none
A支店にあるクライアントPCで、A支店のサーバー上の共有フォルダを右クリックすると、マウスがくるくる回り、メニュー(コピー、貼り付け等)がしばらく出てこない。約10秒後に出てくる。 RRS feed

  • 質問

  • A支店にあるクライアントPCで、A支店のサーバー上の共有フォルダを右クリックすると、マウスがくるくる回り、メニュー(コピー、貼り付け等)がしばらく出てこない。約10秒後に出てくる。

    ・発生しているのは、今のところA支店内のいくつかのクライアントPC

    ・A支店以外のサーバーへのアクセスでも事象は発生する(他県)
    ・クライアント上にあるフォルダを右クリックしても事象は発生しない。
    ・事象は毎回発生するわけではなく、時々発生する。(5回に1度)(規則性はない)
    ・右クリックだとくるくる回るが、F2キーからの名前変更などはすぐ処理が行える。
    ・B支店のクライアントから、A支店のサーバー上にあるサーバー上のフォルダを右クリックしても事象は発生しない。

    クライアントのOSはWindows 7 32bit、64bit
    サーバーのOSはWindows Server 2012 R2

    どなたか解決策をご存知であればご教授下さい。

    2017年12月26日 3:34

すべての返信

  • oooohです。

    純粋に端末のスペックの低さかバックグラウンド処理が重いのでは?

    一応別アカウントで現象が出るかとデフラグで断片化が進んでないかも見てみる事をお勧めします。

    2017年12月26日 4:01
  • 原因と思われる現象が多岐にわたるので、これと言った解はありません

    こちらにある「ファル共有診断」という診断パッケージで収集できる情報が
    解析の役に立つかもしれません。
    https://home.diagnostics.support.microsoft.com/SelfHelp

    ファイルサーバー、クライアント双方でそれぞれ情報を収集できます。
    管理者として実行し、結果の保存画面でファイルを保存。
    「診断結果をMicrosofutに送信する」の画面でキャンセル。

    保存したファイルを開き、「<ホスト名>_report.html」に概要が作成されます。

    以下、その他ありそうなことです。
    原因と思われそうなものを潰していくか、パケットキャプチャなどで挙動を追うなどの解析が必要になると思われます。

    ● 右クリックで表示されるコンテキストメニューに問題がある
    ・エクスプローラーに機能をアドオンするようなアプリ、ツールが導入されていて、
    右クリック時にフォルダ配下にアクセスを試みている。
    圧縮展開ソフトとか、ウイルス対策ソフトとか、暗号化ソフトとか、持ち出し禁止ソフトとか。

    クリーンインストール環境でも同じ現象が起きるか確認。

    ● SMBクライアント関連の設定が環境に合ってない
    ● CPUやメモリなどのリソース不足
    ● 縮小表示機能を使ってる
    ● 配下のファイル、フォルダが多すぎる

    ・Windows ファイルサーバー関連のチューニングポイント一覧
    http://d.hatena.ne.jp/ogawad/20130710/1373415676

    ・Performance Tuning Guidelines for Windows Server 2012 R2
    https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/dn529133.aspx

    SMB 2.1 Multi-Credit (Large MTU) Operations
    http://blogs.msdn.com/b/openspecification/archive/2009/06/22/smb-2-1-multi-credit-large-mtu-operations.aspx

    特定の接続について RDC を有効または無効にする
    https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/Cc758825%28v=WS.10%29.aspx

    Windows 7でファイル共有が遅い対策(疲労困ぱい)
    http://b-soft.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/windows-7-55ad.html

    ファイルサーバの縮小表示で固まるのを防ぐ
    http://d.hatena.ne.jp/Spiral/20150129/1422490150

    Windows7 デフォルトでは使ってはいけない機能
    http://islandcnt.exblog.jp/13102799/

    ● NICやネットワーク周りで問題?
    ・SNP関連機能の有効/無効切り替え
    ・route print で、うまくいかないときだけ変なルートを通ってないか
    ・pingの応答が極端に悪い
    ・設計者の意図しない配線などになって、機能を十分生かされていない
    # マルチパス構成にしていたのに、配線抜いてしまってるとか
    ・NICとスイッチの全二重・半二重の設定が一致してない。自動になってる。

    予期せぬ挙動が!? 新機能 Scalable Networking Pack をご存知ですか?
    http://blogs.technet.com/b/jpntsblog/archive/2010/03/23/scalable-networking-pack.aspx

    参考:SMBv1、SMBv2、SMBv3 を有効、または無効にする方法
    https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2696547"

    ● 通信中にエラーがたくさん出ている
    # クライアント、サーバー側でnet statistics workstationの結果を確認

    ● ストレージやNICのドライバが合ってない
    ● サーバーでファイルサーバーと別の機能を共用している
    ● ウイルス対策ソフトがチェックしようとしている

    2017年12月26日 5:17
  • 回答ありがとうございます。

    端末のスペックは問題ないかと思われます。CPU:core i5, メモリ:4GB。

    常駐アプリを停止しても、現象は発生するためバックグラウンド処理が重いというのは考えにくいです。タスクマネージャーでプロセスのCPU使用率も安定しています。もし何か具体的に確認方法があればご教授頂きたいです。

    別アカウントでも同じ事象は発生しますし、最近購入したPCでも発生するためデフラグは不要かと思います。

    2018年1月10日 2:21
  • 回答ありがとうございます。

    ● 右クリックで表示されるコンテキストメニューに問題がある

    というのはたしかに怪しいです。その拠点独自で使用しているツールなどがあり、それが邪魔しているかもしれません。見てみます。

    大変ヒントになりましたが、後半部分のリンク等はあまり関係のない文面に見えます。定型文でしょうか。どういう意味でしょうか。


    • 編集済み pmtmp 2018年1月10日 2:24
    2018年1月10日 2:23
  • ファイルサーバーへのアクセス時の問題であるので、一般的なネットワーク パフォーマンスやネットワーク アクセスに固有の問題についてのトラブルシュートや情報収集は、有効な対処方法だと思います。

    コンテキストメニューが開くまでの間にどのようなネットワーク アクティビティがあるのか、パケットキャプチャや Process Monitor ログで確認されるのも良いでしょう。


    hebikuzure

    2018年1月10日 5:56
  • oooohです。

    デスクトップ上で右クリックする分には遅くないのであれば、

    WebClientサービスを無効にした時の挙動を見てください。

    2018年1月10日 6:45
  • やきです。

    後半のリンクは、ファイル共有やネットワークに関連する問題解決やチューニングポイントになります。
    すでに書かれていますが、ファイル共有サービスそのもの以外にも関連してそのような現象が起きることがあります。

    ・エクスプローラーの問題(例:右クリックコンテキスト)
    ・ネットワークの問題(例:SNP)
    ・別のサービスによる問題(RDCやWebClient、WebDAVの仕組み)
    ・スペック、ファイルサーバーのサポートしているSMBバージョンの違い、暗号化…

    などなど。

    雑多な情報も多いですが根気よく潰していってみてください。

    2018年1月15日 1:56