none
デフォルトタスク「ProgramDataUpdater」の挙動につきまして RRS feed

  • 質問

  • いつもお世話になっております、yanazakiと申します。

    WindowsServer2008R2 にて、以下のタスクがデフォルトで 
    毎日0:30 に時刻起動設定されていますが、
    この挙動を知りたく、お願い致します。

    -----
     タスク名:ProgramDataUpdater
     場所:\Microsoft\Windows\Application Experience
     説明:Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加している場合に、
          プログラムの遠隔測定情報を収集します。
    -----

    このタスクで実際に動作しているのは、以下です。
     %Windir%\System32\rundll32.exe aepdu.dll AePduRunUpdate

    AePduRunUpdateが、インストールされているドライバやOfficeなどのSoftWareの
    Setup.exeを起動しているように見えます。

    実害としてはないのですが、
    別途導入しているセキュリティソフトで各setupの実行が異常として検知
    イベントログにエラーが出力されてしまっています。

    つきまいては、以下について情報をお持ちの方、ご教授いただきたく、
    お願い致します

    (1) AePduRunUpdate は何をする関数なのでしょうか。
    (2) AePduRunUpdateによって起動されるコマンド(Setup.exe)や
       その周期・タイミングの設定はどこかに登録されているのでしょうか。

       日々動作するタスクでも、週一回 Setup.exeを起動しているように見えます。

    対象機はオフラインで動作しており、
    対策として、「ProgramDataUpdater」タスクを無効化、
    または削除してしまえば良いのですが、
    この動作について説明を求められ難儀しております。

    何卒よろしくお願い致します。

    以上

    2016年6月29日 23:40