none
リモートデスクトップライセンスサーバ停止時のアクセスについて RRS feed

  • 質問

  • 以下の構成でサーバ①に障害が発生した場合でも、サーバ②へのリモートデスクトップアクセスは可能でしょうか。

    サーバ①:リモートデスクトップ ライセンスサーバ(Windows2012 R2)

    サーバ②:サーバ①へリモートデスクトップ ライセンスを参照(Windows2012 R2)

    ※ライセンスはRDSユーザーCALで正規ラインセンス購入済

    サーバ①にリモートデスクトップ ライセンスサーバ機能を持たせており、サーバ②はそのライセンスを参照しています。

    この場合、サーバ①が障害等で使用不可となった場合にはサーバ②にはリモートデスクトップでアクセス可能でしょうか。

    2017年4月13日 6:23

回答

  • 状況によります。

    端末側のCALの有効期限が切れていなければ、リモートデスクトップセッションホストへの「直接の」接続はできます。

    CALの期限が切れていれば、できません。

    また、サーバー①がライセンスサーバだけでなく、接続ブローカーの役割も持たせているのであれば、サーバー①が障害となった場合は、セッションコレクションへの新規接続はできません。

    なお、端末がサーバー②へ接続中の状態で、サーバー①(接続ブローカーの場合)が障害となった場合、端末はその接続を切らない限りは接続を継続できました。



    2017年4月14日 0:42

すべての返信

  • 状況によります。

    端末側のCALの有効期限が切れていなければ、リモートデスクトップセッションホストへの「直接の」接続はできます。

    CALの期限が切れていれば、できません。

    また、サーバー①がライセンスサーバだけでなく、接続ブローカーの役割も持たせているのであれば、サーバー①が障害となった場合は、セッションコレクションへの新規接続はできません。

    なお、端末がサーバー②へ接続中の状態で、サーバー①(接続ブローカーの場合)が障害となった場合、端末はその接続を切らない限りは接続を継続できました。



    2017年4月14日 0:42
  • ご回答いただきありがとうございます。

    サーバ①は接続ブローカーの役割は持たせていませんので、即座に接続不可にならないような気がします。

    今後の運用の参考とさせていただきます。

    2017年4月17日 7:23