none
スリープ復帰時にRPC over HTTPでのサーバ接続に時間がかかる RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    Exchange Server2003にてメール環境を構築し、社外からのアクセス用にRPC over HTTPを使用しております。
    そのため社外からはデータ通信カード等にてインターネット接続後、Outlookにてサーバと同期を取り、メールの送受信を実行しております。
    この度、Windows7(64bit)のクライアントPCを導入し、下記環境にて社外よりメールサーバと同期を取ろうとしたところ、PCのスリープ復帰後、
    接続に時間がかかる現象が発生いたしました。

     【クライアントPC環境】

    ・クライアントPC OS:Windows7 64bit
    ・メールソフト:Outlook2003
    ・インターネット接続:データ通信カード(型番:Softbank 004Z/上りスピード:最大7.2Mbps)

    ※現象発生時、webページ表示等、インターネット接続は問題なくできていることは確認済みです。

    公衆無線LANでの接続時は、スリープ復帰後でも特に問題なくサーバに接続ができておりますが、データ通信カードでの接続時に限り、
    送受信実行時、送信または受信の進捗75%~85%あたりで停滞し、ひどい時にはサーバ接続に30分かかる場合もあります。

    通常起動時(起動直後など、スリープ状態とならない状態)では、データ通信カードでも問題なくスムーズにサーバに接続できております。
    また、同型の別機や他の型番のデータ通信カード使用時においても、スリープ復帰時は同様の現象が発生しております。

    従来のWindows XPのPCでは当現象が発生していないことと合わせ、Windows7のスリープ状態に原因があるのではないかと推測しておりますが、
    何か対処方法等についてご教示いただけないでしょうか。

    なお、文書番号: 2492702 「Windows 7 または Windows Server 2008 R2 では HTTP 経由で RPC を使用して、Exchange サーバーに
    outlook が接続できませんは」(http://support.microsoft.com/kb/2492702#appliesto)の修正プログラムを適用いたしましたが、解決には至りませんでした。

    また、送受信を一旦停止し、再度送受信を実行することを何度か繰り返しますと、問題なくサーバへの接続が完了することは確認済みですが、
    可能であれば根本的な解決を望んでおります。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • 移動 Yubo. Zhang 2012年10月1日 9:42 (移動元:Windows 7 ソフトウェア)
    2011年10月18日 12:51