locked
Microsoft Application Virtualization for Terminal Services の構築について RRS feed

  • 質問

  • こんにちは。

    どなたか「Microsoft Application Virtualization for Terminal Services」について
    情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

    当方では以下の環境を構築しようと思っています。

    ① 新規でMicrosoft Application Virtualization Serverをインストール 
    ② 既存のターミナルサーバーにMicrosoft Application Virtualization for Terminal Servicesをインストール


    TechNetなどを探してみたのですが、探し方が悪かったのか見つかりませんでした。

    ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞご教授お願いいたします。
    2009年6月15日 8:37

回答

  • beams0930さん、こんにちは

    Microsoft Application Virtualization for Terminal Servicesですが、ほぼ通常のAPP-Vと同じ手順で使えます。
    TSサーバーに、APP-V Clientの代わりに、APP-V for TSをインストールする点が違うだけです。

    当方では、Win7とXPと2008TSのAPP-Vクライアントに、一台のAPP-Vサーバーから配信していますが、
    シーケンサーの最終段階で利用可能なOSにTSを指定すれば、Win7でシーケンスしたソフトでもTSで稼働しました。
    本当は、TSでシーケンスすべきなんでしょうけどね。

    それにしても、64bit版のAPP-Vは、2008R2のRTMに間に合うのでしょうか。
    R2のRDSでも、APP-Vを使いたいんですけど、試せなくて…
    • 回答としてマーク beams0930 2009年6月22日 0:36
    2009年6月18日 1:36
  • beams0930さん、Appenさん、

    マイクロソフトの佐藤芳樹です。ご質問ありがとうございます。

    まずTerminal Service用のApp-VについてはAppenさんがコメントしてくださっているとおり
    基本的にインストール方法はかわりません。

    すでにお持ちのシーケンス済み仮想アプリケーションがあれば、OSDファイル内に以下のタグをつけることにより
    Windows Server 2003 や 2008 のTS環境でもApp-Vをご利用いただくことができます。
      <OS VALUE="Win2003TS"/>
      <OS VALUE="Win2008TS"/>
    ※ ただし、同一バージョンの Server OS で作成されていないパッケージを動作させることは動作サポート外となるためご注意ください

    また、64bitについてご質問も出ておりますので、コメントさせていただきます。
    App-Vのクライアントモジュール類(App-V Client, App-V Sequencer, App-V Client for TS)は御認識の通り64bit環境では動作しませんが、
    App-Vのサーバーモジュール類は64bit版のWindows Server上でWOW64を利用して動作させることができます。
    ですので、R2 の RDS ではご評価いただくことは難しい状況ですが、R2 の RDV(Remote Desktop Virtulization)であればご評価も可能だと思います。
    その他、現時点では 64bit 版の App-V Client for TS は、次期バージョンとなる App-V 4.6 での提供を予定しております。(時期は 2010 年以降)

    以上、ご参考まで。

    MS 佐藤
    • 回答としてマーク beams0930 2009年6月22日 0:36
    2009年6月18日 2:06
  • クライアント側の設定は特に必要ない…との認識でよいのでしょうか?
    クライアント側の設定は、APP-Vサーバーを指定するぐらいですね。
    配信するアプリのショートカットをデスクトップやスタートメニューに自動で配置できますので、
    ユーザーは普通のアプリを使う感覚です。


    >佐藤さん
    64bitは、まだまだ先でしたか。
    Win7に切り替える際に64bit化も考えていたのですが、しばらくは、32bitで我慢ですね。
    もはや、APP-Vは、手放せません。

    • 回答としてマーク beams0930 2009年6月22日 0:36
    2009年6月19日 5:57
  • beams0930さん、Appenさん、

    マイクロソフトの佐藤芳樹です。
    Appenさんのコメントのとおり、クライアント側で特別に何かする必要はありません。
    (Appenさん、ご回答ありがとうございました)

    64bitについては前述のとおり、もう少し先となりますがApp-V 4.6の早期評価プログラムが近々Connect Siteで始まると思いますので、始まりましたら是非そちらにもご参加いただければと思います。Beta版の提供などもそちらから行われます。

    Connect Site: http://connect.microsoft.com

    >もはや、APP-Vは、手放せません。
    何よりの一言です。ありがとうございます。
    引き続きご不明点などございましたら、何なりとこのフォーラムをご活用いただければと思います。

    MS 佐藤
    • 回答としてマーク beams0930 2009年6月22日 0:36
    2009年6月19日 9:43

すべての返信

  • beams0930さん、こんにちは

    Microsoft Application Virtualization for Terminal Servicesですが、ほぼ通常のAPP-Vと同じ手順で使えます。
    TSサーバーに、APP-V Clientの代わりに、APP-V for TSをインストールする点が違うだけです。

    当方では、Win7とXPと2008TSのAPP-Vクライアントに、一台のAPP-Vサーバーから配信していますが、
    シーケンサーの最終段階で利用可能なOSにTSを指定すれば、Win7でシーケンスしたソフトでもTSで稼働しました。
    本当は、TSでシーケンスすべきなんでしょうけどね。

    それにしても、64bit版のAPP-Vは、2008R2のRTMに間に合うのでしょうか。
    R2のRDSでも、APP-Vを使いたいんですけど、試せなくて…
    • 回答としてマーク beams0930 2009年6月22日 0:36
    2009年6月18日 1:36
  • beams0930さん、Appenさん、

    マイクロソフトの佐藤芳樹です。ご質問ありがとうございます。

    まずTerminal Service用のApp-VについてはAppenさんがコメントしてくださっているとおり
    基本的にインストール方法はかわりません。

    すでにお持ちのシーケンス済み仮想アプリケーションがあれば、OSDファイル内に以下のタグをつけることにより
    Windows Server 2003 や 2008 のTS環境でもApp-Vをご利用いただくことができます。
      <OS VALUE="Win2003TS"/>
      <OS VALUE="Win2008TS"/>
    ※ ただし、同一バージョンの Server OS で作成されていないパッケージを動作させることは動作サポート外となるためご注意ください

    また、64bitについてご質問も出ておりますので、コメントさせていただきます。
    App-Vのクライアントモジュール類(App-V Client, App-V Sequencer, App-V Client for TS)は御認識の通り64bit環境では動作しませんが、
    App-Vのサーバーモジュール類は64bit版のWindows Server上でWOW64を利用して動作させることができます。
    ですので、R2 の RDS ではご評価いただくことは難しい状況ですが、R2 の RDV(Remote Desktop Virtulization)であればご評価も可能だと思います。
    その他、現時点では 64bit 版の App-V Client for TS は、次期バージョンとなる App-V 4.6 での提供を予定しております。(時期は 2010 年以降)

    以上、ご参考まで。

    MS 佐藤
    • 回答としてマーク beams0930 2009年6月22日 0:36
    2009年6月18日 2:06
  • Appenさん、佐藤さん

    beams0930です。
    ご返信有難うございます。

    サーバーについてはとても参考になりました。
    手順もイメージがつかめましたので後日、検証を行うつもりです。
    助かりました、有難うございました。


    質問ばかりで申し訳ないのですが、もう1点伺いたいです。

    クライアント側の設定は特に必要ない…との認識でよいのでしょうか?
    ①クライアントのログイン
    ②Webサイト(App-V)より、起動したいアプリを選択
    ③アプリの起動
    と、なるのでしょうか?

    宜しくお願い致します。
    2009年6月18日 8:20
  • クライアント側の設定は特に必要ない…との認識でよいのでしょうか?
    クライアント側の設定は、APP-Vサーバーを指定するぐらいですね。
    配信するアプリのショートカットをデスクトップやスタートメニューに自動で配置できますので、
    ユーザーは普通のアプリを使う感覚です。


    >佐藤さん
    64bitは、まだまだ先でしたか。
    Win7に切り替える際に64bit化も考えていたのですが、しばらくは、32bitで我慢ですね。
    もはや、APP-Vは、手放せません。

    • 回答としてマーク beams0930 2009年6月22日 0:36
    2009年6月19日 5:57
  • beams0930さん、Appenさん、

    マイクロソフトの佐藤芳樹です。
    Appenさんのコメントのとおり、クライアント側で特別に何かする必要はありません。
    (Appenさん、ご回答ありがとうございました)

    64bitについては前述のとおり、もう少し先となりますがApp-V 4.6の早期評価プログラムが近々Connect Siteで始まると思いますので、始まりましたら是非そちらにもご参加いただければと思います。Beta版の提供などもそちらから行われます。

    Connect Site: http://connect.microsoft.com

    >もはや、APP-Vは、手放せません。
    何よりの一言です。ありがとうございます。
    引き続きご不明点などございましたら、何なりとこのフォーラムをご活用いただければと思います。

    MS 佐藤
    • 回答としてマーク beams0930 2009年6月22日 0:36
    2009年6月19日 9:43
  • Appenさん、佐藤さん

    beams0930です。
    返信有難うございました。


    私もApp-V(MDOP全般)には大変興味を持っております。
    ただ、残念な事に情報がまだまだ少ないと思います…
    手さぐりで進めているので、このように情報を提供していただける場があり、助かります。

    本当に有難うございました。
    2009年6月22日 0:50