Auto-Complete

    https://support.office.com/en-us/article/Manage-suggested-recipients-in-the-To-Cc-and-Bcc-boxes-with-Auto-Complete-dbe46e31-c098-4881-8cf7-66b037bce23e?ui=en-US&rs=en-US&ad=US

    2017年5月8日 14:55
  • Outlook 2010上で左ペインの予定表を選び、「大会議室」のチェックボックスをオンにしてスケジュールの空いているところにダブルクリックすると新しい予定が立ち上がると思いますが、新しい予定の上側の「会議出席依頼」ボタンを押して「宛先」にユーザB若しくはユーザBが入っているメーリングリスト宛に送信すると配信失敗が帰ってきます。

    2017年5月9日 4:27
  • そもそも予定表上から会議室を閉じればいいだけではないですか?

    おそらく、削除前から開いていたのだと思いますが。

    何度も申し上げますが、配信に失敗するのは当然の挙動なので何をゴールとしていますか?

    NDRを発生させたくないということなのか、なぜこの挙動になるのかを確認したいのか。なんでしょうか。

    2017年5月9日 4:58
  • 予定表でそもそも会議出席依頼をしていない且つシステム上から削除したユーザから配信失敗して正常に予定表で会議出席依頼ができないことは挙動が可怪しくないことでしょうか?

    ゴールは予定表で削除したユーザへの配信失敗にならないことです。繰り返しますと削除したユーザへは会議出席依頼をしておりません。

    2017年5月9日 5:34
  • 条件を整理しますと、以下の通りという認識ですが、合っておりますでしょうか?

    ユーザーAは削除済み

    ユーザーB宛に通常のメールを送ってもNDRは返らないが、会議招集通知を送るとNDRが返る

    ・NDRのToヘッダには不正な値を持つユーザAのアドレス情報がセットされ、X-Loopヘッダには ユーザBメールアドレス ヘッダが含まれている

    ヘッダの情報から、ユーザーB宛に会議招集通知を送信すると、ユーザーAにメールが転送され、既に削除済みのためにエラーが返っているように見えます。

    状況だけから判断しますに、以前ユーザーBの「代理人」設定でユーザーAを設定されていませんでしたでしょうか?

    ActiveDirectoryを直接触れるのであれば、ユーザーBのオブジェクトをADSIエディタで見て貰って、(削除済みの)ユーザーAのオブジェクトを参照している属性が無いか(AltRecipientとか)確認頂ければと思います。

    2017年5月9日 6:19
  • 失礼しました、会議室は関係ないですね。

    ユーザBおよびユーザBを含むグループあての会議出席依頼にもかかわらず、削除したユーザあてのNDRとして帰るということですか。

    ユーザBには会議出席依頼は不達なのですか?

    切り分けとして、OWAで実施しても同様か試してみてください。

    2017年5月9日 7:49
  • アウトコンプリートをクリアしましたが、やはりだめでした。

    また、outlookのキャッシュもクリアして試してみましたが、配信エラーが返されます。

    2017年5月9日 8:02
  • genki.w様

    条件まで整理して頂き、ありがとうございます。

    ご確認頂いた内容で間違えありません。

    ADSIエディタで確認しましたが、ユーザAを参照している属性がありませんでした。

    AltRecipientは<未設定>になります。

    2017年5月9日 8:31
  • Get-MessageTrackingLogを-Senderや-Start,-Endなどで特定を頂いて、NDRが返るまでの一連のメッセージ追跡ログを追えますでしょうか?

    どこかで何かしらの理由によりRecipientがBからAにリダイレクトされている処理があり、それがどのトランスポートエージェントで行われているか特定できると思うのですが。

    2017年5月9日 8:46
  • 失礼しました、会議室は関係ないですね。

    ユーザBおよびユーザBを含むグループあての会議出席依頼にもかかわらず、削除したユーザあてのNDRとして帰るということですか。

    ユーザBには会議出席依頼は不達なのですか?

    切り分けとして、OWAで実施しても同様か試してみてください。

    こちらこそ説明が足りなくて申し訳ありません。

    ユーザBおよびユーザBを含むグループあての会議出席依頼にもかかわらず、削除したユーザあてのNDRとして帰るということですか。

    はい、ご認識のとおりです。

    ユーザBには会議出席依頼は不達なのですか?

    会議出席依頼はユーザBへ一切不達になります。

    切り分けとして、OWAで実施しても同様か試してみてください。

    OWAでの申告はなかったですが、試してみます。


    • 編集済み S-IS 2017年5月9日 10:28
    2017年5月9日 8:49
  • 会議開催通知自体が全ユーザーに不達なのですか? そうなると単純にB宛のメールがAに転送されているという訳ではなさそうですね…。(その場合ですと他のユーザーには届くはずなので)

    仕組み的には、トランスポートルールを利用して条件がB宛に会議開催通知、アクションでメッセージ承認(モデレータ)としてAが設定されている場合などのケースが挙げられますが、その辺も確認済みですよね?

    2017年5月9日 10:08
  • 会議開催通知自体が全ユーザーに不達なのですか? そうなると単純にB宛のメールがAに転送されているという訳ではなさそうですね…。(その場合ですと他のユーザーには届くはずなので)

    仕組み的には、トランスポートルールを利用して条件がB宛に会議開催通知、アクションでメッセージ承認(モデレータ)としてAが設定されている場合などのケースが挙げられますが、その辺も確認済みですよね?

    すみません。私が間違えて混乱させました。

    ユーザB宛だけに不達です。

    2017年5月9日 10:39
  • 上にも書きましたが、Get-MessageTrackingLog(もしくは追跡ログエクスプローラ)でBに会議開催通知メールを送信してAからNDRが返るまでの一連のログを検索頂き、宛先がBからAに書き変わる(リダイレクトされる)処理の詳細を調べて頂ければ解決に近づけるのかと。
    2017年5月12日 0:23