none
特定のフォルダを開こうとするとウィンドウが勝手に閉じてデスクトップに戻る。 RRS feed

  • 質問

  • 特定のフォルダを開こうとすると、フォルダのウィンドウが閉じるようになりました。

    ウィンドウが閉じる際には、普通に開けていた他のフォルダウィンドウも同時に落ちます。(その際、開いているものがすべて落ちるわけではないようです。開いているネットのウインドウや、メール、エクセル・ワードなどのソフトは落ちません。現在確認しているところフォルダのウィンドウだけのようです。)エラーメッセージなどは一切表示されません。問題なく開けていたフォルダは再び開けば普通に開きます。

    すべてのフォルダがそうなのではなく、作ったばかりの空のフォルダでも落ちることがあるため、フォルダの容量は関係なさそうです。

    落ちるフォルダを、社内ネットワークでつながっている別PCから開くと普通に開けるので、フォルダ自体ではなく、当方使用のPCの問題なんだと思うのですが調べてみてもよくわからず、困っております。

    お知恵をお借りできれば幸いです。よろしくお願い致します。

    2017年2月28日 3:17

回答

  • 症状を伺う限り、特定のフォルダーを開くと explorer.exe がクラッシュして再起動しているように見えます(なので他のフォルダーのウィンドウは落ちるが他のアプリケーションのウィンドウは落ちない)。

    このような現象は

    • 特定の常駐アプリケーションの影響
    • 特定のシェル拡張(Shell Extensions) の影響

    であることが一般的です。クリーンブート トラブルシューティングや、 AutoRunsShellEXView のようなツールを使った調査で解決できる可能性が高いと思います。


    hebikuzure

    2017年2月28日 7:04