none
Hyper-V上でのOracle動作 RRS feed

  • 質問

  • 当方 Hyper-V上にWindows2003Serverをインストールし、Oracleを動作させて
    いますが、パフォーマンスが上がりません。 ベンチマークソフトで計測した値が
    CPU、メモリ、ディスクなど全てが劣る実マシンよりも3倍以上パフォーマンスが
    悪いです。(レスポンスタイムが3倍以上)
    環境としてはアプリケーションサーバ(Windows2003)とデータベースサーバ
    (Windows2003)の連携は問題無さそうなのですが、データベースサーバのCPU
    使用率が70%程度で頭打ちし、CPUをフルに使っていないような状況です。
    ディスク接続はiSCSIのストレージに接続しています。
    2010年2月25日 6:32

回答

  • CPUは問題なさそうですね。
    情報が少ないので、想像ですが物理IOがネックとなっているよう気がします。

    まずHyper-Vは無印のHyper-Vでしょうか?(Win2008)
    それとも、Hyper-V2.0でしょうか?(Win2008 R2)

    仮想HD(VHD)は固定かパススルーディスクでしょうか?
    iSCSIのストレージとのことですが、ネットワーク帯域はどうなっていますか?
    (帯域を共有したり、100MBpsとか。。)

    統合サービスは導入済みでしょうか?

    仮想HDやHyper-V関連プログラムがあるディレクトリ、ファイルはウィルス対策ソフトの
    保護対象から外していますか?

    ホストOSで何か重い処理をしたりしていませんか?

    以上、思いつく限りのIOに関連するパフォーマンス劣化要因を挙げてみました。

    蛇足ですが、
    DBを仮想環境上で動作させる場合、特にシビアな性能を要求される場合は
    物理環境での運用も考慮するといいかなと思います。

    参考:Hyper-V 仮想化テクノロジを使用した 仮想マシンの展開のベスト プラクティス
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/ee155470.aspx
    2010年3月2日 12:17
  • tenkiです。


    野良さんと同様に物理IOがネックになっていると思っているのですが、
    気になるのはCPUが70%というところ。
    仮に現状Hyper-V上のDbサーバがCPUを70%使っているとして、
    物理IOが早くなってCPUを100%使えるようになっても、レスポンスが300%改善するとは思えないんですよね。


    とりあえずは Hyper-Vのハードウェアのスペックと、比較対象の元の物理DBサーバのスペック、
    Hyper-V上のDBサーバに割り当てているリソース情報と
    同一物理サーバ上にある他の仮想マシンの情報を出来るだけ詳細に書いていただけると
    何かヒントに情報がでてくるかもしれませんね。

    2010年3月4日 14:38

すべての返信

  • CPUは問題なさそうですね。
    情報が少ないので、想像ですが物理IOがネックとなっているよう気がします。

    まずHyper-Vは無印のHyper-Vでしょうか?(Win2008)
    それとも、Hyper-V2.0でしょうか?(Win2008 R2)

    仮想HD(VHD)は固定かパススルーディスクでしょうか?
    iSCSIのストレージとのことですが、ネットワーク帯域はどうなっていますか?
    (帯域を共有したり、100MBpsとか。。)

    統合サービスは導入済みでしょうか?

    仮想HDやHyper-V関連プログラムがあるディレクトリ、ファイルはウィルス対策ソフトの
    保護対象から外していますか?

    ホストOSで何か重い処理をしたりしていませんか?

    以上、思いつく限りのIOに関連するパフォーマンス劣化要因を挙げてみました。

    蛇足ですが、
    DBを仮想環境上で動作させる場合、特にシビアな性能を要求される場合は
    物理環境での運用も考慮するといいかなと思います。

    参考:Hyper-V 仮想化テクノロジを使用した 仮想マシンの展開のベスト プラクティス
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/ee155470.aspx
    2010年3月2日 12:17
  • tenkiです。


    野良さんと同様に物理IOがネックになっていると思っているのですが、
    気になるのはCPUが70%というところ。
    仮に現状Hyper-V上のDbサーバがCPUを70%使っているとして、
    物理IOが早くなってCPUを100%使えるようになっても、レスポンスが300%改善するとは思えないんですよね。


    とりあえずは Hyper-Vのハードウェアのスペックと、比較対象の元の物理DBサーバのスペック、
    Hyper-V上のDBサーバに割り当てているリソース情報と
    同一物理サーバ上にある他の仮想マシンの情報を出来るだけ詳細に書いていただけると
    何かヒントに情報がでてくるかもしれませんね。

    2010年3月4日 14:38
  • 自社構築ではなく某社IDCのサービス利用です。

    >まずHyper-Vは無印のHyper-Vでしょうか?(Win2008)
    >それとも、Hyper-V2.0でしょうか?(Win2008 R2)

    おそらく無印のHyper-Vだと思います。

    >固定かパススルーディスク

    固定長にすれば10%以上速度が上がりましたが、要件には
    全然足りません。

    >ホストOSで何か重い処理をしたりしていませんか?

    複数の顧客で共有しており可能性はあります。CPUを2つに増やしたり
    メモリを増やしても速度向上はありませんでした。

    2010年3月8日 13:10
  • IDCさんの公表データで解る分はExpress5800/スケーラブルHAサーバー
    と言うレベルです。同一物理サーバにどれくらい入っているかは解りません。
    Oracleだけでなく別機械に入ったデータベースサーバでも3倍ほど時間が
    かかっているようなので、Hyper-Vとの相性なのか半ば諦め気味です。
    2010年3月8日 13:19
  • > 固定長にすれば10%以上速度が上がりましたが、要件には
    > 全然足りません。

    可変から固定にすることでIOパフォーマンスが向上します。
    それにより速度が向上したということから、現状ボトルネックは物理IOにあると思います。

    Win 2008 R2では、仮想HDD周りのパフォーマンス改善が行われています。
    R2で、物理IO周りは物理環境にだいぶ近づいたと個人的には思っています。

    以下、Oracleに疎いので多少的外れかもしれません。

    OSに複数VHD(可能であればVHDを配置する物理ドライブも分散できたらいいのですが。。)を
    あたっちし、Oracleのデータファイルを複数VHDに分散させるようにする。
    パーティションテーブルを作成し、複数VHDに配置する。
    などの、一般的に物理IOが厳しい場合の処置を検討してみるといいかもしれません。
    2010年3月9日 13:48
  • Win 2008 R2では、仮想HDD周りのパフォーマンス改善が行われています。
    R2で、物理IO周りは物理環境にだいぶ近づいたと個人的には思っています。

    データセンターのサービスなので手が出せないんです。解約を視野に入れて
    別の方法を模索中です。
    分散化に関しては次回があれば試しいてみます。お客様の希望で仮想マシンの環境は
    触っても良いですが、アプリの環境に手を入れる事は望んでいないので今回は
    半ば諦めています。

    ありがとう御座いました。


    2010年3月10日 0:16
  • 参考になるか分かりませんが、
    親OSが動作しているシステム用HDDと
    DBサーバーが使用しているHDDは同一でしょうか?

    もし同一の場合、更にActive Directory機能 を
    一緒にインストールされていませんでしたでしょうか?

    そして、Active Directory をインストールされている状態であれば、
    当該マシンがPDC又はBDCになってしまっていませんでしょうか?

    当該マシンがPDC又はBDCになる事でディスクキャッシュが無効となり
    HDDアクセス速度が極端に遅くなった経験があります。
    2010年3月10日 0:45
  • こんにちは、フォーラムオペレーターの三沢健二です。

    みなさん、アドバイスありがとうございます。

    詳細なところは色々と切り分けを行う必要がありそうですが、、、
    同様の情報をお探しの方にもこちらのスレッドを参照していただきたいと思いましたので、勝手ながら [回答としてマーク] を付けさせていただきました。

    それでは、これからも皆様の情報交換の場として、ぜひ TechNet フォーラムをご利用ください。

    ______________________________________
    マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 三沢健二

    2010年3月25日 6:16
    モデレータ
  • 日が開いて申し訳御座いません。

    >参考になるか分かりませんが、
    >親OSが動作しているシステム用HDDと
    >DBサーバーが使用しているHDDは同一でしょうか?

    iSCSIのストレージ群は複数あるので恐らく別だと思います。

    結局 トラブルも多く、パフォーマンス改善も見込めなさそうなので

    サービスを解約しました。

     

    ありがとう御座いました。

    2010年4月1日 8:42